台高 三之公川・奥玉谷

Pocket

4月25日(火)は、三之公川・奥玉谷へ!

遅れながらの沢初めとなりました。

林道が谷から離れて行きそうな所で、入谷。

奥玉谷は河原がメインで、時々、このような淵が出てくる。

夏ならきっと泳ぐが、まだそういう気分でないので、巻く。

 

色々と物思いに耽りながら、淡々と河原を進んで行くが、

不意に両岸に厳つい岩壁がそそり立つ。まるで鬼の城のよう。

ウスガサノ滝の左岸には大岩が凭れかかって、洞窟になっている。

色々見てきたけど、面白い地形だな~、と思う。

気になった所はあったが、単独なので無理せず、

思いっきり引き返して、大巻き。

 

 

 

大きく巻いた割には上手いことウスガサノ滝の頭に降り着くことができて、満足。

小滝を幾つかこなすと、写真のようなゴルジュが続くが、突っ込まずに巻く。

 

 

『秘瀑』にも収録されている”奥玉の滝”。

この後、河原が延々と続く。両岸には幕営してみたい台地が散見される。

屏風岳近くに詰め上がり、シカ除けネットがうっとおしい左岸尾根を進む。

まだ工事進行中の林道が見えると、目ぼしい尾根を見付けて下って、林道に出た。

 

 

投稿者: シブ

2003年12月大阪わらじの会入会

“台高 三之公川・奥玉谷” への 2 件のフィードバック

  1. 不勉強にも、今回初めて奥玉谷という存在を知りましたが、ゴルジュのあたりすごい良さそうですね
    これが1kmくらい続いてたら絶対に行くのに。。。

    1. 奥玉谷はもともと周辺の尾根歩きを考えていて、地形図眺めていたら、
      「あっ、そう言えば、この谷に行ってないな・・」と気付いて。どうせならっていうことで。
      癒し渓といては、いい谷です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。