紅葉と焚火山行(2019年)

毎年、この時期に紅葉と焚火を楽しむ山行を企画している。

今回は、大峰の某谷へ。

大峰の奥地、そこには桃源郷が待っていた。

【日程】2019年11月16日(土)~17日(日)

【場所】大峰 T川・奥八人谷左又~K谷上流部

【天気】快晴(16、17日)

【メンバー】SANA、O石、シブ(記)&コージ

 

 

国土地理院の二万五千分の一地形図を眺めていて、きっと紅葉がきれいな場所に違いない、

焚火山行にうってつけと思っていた。

会員たちに募集したところ、SANAちゃんと、今年入会したばかりのO石さんから参加表明。

二人とも今回が谷泊・焚火山行が初めてとのことだった。

 

駐車場から、いざ、出発!

 

夢水さんから教えてもらった仕事道で、ゴルジュをカットし夫婦滝まで向かう。

左岸にあるこの道は、知る人ぞ知る道。

尾根に登り出て、一旦、ホホゴヤ谷に降りる。対岸の尾根に再び登ると、仕事道の続きを

見付ける。時折、不明瞭となり外すこともあったが、おおむね順調に奥八人谷出合へ。

 

 

出合の20mを高巻いて、奥八人谷に入る。

ゴーロ主体の癒し渓だが、白い岩肌が美しい。

辺りは自然林で、木々が黄色や赤に色付いている。

 

 

 

左又を詰めて尾根に登り出て、K谷上流部に降り立つ。

二又には、広大な台地があって、幕営には最適だ。薪もふんだんにある。

あっという間に火が熾り、沢で冷やしたビールで乾杯!この瞬間を待ってましたぁ~。

今回は百均で買った中華鍋を持って来ていて、チャプチェや味噌炒め、

チャーハンを振る舞った。

沢談義に花を咲かせている内に、いつしか辺りは暗くなり、見上げると

木々の合間から星々が瞬いていた。

 

 

 

            

 

 

 

翌朝は、ゆっくり6時に起きて、朝食を摂った後、8時に出発。

夫婦滝までそのまま谷を下るが、ナメや小滝が出てきて、いいところだ。

ゴルジュだけしかみないのは、勿体ないな~。

 

 

 

奥八人谷出合から、左岸の仕事道に上がるが、途中でやはり道を外してしまったりしながら、

駐車地に昼過ぎに戻ってきた。

 

尾根歩きも全然平気、愉しんでついてきてくれたし・・・

ゴルジュや大滝ばかりが沢じゃない、こんな遊び方もある。

でも、来シーズンは、お二人にゴルジュや大滝にもお付き合いしてもらえたらなと

密かに期待したりもしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Click to rate this post!
[Total: 2 Average: 5]

2件のコメント

  1. まーち

    体験山行から会に入って初めての山行♪
    事前に聞いた情報からなんとなくルートを調べていたけど、これだけ登山道のないルートを進むとは思ってなかったので面白かったです笑
    久しぶりに地形図真剣に眺めれてよかったし、ルーティング等々、いろいろ勉強になりました。

    二日間とも空は青く紅葉も綺麗でほんまいい山でした。
    シブさん、コージさん、ありがとうございました~

    みなさん、今後ともよろしくお願いします。

    • 初めての焚火&山行、楽しんでくれたようで何よりです。
      読図もばっちり、悪い斜面の歩行も慣れているようで、
      まーちさんは即戦力ですよね。
      もう寒いので、水と戯れる、沢登り本来の楽しみ方はできませんが、
      来シーズンは泳いだりシャワクラしたりと思いっ切り弾けた山行も
      楽しんで下さい~。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。