2021/07/18 比良 八幡谷

メンバー  カズレーザー(new name)、NSさん(ニックネーム考えなきゃ?!)、会外からTD&TDさんお二人、ツトムクルーズ。


やっと梅雨明け宣言も出たぞーい!!

夏全開モード突入〜〜〜かと思いきや、最初、第一候補に上げていた沢は紀伊半島南部の天気が悪く、急きょ比較的天候良さげな比良方面に変更となった。
まあ楽しけりゃ、あんまり場所にはこだわらない方なので・・・それに比良山域はあんまり行ってないのでチョビっと興味もあったりして。


国道から八幡谷沿いに少し入った堰堤手前のスペースに車を駐めて入渓しました。
ここから見える水量はなんだか乏しく、期待感はなんだかしぼみ気味。
まあ、「行くっきゃないかー」と気を取り直し遡行開始です。

 

堰堤を超えるのも階段があって楽勝です。しかし、オッサンの息は早くも上がり気味?

ほんとに小川みたいで”のほほ~ん”な感じでしょ?

しばらくは癒やし渓、単調な渓相が続きます。

あまりのなごみ渓に飽きてきた頃、小滝が現れ始めました。

この後は、小滝ラッシュに入ります。みなさんテンションを上げてバンバン行きます!

小滝と会話中のカズレーザーさん、いっぱい友達になれた?

おらよっと!TDさん、カッコいい!!

今年、入会のNSさん。恐るべき潜在能力。年齢からは想像つきません。パワフル&テクニカル!

TDさん小滝と格闘中!ナイスファイトにアッシはシビレました。

ここはロープを出して行きました。ハーケンをカキンカキン中のカズレーザーさん。

アッシの写真も載っけ!オッサンもガンバ中。

 

直登出来る滝(小滝)も多く、結構楽しめました。

武奈ヶ岳ピーク約70m下の稜線に詰め上がり、カズレーザーさんとNSさんはザックを降ろして空身でピークハントに。ガスまんちっくりんで羨望は無かったとの事です。(残念)

だた、休憩出来るぞーと目論んだアダルト軍団は大量のブヨの襲撃にあい、一緒に付いて行った方が良かったかも???と後悔か?

この時期はブヨ対策必須かも?(半分くらい下山して追撃から、やっと開放されました)

下山は左岸側の尾根(登山道?)を使い快適に下ることが出来ました。(アッシは最後尾でヨレヨレだったけど)

「一緒に沢登り行きましょう!」とのTDさん達との約束も果たせ、有意義な一日となりました。

みなさん、また、よろしくお願いします!(ツトムクルーズ)

 

追記、なんとかのジョニー(名前忘れた)、今回、アッシだけ使ったけど、いつもヤラれるヒルヨ&ヒルオやられてませんでした。皆さんやられたり、くっつかれたりしてたけど。結構、効くんやなー(実感)因みに、ブヨ野郎には3発被弾しました。(涙)ウッス!!

 

 

 

 

Click to rate this post!
[Total: 3 Average: 5]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。