又口川三ツ俣谷

又口川三ツ俣谷 (2010/2/28)

泣きじゃくる真央ちゃんへ
二位じゃダメなんですか? by 蓮舫

なんてネタを披露しながら
この春から八ツ墓ダムを造りに行くという国土交通氏と第二名神で伊勢路へ
池原経由のことを考えるともの凄く京都と尾鷲が近くなった。
しかし、次第に雨がひどくなっていく。
まあ、明日には晴れるだろうと、途中で素敵な屋根付き駐車場を見つけてテントを張って前夜泊。

朝起きると雨、まじめに降っている。
これはダメだな~シーズン初なのに出鼻をくじかれた気分
二度寝して、ゆっくり朝ご飯を食べていると雨が止んだ。
とりあえず、また降りそうだけど入溪点まで行ってみるか、と行くだけ行ってみると
少し青空が見え、もう、行くしかない状態。
気持ちの切り換えに苦労したが、雨上がりの割には気温は低くなく、水温もこの時期にしてはまし。
沢の最初はえげつないほど伐採した後で、丸太やゴーロ帯を越えるのに消耗する。
すでに何回か冬の間に沢に登っている国土交通氏は元気よく越えていくのだが
私はシーズン初なので堪えた。
核心の大滝は右股を登ると簡単に巻けた。
そして、名所のナメはやはり気持ちがよい。
ナメの上で昼食をとった。
上流部も穏やかで良い感じ。
下山は廃道と化した尾鷲道を辿るのだが
十分気をつけて歩いたので道を外さすに下山できた。
それでも、時間は結構かかった。暗くなったり急いだりするような状況になったら大変かも
最後の恐怖の吊り橋は迫力があった。
さすがに渡る度胸はなかった。
ここは最大のポイントと懸念していたが簡単に沢を徒渉できた。
林道沿いには何軒か廃屋があり、なんともわびしい気分にさせられた。

(投稿者:禰庵)

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。