蓮川 セウス谷

Pocket

平成30年4月22日(日)

メンバー わらじ会員2名(シブちゃん、サッポロ一番)

今シーズンとっくに沢始めしているシブちゃんのお誘いをうけ、遅いめの沢始めに行ってきました。「沢始めなのでお手柔らかに…」「易しいから。巻いたらすぐ終わってしまう沢みたいだから、できるだけ登ろう」

始めに現れた滝。ホールド浅くて登るのは難しそう?ここで時間を取るより、後で時間があったら遊んでいこう、ということで先へ進む。

ナメ滝50m。植林地帯だけあって倒木が多く、荒れた印象。でも滝は多い。植林がなければ、さぞかし美しい谷だろうと思う。

ナメ滝50mより続く斜滝8m。

連滝4m,6m,8m

連滝8m

二条6m。次々と滝が現れる。

ここはザイルを出してシブちゃんのリードで左岸を登る。上に行くと傾斜が緩くなっており、結局ザイルなしでも登れる感じだった。

滝が多くて毎度のごとく記憶しきれなくなってきた。

溝状12m。右岸を巻いた。

二俣。右側のこっちかな?上がってみると水が切れて終わりそう。詰めはこっちじゃなさそう。

二俣に降りて左に進むと、間もなく12m滝が。

シブちゃんのリードで登る。適所にリスがなかったり、岩が脆かったりで、なかなか支点を取りにくいようだ。シャワーを浴びながら支点を探すシブ隊長、かたじけない。

下山の途へ。

広範囲に伐採されている山肌から熱風が吹き上げてくる。物悲しい風景のなか、ここを降りて杣道へ。

入渓地点に戻ってきた。まだ時間に余裕があるし、登らずに巻いた最初の滝、トップロープで登って遊びましょう!支点を取ってくれるシブちゃん。

支点を右岸側に変えて、水線ルートも試してみると、意外と行ける!スラブは楽しいなー。トップロープだからできるのかもしれないけど。交代で登って満足する。

今回は、シブちゃんの予告どおり、(こわーい巻きもクライムダウンもなく)私の沢始めにはちょうどよい山行でした。シブちゃん、ありがとうございました(^^)

サッポロ一番

「蓮川 セウス谷」への2件のフィードバック

  1. レポアップ、有難う!

    谷は汚い印象だったけど、まずまず遊べる谷でしたね。
    次回は、「こわ~い巻きもクライムダウンも」ありまくりのウオノ谷のレポかな?

    1. そうですねー(´Д`)。ぼちぼちアップします。結構フリーズしてたわー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。