水. 11月 20th, 2019

5 thoughts on “往古川久瀬谷左股(大滝入門)

  1. KM2さん、レポアップお疲れ様~!
    登攀される姿は全然安定していました。
    沢経験は勿論、日々ジムでクライミングを鍛練されていていて感心です。
    私がわらじに入った頃は「ジムで登れても、沢(滝)では登れへんで!」なんて、
    言われてましたが、こういうことがスタンダードになりつつあるようです。
    他にも大滝を志すメンバーがいるので、どんどん企画し、登って行ってください!

    1. 早速コメントありがとうございます。
      ジム練は、特に垂壁、スラブ壁のムーブは沢にそのまま使えるような気がしています。また、どっかぶり壁も、ムーブそのものは使えないものの、そこで鍛えた体幹は大岩の乗り越しなどで使える気がします。
      といいつつ、実戦を重ねないとお話にならないので、大滝登攀にご一緒いただける方(ご指導いただくことになると思いますが、、)はぜひお願いしたいです。

  2. ブログ投稿バッチシっすね。シブ隊長語録も増えてヨカッタですw。
    大滝登攀スゴイっ

    1. 名塩住民さま
      手取り足取り教えていただいたおかげで何とか無事アップできました。ありがとうございました。
      語録については、今まで、山を始めた当初を除き、沢について教えてくれる人というのはいなかったので、経験豊かなシブ隊長の言葉を丁寧に拾っておこうと思っています。

      1. 手取り足取り、というのは言い過ぎのような気がしなくもないですが、ブログのほうでも盛り上げてってくだせーまし。KM2さんの丁寧な拾い上げの後、語録集を出版できる、日が、来ないとも限らない、説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です