某滝登攀

Pocket

7月20日(木)は、紀伊半島の某滝へ。

先日偵察した所、右岸側が登れそうということで、待ちきれず、

行ってみることにした。

以前、ボルト使用で左岸を登ったという記録は聞いていたが、

右岸ならボルトなしでいけそうだと思った。

 

滝の前に立つと、爆風で釜が波打っている。凄いエネルギーだ。

釜を渡って、右岸に移動。

コージはあえて水際ラインを攻めるが、磨かれたスラブには

弱点見いだせなかった。

引き返し、樹林帯からトラバースし、バンドへ。

被った壁を人工で乗り越して、中間テラスに立つ。

 

 

 

2ピッチ目は、水際を登る。

背中に爆水浴びて、吹き飛ばされそうになりながら、ハーケン決める。

最後は、ランナウトにドキドキしながらスラブを登って、

スバリ頭へ出る。

 

 

2ピッチ目フォローから下を振り返って。

 

短いながらもネイリングあり、フリームーブあり、スラブあり、内容詰まった登攀でした。

水流を肌に感じながら攀じ登る、大滝登攀は、やはり何とも言えない。

名の知れた名瀑なので、ここでは滝の名前を伏せさせてもらいます。

 

 

 

 

 

 

投稿者: シブ

2003年12月大阪わらじの会入会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。