体験山行 in 戸倉谷

Pocket

アップ、遅くなって、スイマセン。

9月17日(月)、体験山行者1名とわらじ会員5名で、中奥川・戸倉谷に行ってきました!

【日程】2018年9月17日(月)

【場所】台高 中奥川・戸倉谷

【天気】曇り時々晴れ

【メンバー】体験山行者1名、Kさん(新入会)、N地さん、H川さん、サッポロ一番さん、シブ(報告者)

 

連休最終日は、何んとか天気は回復してくれた!

「登攀渓に行きたい」との要望があり、体験山行に戸倉谷をチョイスした。

なかなか頼もしいぞ。

三段20m。

リーダーという口実で、まずリードさせて頂いた後、皆さんに登ってきてもらう。

二番手のN地さん、靭帯や半月板を痛めているとか言いながら、余裕で登ってくる。

滝登りは別??

 

意欲的なんで、体験山行者さんに、回収を振ってみると、

「やってみますっ!」と、即答。

落ちて行ったものがあるようだが、

その意欲はハーケン1枚より大切!(泣)

 

 

 

その上のナメ滝。

新人のH川さん。毎週のように沢に行っていて、経験値をどんどん上げて行っている。

 

 

 

左岸に枝沢を見た後の25mは裏見になっている。

好例?潜って、右岸を巻く。

そうして、ハイライトのV字滝の登場!

 

 

 

各自、下段をフリーで登って行き、上段滝の前に立つ。

 

ここは、わらじの新星、Kさんにリードを任せてみる。

直登はシャワーがキツいので、右岸のバンドから滝身へ出るラインで。

 

 

 

スタンスの悪い所もあるだが、全く危なげのないリードでした。

みなさんも、問題なく登ってきた。

 

 

 

この上で吊り橋を頭上に見送り、ラスト25mも、再びKさんにリードを委ねることにした。

落石多い岩溝が取り付き。

上部は水流を潜って、左側を登る。Kさん、これも楽勝のリードだった。

この滝の上で河原となり、お昼休憩後、下山へ。

 

 

 

吊り橋を渡って、モノレール道から下山。

6名だったが、皆さん登れたので、あっという間に終わってしまった。

 

私が入会して間もない頃、わらじの先輩たちに連れて行ってもらったのが、

戸倉谷。

今年は、モチベーションの高いメンバーが続々入って来てくれている。

これからの大阪わらじの会が楽しみだ。

 

 

 

投稿者: シブ

2003年12月大阪わらじの会入会

「体験山行 in 戸倉谷」への5件のフィードバック

  1. ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    恐い~。写真だけで足がすくんじゃった…。

    1. 10月になったら、また、癒し渓の企画もやるんで、
      その時には是非!
      次は滝なんて登らない、もっとマイルドなのを考えておきます。

  2. 経験不足の身にもかかわらずあえて素直な感想を言えば、仰ることは非常によく分かります。
    そして、大滝を登攀の対象と見ない限り、ルートは見えてこないと思っていましたので、滝の登攀は場数、という言葉は非常に腑に落ちています。
    自分の中でやりたいことは明確なので、今後は、その場数を踏みたいと思います。引き続き、よろしくお願いします。

  3. 入会早速リードをやらせて頂けて、嬉しかったです。今までなら巻いていた滝にもよく観察すると登攀のルートがあることがわかり、勉強になりました。
    またお願いします!

    1. KM2さんは、リードする意欲も、その力もありますから。

      色んな所を登ってくると、そこを登ったという話を聞かなくても、
      別に登れそうなラインが見えてきたりします。
      未登というのは大袈裟かもしれなもしれないけど、
      みんなはここを登っているけど、あそこも登れるやん?みたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。