往古川 ホクラ谷 大滝登攀

Pocket

3月24日(日) 曇り時々晴れ

メンバー
シブちゃん、ツトムクルーズ

約1ヶ月前、シブちゃんからメンバー募集の矢文が飛んでくる。

まだ寒いのか、忙しいのか?シーズン始めで同行者が見つからないようだ。大滝登攀と聞いて、アッシは蚊帳の外と思っていたが、小学生の頃、教室の隅から小さく手を挙げる子を真似て、弱々しく参加表明してみた。

「カモン・ウィズ・ミー」とは言わないが、「来てもらえれば助かります」とシブちゃん。
「あれれ、エライコッチャ!」と狼狽える私。
と言う訳で、恐れ多くも大滝登攀に行く事とあいなりました。

道の駅海山で朝7時に合流。
2台でホクラ谷出会近くの駐車地まで移動、約10分位で到着。
(メチャ、近いやん!)
しかし、昨夜からの冷え込みがハンパなく、かなり寒い。
(なんとか気温よ上がってくれ〜)

さて、一応、今年の沢登り解禁です。

大滝登攀スタイル、完全武装のシブちゃん。
(ヘルメットがおニューになってる)
オフシーズンにガチャ類を買い込み、使えもしないのにブラ下げる嬉しがりのミーハーおやじ。
(これがのちの回収作業にメチャクチャ邪魔になるのだが、そんなことは露知らず)

駐車地から渇水中の往古川に降り、対岸のホクラ谷出会いへ。

滝までは1時間足らず、こんな感じで登って行きました。

水は少なく、濡れなくて良かったです。

滝登攀中。

おっと、ツトムクルーズ、なれない手付きで回収作業。

 

割とカッコいいーやん!

なんちゃってクライマー変身中。

 

全部で3ピッチ+チョビッとフリーをシブちゃんのリードで登ったと思います。

あまり停滞する事もなく、快適に登っていたようです。(何か独り言を言ってたが意味分からず…..?)

わたしも全体にスラブ壁で傾斜もあまりキツくなかったので、なんとかついて行く事が出来ました。

それでも、2ピッチ目、滝で手を濡らしてしまい、指先がジンジンして回収作業ナミダナミダでした。(なぜか、使ってもないのに自前のハーケンを一枚落としてしまう。余分な物を持ってくるからやー)

 

 

滝を抜けるとナメ床となっており、ここで終了&ランチ。

お昼前になると気温も上昇してかなり快適、春爛漫。

今回、シダ類が多いのが印象的でした。(さすがー、南紀)

 

下山してからも、シブちゃんの山座同定&ガイドがありラッキーでした。

また、来たいなー南紀の沢登り!

今シーズンもヨロシク〜ー〜!!

 

 

「往古川 ホクラ谷 大滝登攀」への2件のフィードバック

  1. 毎回、面白いレポ有難うございます!

    ヌルヌルの前評判通りでしたが、寒さもあって、極力、水流避けたラインを
    いくと、それ程、気にならなかったですね。
    意外とクリーンなスラブ・クライミングが楽しめました。
    また、お付き合いお願いします!

    1. いつも、いろんな沢に誘ってもらって、有難うございます。
      参加表明したものの、足でまといになるのでは?とヒヤヒヤもんでした。
      なんとか、ギヤを落とさずに回収出来たので、良かったです。
      もう少し回収しやすいように、装備改善の余地アリですね。(頭バリかき)
      私で良ければ、いつでもお供しますので、宜しくです。

      僕の落とした、ハーケン。
      下山時、滝のテラスまで回収しに回り道してもらって、有難うございました。
      少し、うるっと。(おっさんは涙もろい)
      また、気の緩みか?終了時点でギアを外してザックに入れてしまい、とっさのアクシデントに対応出来ませんでした。
      この失敗を機会に気を引き締めたいと思います。

      シブちゃんSAYS
      「私、残置はしませんから」ドクターX風。
      ツトムクルーズaction
      「は、はーあ」水戸黄門下手人風。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。