舟ノ川・三ツ嵓谷

5月11~12日、絶好の天候の元、一人で舟ノ川・三ツ嵓谷に行ってきました!

最高のキャンプサイト~~^^v

【日程】2019年5月11~12日

【メンバー】シブ

【場所】大峰 舟ノ川・三ツ嵓谷

【天気】快晴/晴れ後曇り

 

三ツ嵓谷に行ったのは、遥か昔のこと。わらじに入会する以前、2003年。

今回は我儘言って、一人で行ってみることに。

 

出合に掛かる斜滝。

実は4月末にも行ってみたのだが、寒さを言い訳に敗退。

その時は、ザックを滝下に置いてけぼりにするというヘマをやらかしてしまいました。

今回は背負って、フリーで。1分足らずで通過。

 

斜滝10m。

6m。

三段10mで、懸垂下降した以外は、フリーや小巻きなどで幸いザイルの出番はありませんでした。

 

20m。

ここで今回初めて、Z法(単独登攀システム)を。

登って、下って、登り返して、「ふぅ~」と、一息つこうとした所、

「あれっ?」。細引き束ねたカラビナがチムニー下に落ちている??

もう一度、下って登り返すというハプニング。。。

 

美滝15m。

その上15m。

二段13m。

一に安全、二に安全。三はスピードという感じでルートを選択。

 

その後は快調に行って、二条40mの登場!!

ここもザイルの出番なく、通過することができました。

「ほっ!」。

 

お昼過ぎには60m大滝の前にこれたのですが、折角なので、

大滝前でツェルトを張ることにしました。

晴天続きで焚火も容易に。

焚火に大滝に三ツ嵓の大岩壁という極上の風景をアテに、ウイスキーを煽ります~~U(*^^*)。ほんま、最高ーー!

 

翌朝はゆっくり7時前に出発し、核心の二段60m大滝へ。

バンドをZ法でトラバースし、一段目頭へ。

二段目を見上げると確かに登れそう。でも、単独登攀する勇気はなく、再びZ法で右岸へトラバース。

二段目を右岸側から。

ブッシュを漕いで高度を上げた所で、ギブアップ。

ここでメンタルが尽きてしまいました。後、1ピッチのはずなんですが。。

再びZ法で引き返し、滝下に戻りました。

(その時間あれば登れただろうにと思いながら、、、)。

 

今度はルンゼから高巻くことに。

途中、CSが引っ掛かっていますが、ザック荷揚げで何とかフリーで通過。。

 

大滝上は、ただただ穏やかな平流。

ここで、無事に帰れることを確信し、二又で中尾に向かって山腹をトラバース

。フェルトで何度も転げながら、湯ノ又に下山しました。

今回の三ツ嵓谷単独行は天気も良かったし、温かったし、水も少なかったしで、

文句のつけようのないコンディションに恵まれ、無事に下山することができました。

すべてに感謝!!

 

 

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。