2016/12/11 赤羽川

Pocket

Sakamoっさん、Harakenさん、私の計三人で、紀伊長島の辺りの赤羽川を沢登りしました。

着替えてる時は風もあり、寒くって、体感温度3℃くらいでした。さすがに寒過ぎて、もうヤメよかなって思いましたけど、西名阪と伊勢道紀勢道の高速代つこたしなってこともあり、突っ込んでみると、大汗かきました。地形図を血眼になって見て、南向き かつ、標高の低い広葉樹林の谷を選んだジブンを勝手に褒めてました。
調子こいてプチシャワークライミングしたら、休憩時には濡れた下半身が寒かったです。合羽のズボンやったら余計に暑いし、防水の前掛け(八百屋さんの前掛け的な)みたいなんがあればいいなと思いました。
下山は、どーなるか分からんかったんですけど、クッキリハッキリの尾根道があり、予想外に短時間で車まで戻れました。
大台町のフォレストピアって温泉に浸かって、じゅわ~ってなってから帰途につきました。
やっぱ、沢登り後には温泉が欠かせんなーと思いました。北米でコレは叶わなかったですから。

投稿者: 名塩村民

元サイト管理人。人生初遡行2001年7月。以後、"登攀の蓄積"ゼロ。自分のチョットした思いつきを沢登りの行き先、ルート取り、などなどにPDCAで回していくのが好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。