台高 大又川 西ノ谷(敗退)

Pocket

いい調子で溯行してたのに…。

メンバー:AKさん、HKさん、小山

日時:9/23(日) 天気:曇り後晴れ

去年行きたかったが叶わなかった西ノ谷。AKさんとHKさんと向かいました。

入渓点。駐車スペースほとんどないっす。

堰堤超えると、伏流です。

しばらく辿ると水が流れ出します。いい感じでテンション上がります。

まだまだ泳ぎの季節!!

ここは左岸から巻きました。

行合も泳いで突破!!滝つぼにささる木が丁度良い塩梅です。

ここは左のバンドを上がりますが、最初上がる時に右足のスタンスが難しい…。

AKさんリードで突破。やっぱ上手いなあ。精進せねば…。

すぐに45m大滝!!

下段を登って、滝つぼに入って対峙します。

吹き付ける爆風に寒くなりカッパ着用。ここは小山リードで突破します。

3ピッチでした。

1ピッチ目。張り出した岩稜を登り、途中から土の箇所へ。スタンス微妙で気が抜けません。ハーケン*1、今にも取れそうな枯れ木*1、立木*1で支点を取りました。

2ピッチ目。樹林帯を抜けます。最初のヤバさよりは幾分かマシ。立木支点*3。

3ピッチ目。ここでやってしまうことに…。立木*1及び、滝横のクラックはカムを決めます。ここのカムはバッチリ決まり気持ち良い。

そのまま直上しますが、何となく引っ掛かりを感じて、カム確認のためにクライムダウン。と、降りたスタンスがガバっと外れ(鋭利だったのでしょう…)、右足の上をゴロン。

激しい痛みを感じましたが、上がらないとどうしようもないので、登り切りました。

河原まで行って確認すると、足裏パックリ、足の甲も深い裂傷。血は止めどなく流れる…。

蛇の目滝までは何とか行きたかったのですが、エスケープ決定。

応急処置をAKさんにして頂きました。情けない、申し訳ない気持ちで一杯になります。

林道に向けて直上。途中立派な仙道あり。蛇の目滝まで続いているのかも?今度探索したい…。何とか林道まで上がり、林道を駐車地まで。

右足なので車の運転出来るかな、と思いましたが、意外にオッケー。

病院行ったら、「傷深いですねえ」⇒足の裏8針、足の甲2針、と相成りました…。

当日、ロキソニンをたまたま持っていたのが良かったと思います(頭痛だけでなく、一般的な痛み止めとして有効)。※今書きながらも、ジンジンきてます…。

今シーズン、もう少し沢行を、と考えてましたが、ちいと無理ですね…。

来年絶対西ノ谷、リベンジすっかんね!!

AKさん、HKさん、ありがとうございました。お世話かけて本当にすみませんでした。

これに懲りずまたご一緒させて下さいね。

報告by小山

「台高 大又川 西ノ谷(敗退)」への4件のフィードバック

  1. 応急処置など適切な判断、大怪我に至らずで良かったです。
    蛇目滝が待っているんで、是非とも、来年リベンジに。

    1. シブさん
      応急セットなんて用意したことすら無かった自分のアホさを良く理解できました。
      もうすぐ抜糸ですが、思いっきり足裏なので、今まで通り歩けるのはもう少し先になりそうです…。

      1. ファーストエイドキッドは、どんな山行でも持って行った方がいいですよ。
        私はそれに、アルミシートやツェルトも必ず持っていくようにしています。
        ヘッデン(替え電池含む)や、非常食(ジフィーズ)なども。

        1. シブさん
          全くもって仰る通りです。怪我したのは災難ですけど、勉強になりました…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。