大峰 上葛谷

大峰 上葛谷
2012年9月29-30日 
 
昨年の初夏、葛川を楽しんで泳ぎ遡行して以来、ずーっと上流の上葛谷が気になっていた。ということで3人で上葛谷に行く予定を組むが、そのうち一名が役所で台風に備えて土嚢を積みに行かなければならないと不参加。せっかく膝の故障から復帰したところなのに残念~
 
台風が沖縄から本土に接近中ということで、どんよりした曇り空のもと入渓する。いきなりナメが出てきて美しい。この谷は、美しい小滝はほとんど登れるし、滝の巻きも最小限の巻きで落ち口にたてて、すごく楽しい。行けたらいいな〜!と取り付いたところは、ほとんどうまい具合に通過できる。特に二股にかかる二丈の滝の巻きは感動的であった。滝も釜がワイドに広がっていて迫力がある。谷がまさに我々を接待してくれているかのよう。ただし、水量が多いと小滝も巻きにくそうなので苦労させられそうである。
最後の大きな滝を巻いたところで幕営。今宵は沖縄土産のテビチ(豚足)に舌鼓をうつ。
 
翌日はぴったりと地図の水線のとおりに沢を詰めることができて感動。約十年ぶり、立合川以来10年ぶりの笠捨山の山頂に立つ頃に、台風の影響で雨が本格的に降ってくる。豪雨の中プチ沢状態となった登山道を下って入渓点を見ると短い時間のうちに大増水していた。林道のとことどころに深い水たまりができていて、帰りの運転はなかなか緊張した。
 

(投稿者: 禰庵)

南紀 北山川 古和谷

南紀 北山川 古和谷
 
2012年9月1-2日
 
暑い夏には沢泳ぎ!ということで4人メンバーで南紀の古和谷に行ってきた。昨年の台風のために、北山川にかかる吊り橋が流された!という信じられない事態のためいきなり北山川を渡らなければならない。放水している岸から流れに乗って対岸へ。チョー気持ちいい!古和谷までも所々泳ぐ。古和谷下部は埋まってしまって、ゴムボートで突破していた昔よりも浅くなったらしいが、楽しく泳いで滝に取り付いて超える場所が何カ所か出てくる。突然、頭上の岸壁にトンネルが現れて驚かされる。
 
ゴルジュを超えると気持ちのよい河原が現れ泊まりたくなるが、まだお昼頃なのでミンミンゼミの鳴き声を聴きながら我慢して進むことにする。とはいえ、昼過ぎには二股に到着。左股に入ったところで早々と焚き火をして昼寝をするがアブがよってきてうざい。夕方になると蚊の襲来。小さいながらもヒルも姿を見せる。そんな野性味たっぷりの南紀の夜はツェルトの中で蚊の猛攻で1時間ごとに起こされ、その度に10匹以上は潰すものの、後から後から侵入され、ほとんど眠れずに過ごした。
 
翌日は、荒れた感じの谷を進んでいると、行く手を滝に遮られる。左の枝谷の様子をみるために進んでいくが、結局この谷を詰めて尾根に出ることにした。やがて立派な山道が現れる。すこし右に進み吊り橋後跡付近に降りる尾根を下降。北山川を再度渡ることにはポツリポツリと雨が降ってきたが、独特の風景を楽しみながら飽きるまで泳ぎ下って上陸して下山。蚊に血を吸われまくったので、帰宅途中にスーパーでレバーを買って晩飯のおかずにした。
 

(投稿者: 禰庵)

南紀・八木尾谷

南紀・八木尾谷  20012年9月22日・23日 1泊2日
           メンバー  K・M・他5名
 
今回も八木尾谷を遡行する他のメンバーの仲間に入れて貰って、金曜の夜発で現地に向かった。
現地で車を駐車する為に集落に入って行くと、先行者の車が1台停っていたので
私達は村の人に聞いて、橋を渡った所に車を駐車させて貰う事となった。
今回1人が風邪で不参加となり、総勢7名での遡行。
入渓して暫くは平凡なゴーロ歩きとなったが、堰堤を4つ越すと滝が次々と出て来た。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリーで登れる小滝が楽しませてくれたが一応シュリンゲをだす。


                                                                       
 
 
 
今度はロープを出して、左岸から登ったり、釡を泳いで取り付いたりと
中々スムーズに進めないが、飽きる事の無い滝の連続に楽しいが緊張する。


                                                                            

                                                                       
   
 
 
やっと小滝が続き、ホッとするもロープを出したりと人数が多いので時間が掛かったので
先を急がねば・・・(-_-;)


                                                                                      
    
 
 
何とか4時前に泊地に着いて、それぞれに焚き火の準備・タープを張る準備に追われて
焚き火での宴会となった。
雨の降らぬ間に飯盒2缶のかやく飯を炊いて、マッタリした頃に
予想通りに雨がポツポツ降り出し、タープ下に移動して宴会再開となった。
大きなタープで雨に濡れる事なく、宴会も楽しめたし、寝るのもタープ2つで充分濡れずに
爆睡出来た!雨でタープだけで寝るのは初めてだったが、全く問題無し!
逆にタープの凄さを知った(大きなタープは手作りとの事でした)
翌日は雨が降ってたので、1時間出発が遅くなってしまうが
遡行を開始すると殆ど止んでいた(良かった)

二俣を左俣に行く事にして、時間が来ら適当に登山道に
出る事に決まった。
左俣でも滝の連続で登ったり、高巻いて懸垂で降りたりを
繰り返し沢の面白さを充分に味わえる沢と言って良い。
しかし人数も多く時間が掛かり、日暮れも早いので
奥の二俣手前で詰め上げて登山道に出た。
 
後日解ったのですが、先行してた2人はなんと会員の
H夫婦だったのには驚きました。
PCが故障でメーリングに上がってなかったので、お互いに
解らなかったのですが・・・
H夫婦は雨予報だったので、初日で奥の二俣まで遡行してたらしく、その上がまた面白かったそうな!
流石H夫婦ですね!(早い!)
次回はこの続きで奥の二俣下から入渓してその上を遡行してみたいなーと思ってます(#^.^#)
 

2012年9月16日 白山・大白水谷

白山・大白水谷  メンバーK・M・他4名 
 
三連休と言う事で白馬・大雪渓からの縦走予定が天候が崩れると言う事で中止となり
沢仲間が白山・大白水谷を遡行すると聞き付けドタ参させてもらう事となった。
大白川ダムの泊地で合流し、早朝より遡行開始する。
白山の名瀑と聞いていたが、天気も
でテンションが上がり快適にゴーロを1時間程歩く。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
気持ちがダレて来た頃に滝が次々と出て来て、楽しませてくれる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この25mの滝は右岸を登ったが、高度感があって30mロープがギリギリだった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結構フリーで登れる滝も出て来て、快適に高度を上げて行く。
水は始めは濁っており、温泉の成分が入っており美肌効果もあるらしい・・・
聞いた私は顔にバシャバシャと掛けて、美肌効果を期待するが・・・
天気も良くて、顔がやけそうだ(-_-;)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次に出てきた滝は白いペンキを流した様に白くて、初めて見る後景にビックリ!!
天気は最高で遠くには北アルプスの山並みや三方崩山も綺麗に見えた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩肌が白なってるが、水は透明になってるし、少し水を飲んでみたが温泉の味は殆どしなかった。
空の青さとコバルトブルーの滝壺と白い岩肌のコントラストが素晴らしかったのに感動。

ロープを出して、この滝を登ると後は日帰り山行なので
大倉山を目指して、詰め上げて登山道に出る事となった。
 
明るく開けたこの沢はスカっとしてて、登れる滝も多く
白い滝も見る事が出来て素晴らしかった。
 
ゆっくり沢泊して、御前峰へ詰め上げても良いが
水を飲めるかが問題ですが、まあ炊けば大丈夫かな?
と思われますが・・・

南紀 熊野川・篠尾川

 
         二又から続く連滝帯。
 
 8月26日(日)は、日帰りで南紀・熊野川・篠雄川に行ってきました。
伊坪谷以来、ご無沙汰だった沢登り。約二ヶ月ぶりの復帰です。
 
 天気予報も微妙だったので、雨でも気にならずに楽しめそうということで選んだのですが、結局、溯行中は全く降られることがありませんでした。ヒルもブヨもうっとしくなかった~
 
 駐車地からはしばらく谷も平凡なので、右岸の仕事道を辿って行きます。しかし、二又からは息付く間もない連滝帯に入ります。ゴルジュや大滝などはありませんが、滝に極力近付きたいのなら、直登も巻きも、デリケートなライン取りとなるでしよう。
 
 篠尾川は、おじいちゃんぽい谷です。ボロいので、岩の剥離や、浮き石には要注意です。

事故報告書

 2010年8月、大峰・白川又川で起った事故についての報告書を、ようやくHPにアップしました。
  (http://sakura.canvas.ne.jp/spr/osakawarajinokai/からご覧になって下さい。)
 
 この報告文は追悼号からの抜粋という形をとっているので、ウェブ上でご覧になる際には、些か不都合があるかと思います。修正できる点は、おいおいしていきます。
 
 追悼号を作成する過程において、会員たちの間で議論が紛糾し、集会では怒号が飛ぶこともありました。遅きに失した感はあるのですが、この傷ましい事故は、それだけ会員たちにとって各自が受け止め、内面化するのに時間を要した出来事だったのだと思います。
 
 事故は起こした当人だけではなく、周りの多くの人たちに、消えがたい“傷”を残します。このような事故はもう二度と起こさぬという反省と決意を持って、公開に至った次第です。
 
 

台高 銚子川小谷小屋谷 清五郎滝登攀

 

              清五郎滝全景
 
 昨年11月に銚子川の小谷小屋谷を溯行した時に、清五郎滝をもっと近くで眺めてみたい・・と思いました。色んな事情から再訪する機会がなかなかなかったのですが、梅雨入りを前にした6月の第一週末にして、ようやくその思いを叶えることができました。
 
 
【日程】  2012年6月2日(日)
【場所】  台高 銚子川小谷小屋谷 清五郎滝
【メンバー】  シブ&コージ
 
 
1ピッチ目:シブのリード。
 
まず、ノーザイルで一段目のテラスまで上がり、そこからザイルを出して、登攀の開始です。
 
縦に入った草付きクラックが二本ありますが、右側の方を登り、スローパーのマントルで、テラスに上がりました。
 
そこからコーナーに入り、明瞭なクラックにカムをしかっかり決めてレイバックで上がります。
 
 
 
 
 
2ピッチ目:引き続いてシブのリード。
 
 水飛沫の掛かるテラスから凹角を登って行きます。
 
 クラックが二本入っていてカムもしっかり決まりましたが、上がるに従って傾斜も増しクラックも消えていきました。
 
 そのまま草付きバンドに這い上がるかどうか迷った挙句、思い切ってカンテを右手に回り込むようにして出ると、スラブになっていました。
 
 
 
 
 
3ピッチ目:コージのリード。
 
 大きなテラスで、コージとリードを交代します。ごく易しいスラブを登った先には垂壁が立っています。
 
ここをどうこなすか?清五郎滝登攀のポイントとなります。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3ピッチ目、セカンドの私が下を撮影。水量は、かなり少ないです。
 
 水量によって、この滝の登攀の難易度は大きく変わるように思われます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3ピッチ:コージのリード。
 
 コージは、結局、水流を渡って右岸のカンテを登って行きました。以前は人工で登られた左岸の垂壁も、今ならフリーで可能だと思われます。
 
 ただ、じっくり見た訳ではありませんが、かつて打たれたはずのハーケンや、ボルトは、見当たりませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 4ピッチ目:再び左岸に渡り返します。
 
最上段は高巻くので、実質ここで登攀は修了です。
 
 下山は左岸の高巻き道を下っていくだけですが、浮石が多いので注意です。
 
 下っていく途中、先を行くコージの大声と共に大音響が鳴り響きました。それから、沈黙の時間が続きます。
 
 しばらく待ってもザイルが動かないので、「もしかしたら・・」と覚悟しました。しかし、下っていくと、すぐにザイルが動き出したので、「生きている」と安心しました。
 
 降りていってコージに聞いてみると、自分で落とした浮石を足にぶつけで脛を負傷したそうです。全然歩ける程度の怪我だったので安心しましたが、ちょっとビビリました。落石には、くれぐれも注意!です。
 
 
 今回は何とか清五郎橋まで車で乗り入れることができましたが、多雨地帯にある林道は、すぐに荒れるのでアプローチに掛ける時間には余裕を持った方がいいでしょう。
 
 さて、下山後、トンネルを出たところにある探勝路を辿って、小谷小屋谷出合に掛かる滝を見に行きました。取水口があり、水量がなかったので迫力には欠けましたが、立派な滝でした。