神童子谷(ノウナシ谷)

Pocket

平成30年5月27日(日)日帰り ノウナシ滝までのピストン

メンバー:わらじ会員2名(HKさん、サッポロ一番)、体験者1名(Oさん)

神童子谷は、癒し渓として殿堂入りしている(私見です)。

河原歩きがちょっと長いけれど、今回は天気が良く水や木々の色が明るいので、さほど気にならないだろう。

赤鍋滝前のナメ滝トラバースで、ブサイクにも私一人滑り落ちてしまった。ナメ滝のジャグジーで早めの全身禊完了。

赤鍋滝の手前。泳いで渡ると、禊しててもやっぱり冷たい。

二条釜滝様、こんにちは。今年も来ることができました。帰りにまた寄ります。よろしくお願いします。

滝は登れそうかどうか、左岸からの巻きは可能か、オブザベに行くHKさん。

 

ノウナシ滝にて。

ノウナシ滝の手前で昼食を摂り、引き返す。

犬鳥谷との二俣の少し上流にある4M滝。3人が交代で登って遊ぶ。

昨年は、「来年はフリーで登れるかな」と若干自信があったが、いざ滝を目の前にすると、「(やっぱり落ちるかも・・・)」。今年もトップロープの保険付きで。来年こそはフリーで登りたい。

 

次は、二条釜滝。

ここも、今年はフリーで登ってみたいと思っていたが、なにやらできる気がしない。前回より水量が多いのか?フリーはあっさり諦め、トップロープで登ることにする。さきほどの滝に引き続き、HKさんがビレイをセッティング。

懸垂下降の段階で、ヌメヌメと水圧に滝身で足を取られる。下に降りて登り始めるも、スタンスに立てず何度もずり落ち惨敗。滝行に終わった。来年こそは・・・と懲りずに思う。

3人が交代で、まあ惨敗でしたが、楽しかった。

その後、復路の途中の赤鍋滝やナメ滝でOさんはウォータースライダーを楽しまれていた。小山さんと気が合うかもしれない。

癒し渓のゆったり山行を想定していたのだが、なぜか今日はHKさんも私も疲労感あり。2人ともビレイ中にブヨに数か所食われていたが、もしやそれと関係があるのか?

見たところ、Oさんはまだまだ元気そう。

HK、Oさん、またご一緒してくださいね!

 

サッポロ一番

「神童子谷(ノウナシ谷)」への2件のフィードバック

    1. 昨年に変わらず綺麗ですが、夏に行ったときに比べて、滝はヌメヌメ、ブヨがすごく多いと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。