西ノ谷: 沢泊り体験山行

Pocket

2018年7月14-15日(土-日)
メンバー: ぺっちん、keiko-H、M君、ねあん

沢泊り体験山行と称して、入会希望者のM君と沢泊り3回目のkeiko-Hさん、それからいつものように、ぺっちんを入れて、4名で西ノ谷へ。アプローチで様々なトラブルがあって、堂倉谷との出合いに予定より大幅に遅れて到着。釜で泳いで火照った体を冷やす。

3時ごろから西ノ谷の遡行を始める。結構岩がでかい。私にとって、わらじに入って初めての山行がこの西ノ谷。その時は日帰りで行ったけど、こんなんだったっけ、、、6m三滝は淵を泳ぎ左岸を登る。

keiko-Hさん釣れあがる。20年前に西ノ谷で泳いだ記憶はないんだけど、、、谷が深くなった?記憶が抜け落ちてる?

12m折滝は大きく巻くが、この頃から時間切れが気になってくる。
巴滝はまず左岸の巻きの取り付きまで泳ぐ。もう日が傾いているが、巴滝はきれいに巻けて、無事滝上に出る。そこに快適ではないもののなんとか泊まれそうな場所が出てくる。上流を少し見に行くが、良い場所がなさそうなので、ここで泊。夏なので花火を楽しんだ。

沢の流れのすぐ近くにタープを張ったためか、夜が寒くて、お風呂にお湯を張る夢を見た人も!

翌日は、横見滝が待ち構える。左岸巻きで、最後は残置ロープにぶら下がりながら巻き終わる。この巻きは、記憶に残っていた。

夫婦滝は右岸巻き。巻き終わると明るい堰堤へ。堰堤を超えるとパラダイス。ここで泊まりたかったな。この先はナメがきれい。

ここからはしばらく平坦なので、距離を稼いで上流へ
二条滝はショルダーで取りつくものの、難しい滝はなくて、高度を稼いでいく
最後はシャクナゲを超えて頂上直下へ
夕暮れの中、トンボが沢山出迎えてくれました。

わらじ初めての山行で、よく日帰り(前夜は山頂駐車場泊)でこの沢登ったな~ 昔の自分をほめてあげたいと思いました。そして、当時、連れて行ってくれたYさんありがとう。

【投稿者: 禰庵 (ねあん)】

「西ノ谷: 沢泊り体験山行」への3件のフィードバック

  1. ねあんさん、皆様、お世話になり有難うございました。
    水量も多め?で、滝、新緑、ナメ、すべてが美しく、素晴らしい山行でした。
    何だかんだ、ついていくだけで必死。。。(^_^;)
    最後のシャクナゲ超え時点では、太ももが悲鳴をあげていましたが、
    ねあんさんは、”まだまだ行けるよ~”って感じに驚き!!でした!
    またの機会、お手柔らかにお願いします。

  2. 滑の辺りは嬉しすぎてウサギのように跳ねるように遡行して、Yさんを置き去りにして進んで行った想い出があります。若かったですね。

  3. 西ノ谷は、ねあんさんにとって、わらじで初めての谷だったんですねー。
    Yさんとの思い出の谷ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。