癒し渓二本 ─北山川高田和谷、蓮川庵ノ谷─

Pocket

庵ノ谷右又に掛かるコウセン滝40m。

 

今回、行ったのは北山川高田和谷と、蓮川庵ノ谷。

高田和谷は大峰山脈の谷で和佐又山に詰めます。

一方、庵ノ谷は台高山脈の谷で、大熊谷の頭付近に詰める谷です。

4月18日(水)は、シブ&コージで高田和谷へ。

別の谷に行くつもりだったが、雨が残っていたので向かっている途中で、この谷に変更。

和佐又トンネル出口に入る谷です。

 

右又入ってすぐに掛かる6m。

 

 

雨にしっとり濡れた新緑。

この谷は森が綺麗ですが・・・・。

 

 

河原歩きが多くて、退屈しかけたところで20mの登場。

そして・・・、

 

ナメ30mへと導かれ、ハイライトとなります。

 

源流部にて。

 

兎に角、森が綺麗でした。

下山は二又へ尾根を下りましたが、途中で木登りしている巨大熊と遭遇。

こちらが逃げるより早く、向こうの方が大慌てて逃げて行ってくれたので、ホッとしました。

できるだけ、鉢合わせは御免したいものです。

 

 

 

さて、翌日、4月19日(木)は、一人で蓮川・庵ノ谷へ。

天候は文句なしの快晴。

 

車で入れたのでが、林道の入口に停めて歩き始めます。

広場から堰堤超えて入谷。

さっそく、滝場となって、いい感じ。

 

斜滝8m。

登れるんだろうけど、どシャワーになりそう。

 

滝が続きます。

なるべく滝際を攻めるように進みました。

 

二又となり、岩壁記号が気になる右又を進みます。

ゴーロを登って行くと、連滝帯。

無難に巻いて、最後はバンドをトラバースし、三段目の頭へ。

 

 

ゴルジュというほど威圧的ではないですが、小滝と淵が続きます。

 

やがて、河原となり、しばらくすると、二又。

右又に掛かる冒頭で紹介したコウセン滝を見物して引き返し、本谷である左又を進みます。

 

あれよあれよと、水は減り、源頭へ。

結局、期待の岩壁記号は、右又に掛かる40mだけでした。

 

 

 

まだ、昼前だったので、迷岳方面へ少しだけ尾根歩きを楽しむことにしました。

こちらもブナの森が素敵です。

 

下山は大熊谷の頭から北西尾根を下ったのですが、まだ1000m越えているところで、林道を見、それを利用しました。

今回も入谷から下山まで、誰にも会わぬ静かな溯行でした。

 

 

 

 

 

投稿者: シブ

2003年12月大阪わらじの会入会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。