比良 八幡谷

Pocket

顔が、お岩さんに。。。

2017年7月30日 日曜日
晴れ時々曇り、のち雨 ガス(全部)
メンバー Koyamaさん、Keiko-H  2名

今年初めての、Koyamaさんとの沢山行!宜しくお願い致しま~す。
AM9:30頃 細川休憩所に車をデポ
堰堤を左に巻き入渓。

最初の廊下(中は小滝のみ)。

KYさん、ここをくぐり抜けようとするがザックが引っかかり断念。。早くシャワーを浴びたかったのかな。。?

天候は曇っていますが、時より日が差し込み気持ちイイです。
小滝の連続、軽快にシャワクラを楽しみます~(^^)

第二廊下に突入!!

 

出口の8m滝は、水線をフリーで直登。

この滝を越えればすぐに二股。右へ入り、すぐ出てくる滝(ここから第三廊下)は、左岸から若干ハングした岩を登り小さく巻きます。

第三廊下出口の5m滝は、真ん中までシャワークライム。その後直上ルート見出せず、左岸から大きく巻き(かなり渋い巻きでした)。懸垂で谷へ戻りました(Keiho-Hさんは右岸巻き、こちらの方がまだマシだったかな…?)

昼12時前頃、突然ガスで真っ白(第四廊下辺り)、あたりは真っ暗に!!
「ちょっと怖い」

 

第四廊下を抜けるCS滝は、左岸側の溝を上がることになりますが、乗り越す所がいやらしく、残置のスリング(2本)を使い突破(正直危ういので、頼りすぎない方が良いが…)。

しばらくするとガスは徐々に無くなり、比良縦走路に突き上げるガレ場の途中、雨で足場がズルズル、踏ん張っても土砂が流れ、ハンマーを突き刺しても全然無理。必死で踏ん張っている最中、虫(やぶ蚊?ブヨ?)に顔を刺されまくり退散!!!!

やむなく少し下った二俣にわかれる谷を右側から詰めることに。。
ここで虫よけネットをかぶるが時すでに遅し。。取りあえず武奈ヶ岳山頂まで行くが、ガスで展望なし。そそくさと細川尾根にて下山する。

この細川尾根。随所に赤テープあり、若干不明瞭な個所はありますが、概ね踏み跡は明確で、登山道といっても差支えないレベル。安心して降りられます。

顔がチクチクするが温泉に入りたかったので、てんくう温泉でまったり。
家路に着くころには、右目はお岩さんに!
翌朝目覚めると、顔がパンパンに。。鏡を見てビックリ「顔でかっ!!」
ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
10ヶ所程刺され、12R KO負け!みたいな顔に!!
取りあえず自撮りで記念写真。
抗生物質を飲み夕方には腫れはひきました。
なんやかんやでしたが、シャワクラは楽しめました。
Koyamaさんも虫に刺されていた様ですが、これに懲りず又おつき合いくださいネ!

“比良 八幡谷” への 2 件のフィードバック

  1. Keiko-hさん
    小山です。同行頂きありがとうございました。
    大きな滝は無いものの、ガンガン登れる谷で、テンポ良く、楽しい沢でしたね。
    ブヨ?ですが、数えてみた所、顔と両腕数えて20か所以上刺されていました。
    お互い刺されたあの場所ですが、二俣ではなく、単なるガレ場だったと今にして思います。
    あそこまでズルズルだと、裏返せばそんなに登られていない証だと思いますし(あまりにも脆い)、
    参考にした溯行図は10年近く前のもの。この約10年の間に崩れてきた箇所だろうと思います。
    途中から懸垂で戻り、水線に沿い少し登り、左の枯谷を詰めましたが、これも恐らくしんどい方に
    行ってしまったと思います。溯行図を余り信用することなく、現場での勘を信ずるべきだったと反省しております。
    刺されたのは災難でしたが、結果的には戻って良かった(あのまま無理していたら滑落する可能性もあったと
    思いますので)と考えています。
    また精進いたします。またご一緒いたしましょう!!

    1. Koyamaさん、色々とサポート頂きありがとうございました。
      ハプニングありましたが、今回も良い経験をさせて頂き楽しめました。
      まだまだ未熟な私ですか、今後ともよろしくお願いします。
      ♪ヽ(*⌒o⌒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。