大峰 大野川本谷

Pocket

大野川は名川(谷)・芦廼瀬川の支流。

以前行った釘抜谷や高津川北谷は、なかなか良い谷だった。さて、その本谷は・・・ということで、他メンバーにも声掛けて、行ってみることにした。

 

【日程】2018年5月26日(土)

【場所】大峰・大野川本谷

【メンバー】A木さん、シブ&コージ

【天気】曇り

 

早朝、道の駅・十津川郷でA木さんと合流し、大野川に向かう。

林道終点まで入りたかったが、落石に阻まれる。あまり歩かず、林道終点に到着し、さっそく入谷。

谷間は、樹林が鬱蒼として、薄暗い。でも、雰囲気は良し。

すぐに右岸から又六谷が入る。しばらく、河原を進むと、淵を持ったトユ状滝が現れる。

誰かさんは、さっそく淵に入って直登しに行くが、

賢明な二人はトラバースし、滝の中段から登る。

スブ濡れになった誰かさんは、寒い、寒いと言っていた。

 

左岸に白光りする壁を見上げると、大滝の登場。

60mあると聞くが、見た所は30~40m位がいいところ。上にもまだ続いているのかもしれない。

 

右岸を巻くと、滝は更に20mほどの斜滝となって続いていた。

大滝の上は、滝場が続くが、ゴルジュというほどのものではなかった。

 

大滝上の滝1。

 

大滝上の滝2。

 

今回の核心部と思われる区間をあっけなく通過。

「ええっ、これだけ~?」と思うが、源流にはまだ二段100mと“古い”記録では記載されている滝があるはずだと、思い直す。

 

左岸に滝が掛かるのを眺めながら、淡々と、ゴーロを進む。

やがて、二又となり、右を採って進むと、滝場となる。

「さーて、100mの大滝がおでましか?」と期待半分、疑念半分で登って行く。

ルンゼ状に滝が続くが、これが大滝なのか・・・?

登って行くに従い、疑念が期待を上回って行き、とうとう水切れとなってしまった。。。

 

 

西八人山のピークに立ち、下山は石佛山まで縦走し、南東の尾根をルーファイして、林道に降りた。

 

あれで終わってしまうとは、、、遠方からやってきたA木さんには、申し訳なかった。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: シブ

2003年12月大阪わらじの会入会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。