須留ヶ峰 千葉渓谷

Pocket

4月21日(日)曇りのち晴れ

メンバー
A木さん、小山さん、ツトムクルーズ

 

ハロー、エブリィワン。

リンリンリリン、リンリンリリンリン、リンリンリリン、アドレナリン! 〈リピート2回〉(みなさん合唱)

ウァーオ!

明日は 沢登りだから。
今日の晩酌、最後だよ。
足の震えを抑えつつ、俺はハンドル回したよ。
走る県道ナンバー006。

ワァーオ!ハロー!

 

春爛漫です。
鼻唄、全開です。

今回、リーダーのA木さんがチョイスしてくれた、須留ヶ峰の千葉渓谷に行って来ました。

最初は、八木川不動谷に行く計画でしたが、まだ残雪があるかも、寒いかも?との予想で、今回のこの遡行となりました。

アッシは、この山域が初めてで、ワクワク度マックス。

そして、まあ、3人で今期の沢の足慣らし、和気藹々と登って楽しめれば?との舐めた考えだったのですがいかに?

まずは、集合場所サイドの須留ヶ峰登山口近くから入渓しました。

思っていたよりも水量も豊富で、水温もあまり低くなく、これは楽しめそうだぞって感じでした。

今年の初沢登りの小山さん、去年ご一緒した時と同様に果敢に水際を攻めます。

チョイスしたおニューのフェルト底の沢ぐつと水際チャレンジャーのキャラクターがマッチし、まるで半魚人のようです。

A木さん、こちらはラバー底に手製の塩化ビニール製のワラジ、うーん、渋い!

そして、ツトムクルーズ。あまり、水に入りたくないのでラバー底セレクト。

本日のメンバーを考えると選択を間違えたような?

しばらく遡行し、横切る林道を越えた辺りに、出現した小滝。

小山さん、戦闘態勢。

リードでシャワークライムです。

「えーっ?まだ時期尚早やで」とツトムクルーズ。

見事に突破して行きます。

セカンド、A木さん。反対側から、あまり濡れずにサラリと通過。

 

残るオッサン、一人。

A木さんの様に右側から登れないので、まずはシャワーをくぐり左側に。

この時点でかなり水を浴びる。

ビビりながら何手か出すも、ラバーソールのせいか、とろくさいのか?つるりと滑り落ちて滝壺にドボン。

今年の初ミソギの洗礼を浴びました。

ネオプレーン系を着てなかったので、寒さにビビりました。

 

楽しく遡行し、現れた中滝。(ツトムクルーズの勝手なグレーディング)

下から見ると蓮爆になっているような?左右に曲がっててよく見えません。

「ここは巻いていきますか?」と意見一致。

巻き始めてすぐの事。

小山さんの動きに異変が!

「巻きは嫌いジャー。フェルトが滑るーぅ。」

俊敏な半魚人的な動きから、油ぎれのロボットの様な動きに。

そして、巻いても巻いても現れる滝に、かなりの高巻きを強要され、我々みんな、かなり消耗しました。

なんとかA木さんの先導で無事クリアー。

 

ここからは小山さんステージ、元気ハツラツな彼の後を追っ駆けて遡行、良さげな場所でランチタイム。

が、しかし、ザックを探りまくるツトムクルーズ。

「無いー、無い、弁当忘れたー、( ̄◇ ̄;)」

頭の中では、美味しく、パクパクとセブンイレブン製の小弁当&オニギリを食べてるアッシが連想されますが、それは夢のまた夢。

俺様の昼メシは、マイカーの中で腐る➕ing。

A木さん、小山さんの好意に甘え、カレーパンとオニギリを恵んで貰い、なんとか危機を凌ぐ事が出来ました。

「暖かいお心遣い、値千金の思し召し、本当に有難うございました」

 

ランチタイムの会話より。

小山さん呟く「やっぱり、沢登りはピークまで詰めての沢登りやなーぁ」

A木さん、いつもの笑顔。

ツトムクルーズ「やっぱり、そうですねー」

返事だけは、勇ましいが内心「うそー、後、何メーター山頂まであるの?傾斜キツイやろなー?エライこっちゃ」

こうして、小山さんの「男ならやるしか無い、行くぞー」の号令とともに、山頂を目指すこととなりました。

そのうち、沢の水も枯れて、傾斜もキツくなります。

この頃からA木さんを除く、2名がやたら高度を気にし始めます。

登っても登っても上がらない高度計&消耗する体力。

ツトムクルーズ、疲れマックス、小山さんもフェルト底の取り回しに苦労し疲れています。

唯一、A木さん。

水晶の含まれる石を見つけ、子供達のおみやげにとポケットにしまう優しさ。

いやー、感動しました。

わたくしは、少しでも軽量化したくて、なんか捨てれるものはないかと考えていた折、こんな仙人の様な人に導かれて登っているーぅ。

力がチョビッと湧いて来ました。(ほんまかいな?)

そして、ボロボロになりながら、イエローサブマリン3名、ピンポイントに山頂に浮上しました。(いやー、長かった)

あまり羨望は無かったけど、みんなで健闘を讃え合いました。

 

下山時、北側の尾根を下ったのですが、これが結構、傾斜がキツく、壊れかけの2名、カクカクとからくり人形の様な動きで、転倒を繰り返しながら、なんとか下山完了しました。

いやー、最初の予想を裏切り、結構、濃縮された山行となりました。

次回は、もう少し半魚人化して臨みますので、懲りずにお誘いくだされ〜!

 

 

「須留ヶ峰 千葉渓谷」への6件のフィードバック

  1. 皆様がた
    いやあ、中々厳しい沢登りでしたね!!
    連瀑帯、登れる感じの滝ではないように思えましたので捲きましたが、直登トライし、山頂まで
    行っていたら恐らく日がとっぷり暮れていたと思いますデス

    1. >小山さん

      今回は、最初になめてかかってたので、シッペ返しをくらった感じです。

      山頂への詰め、真夏だったら干からびて、百舌鳥の備蓄餌として、木の枝に刺されてた気がします。(オヤジは不味くて喰えず?)

      次回も楽しみにしてます!

  2. 千葉渓谷、どこやねん?って感じでしたが、
    勉強不足でした。

    連滝帯を攻めたらもっと楽しめたんでしょうね。

    1. >シブさん

      兵庫県大屋町、仕事でもこの辺りを走ったことありませんでした。
      でも、下山時に使った、尾根道の途中に廃墟になった神社があり、青木さんに聞くと昔、鉱山があったみたいです。
      少しは栄えていたのかな?近くの村落には、自動販売機もあまりなかったのですが。

      みなさんに沢登りライフ満喫させて貰ってます。
      今シーズンもヨロシクお願いします!

  3. いつも素敵な山行記録をニヤニヤしながら読んでます。
    お疲れ様でした。

    1. >KM2さん

      ありがとうございます。

      また、機会があればご一緒してくださいね。

      最近、水際攻めてなかったので、ラバーソールに浮気してたのですが、ヌルヌルの小滝で滑り落ちて、フェルト靴に詫びを入れてます。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。