黒部横断


3/18~19 初日快晴夜中から雪 KAWAc 会外1

冬もぼちぼちとは活動しています。今年は三連休と晴れが重なり、絶好の横断のチャンス!

真っ白な黒部湖、誰もいない立山、そして三月の剱。夢は広がるが果たして?

まずは日向山ゲートを暗いうちに出発。ここから扇沢までが長い

久々の泊まりに荷物も重い。そして眠い。だらだら話して気を紛らわせながら進む

扇沢からはシール歩行

途中、後続のぶなの会の人たちが追い越して行った。あちらは別ルートで横断。さらに今回は計3パーティー入るらしい。同じ会で黒部横断を三組か。さすがとしか言いようがない

針ノ木は雪が多かった。徐々に染まっていく姿が美しい

爺方面も美しい。やはり冬山も良いな~

しかし微妙にラッセルが続き、地味にしんどい。地味に眠い。暑い。とか言ってるとコルへ

槍までどかーんと大パノラマ。既に来てよかった感が。針ノ木谷へ滑り込むが、全面モナカ

いきなりこける。ので、パートナーの撮影を。こちらは颯爽と滑って行って同じ斜面と思えない

ここからどんどん奥地へと。沢は所々割れているが、今年は雪が多く板を履いたまま黒部湖まで抜けれた

夏は良いんだけど、冬のゴルジュ通過はなんというか。。。渡渉連発じゃないだけましか。一か所だけブリッジが落ちかけた

黒部湖手前はフラットで自然林が広がりかなり良い感じ。ここで泊まるのも気持ちよさそうだ

いい加減だらだら進むのに飽きてきたころに、黒部湖がどーん!

これだ、この景色を見たかったんだと感動

上の廊下のときここを船で渡ったとは信じられないなー

普段は湖底の木がにょきにょき生えている

そしてここを渡らなくてはならない。相方は素足。こちらはゴミ袋を履いてGO!!

ゴミ袋は90Lとかのほうが良かった。そして途中で足の感覚がなくなりかけた。つめてーーー

もう少し下流なら、凍った黒部湖を濡れずに渡れるらしいが、それも怖いな

無事渡渉し、中ノ谷へ。ここから雄山谷へ乗越すまでの600アップは本当にきつかった

ゴルジュは完全に埋まっていて簡単に通過できたのは救い

特にラスト100は苦行。完全においていかれる。ラッセル泥棒と呼んでください

コルから反対側はこの日唯一のパウダー、少し重めだけど良い感じ

しかし完全に足が終わっておりこけずに降りるのが精いっぱい

御山谷との合流地点でC1。風が予想よりあったので、簡単に雪洞を掘ることに

斜面に縦穴を掘り、少し横に広げツェルトを被せる。必要とも思わなかったし15分くらいで適当にほったのだが、やっといてよかった

夜中から荒れだし、結構な風雪。もっと真面目に作っていたらさらに良かったが、それでもゆっくり寝れた

深夜に入り口が決壊して、雪が吹き込み装備が雪まみれになったが、朝時間を作って乾かすくらいで済んだ

見た目はボロでも楽しい我が家。この後無理やり引っ張って、ツェルトが一部割けた

分かってはいたが結構積もっている。場所によっては50cm以上。雄山谷はひたすらラッセルだ

もうずっとこんなん。まだ視界が良いうちにぱしゃり。最大でも100mくらいか?

風も結構強く、このコンディションで剱周辺は無理なのでエスケープすることに

一ノ越までくると、予想通りの暴風。厳冬期ってほどじゃないが、三月の天気じゃないな。。。天気の悪い三月といいますか(そのまま)

本当ならここで誰もいない立山がバーンと広がる予定だったが、ガスってなにも見えず。まぁ仕方がない

夏道を単独で歩いている人がいてびっくり。この天気でソロで雄山目指して(?)くるとは!なんて気合の入った人だ

一ノ越からは激パウで楽しい滑降。視界もないし、雪が多すぎて普段と地形が違う気すらする

野営管理場付近でシールを張り、新室堂乗越を目指す。変なとこに入り込まないように、夏道付近を慎重にルーファイ

乗越も暴風&ガスガス。視界10mくらい。反対側が全然見えず、ちょっと怖い。雪庇はないはずだが、まるでこの先雪庇が広がっているような

二人とも滑ったことがあるので、ある程度感じはつかめているのだが。雪崩も怖いので、雪面にあまり刺激を与えないよう、慎重に、お互いが見える範囲で少しずつ高度を落とす

激パウで結合もよかったので、もし視界があれば最高の斜面だったろうに。まーこれも仕方がない

1700くらいからようやく視界が開けてくる。立山川のロケーションも最高です!周りから何か落ちてこないかだけ気を付けて。。。

すぐにストップスノーになり、あとは漕ぎも交えて馬場島へ。雪はかなり多く、板を脱ぐ必要はなかった

県警の人にあいさつし、林道を除雪終了地点までひたすら漕ぐ。ここも結構長い

ゴールした時は完全燃焼だった。本当に良いルートで、先駆者の方々に感謝。ずっと引っ張ってくれたパートナーにも感謝

しかしこの雪の多さだと、今年の夏は雪渓に苦しめられることになるかもしれない。去年は逆に雪渓が少なくて色々楽だったがスキーはダメダメだった

あちらを立てればこちらがたたず。なかなか難しいものです

投稿者: KAWAc

ゾウアザラシ系さわのぼらー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。