台高 黒倉又谷

Pocket

永遠の初心者(しつこい?)、小山です。

今回溯行したのは、台高の黒倉又谷。私が体験山行で4年前に初めて沢登りを体験した谷です。その時は曇り空で薄暗い感じの谷でしたが、今回は如何に…。

日時:’17年5月21日(日)

天候:晴れ時々曇り

メンバー:サッポロ一番さん、小山、小山ジュニア

筏場の駐車場から、筏場道を使い、入渓地点の橋の袂から沢に降ります(左岸側より)。

いきなりの淵…。当日はかなり暑く(大阪は最高気温30℃)、泳いでも良かったが、色んなことを考えて、素直に右岸側から巻きました。ここで巻く、ということは、この上に続くゴルジュをそのままスキップする、ということに相成ります。

ゴルジュを抜けた先でちょこっと休憩。先に見える滝(5m)は右岸側の壁を登ります。

小山ジュニア、ロープ要かな、と思いましたが、意外にサクッとフリーで登攀出来ました。

記憶は曖昧ながらも、何となく覚えている感じです。

所でこの谷。メチャメチャぬめります。別名ヌメヌメ谷、と呼びたいぐらいに。

このナメ(斜)滝、釜を泳いで取りつこうとしましたが、ヌメヌメのためスタンス出来ず、右岸から巻きました。

こんな巨木が鎮座していました。面白いのは、これだけの巨木が、岩を抱えて、沢から直接生えている(ようにどうみても見える)所。

続いてくの字滝!!中央突破しました。

スリングで最後はヘルプ。

沢って良いですね(何を今更?)。

やがて4段の滝に到着します。

最下段(5m)。右岸側から直登します。続いて2段目も右岸側の流れの中を直登です。

3段目。直登できそうですが、右岸側から巻きました。

最上段の6mは、小山は折角なので直登(シャワークライム!!)してみました。

乗り越しの部分だけ若干悪いですが、何とか上がりました。

やがて右岸に植林小屋を見て、溯行終了。昼飯を食べ、下山にかかります。

今回の核心はこの下山。途中まで明瞭な踏み跡も、結構迷う人も多いのか錯綜したり、そもそも踏み跡なのかそうでないのか、スギorヒノキの落ち葉が堆積していることもあり、判断に迷う局面が多かったです。しまいには杣道を完全に見失う結果に。最終的には谷に降り、下降して入渓地点へ戻りました。

体験山行にはうってつけの谷。下山のルーファイの訓練にも良いのでは…?と思いました。

また、小山ジュニア。今回の登りっぷりだと、サポートすれば初見の沢でも易しい所ならイケルな、と思いました。

色々とサポート頂いたサッポロ一番さん、ありがとうございました。

報告 by 小山

「台高 黒倉又谷」への5件のフィードバック

  1. あの日は、結構温かった??

    わらじに入る前に何回か行ったけど、下山道よく分からなかった記憶があります。

    跳び込みや、滑り台しながら再び谷を下って下山する方がいいと、
    同じ結論に達しました。

    1. すんません今気づきました。
      仰るように沢下降の方が良いかも、ですね。
      サッポロ一番さん震えていたのですか…。すいません気づきませんでした。
      小山

  2. 泳いだ後、一時震えていました。その後はなるべく濡れないようにしていました。夏場ならもっと浸かってたかな・・。勿体なかったですね。

  3. くろくらは、泳いで、濡れてナンボ。

    計画上がった時に、もうちょっと暑い時の方がいいのに・・、と思ったが、
    水を差すようなことは言ってはいけないと思い、黙っていました。

    サッポロさんは、震えていた??

    1. シブさん
      仰る通りです。
      サッポロさんもうちのジュニアも泳ぎはしましたよ。
      水線突破もそれなりにやりましたし。
      サッポロさんは、震えていなかったですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。