鈴鹿 蛇谷

Pocket

先月はKMさん、IKさん、かみむーさん、HJさんと総勢5名で

蛇谷に出かけた。
今回は、ひょんなことから思い立ち急に蛇谷に行くことにした。
余りに急だったので、結果的に単独になってしまった。
場所:鈴鹿 蛇谷
日時:'15年10月18日(日)
天気:雲一つない快晴!!
メンバー:小山(単独)
宇賀渓の駐車場から林道歩きでスタート。
今回は、魚止滝の直登をするつもりだったので、早めに川に降りて
魚止滝に対峙する。

日本全国、魚止滝は数あれど、この宇賀渓の魚止滝は、
魚止滝の中の魚止滝だと思う(意味不明)。
いきなり腰上まで浸かり、左岸から登攀を開始。
ちょっと回り込む感じになってしまったが、何とか上がり、上流へ。

だいたいゴルジュ風の渓相。
やがて最初の難関(?)。

大岩の右側をせり上がる。
「あれ?前回どうやって上がったっけ?」しばし逡巡し、ようやく
取りつき無事突破。
やがて左側、宇賀川本流にかかる「燕滝」へ到着。

綺麗だなあ。目指す蛇谷は正面。出合の滝は左岸から上がり、
上流の13m滝は右岸から。木の根が良いホールドを提供してくれるので、
比較的容易に上がれる。

落ち口から。
上流に少し登ると、登山道と出合い、その上流に五階滝。

ここは左岸から直登。滝壺で、一瞬泳ぎになってしまった。寒い…。

エメラルドグリーン水面を見ているだけで心地よい。

このCS滝も直登。ホールド豊富で容易。
やがて4連の滝。前回は、KMさんにロープを張ってもらったが、今回は
もちフリー。

右岸を直登。高度感あるが、ホールドは豊富。突破するとその上も滝。

ここも右岸を直登。緊張するけれど、何とか突破。
しばらく進むと、先行パーティが直登中だった。
前回、かみむーさんと私のみあっさり右岸から巻いたが、今回も巻いた。

ゴルジュ内の、登れない滝手前の淵。光が差し込み美しい。

トイ状の滝。こういう形態の滝がこの谷には多いと思う。

ここは右岸巻き。

なんの実だろうか?鮮やかなピンク色だった。

大分早かったが(10:30)、この滝前で昼食。
ここは右岸から巻いた。

今回は水量も少ない。
ずんずん進む。特に難所も無く、どんどん高度を上げる。

もうすぐ山頂だ。頑張るぞ!!
今回は、最後まで水線を詰めてみた。
やがて登山道に出合う。

このプロムナードは本当に素晴らしい。
山頂に到着!!

山頂広場は大勢のハイカーで賑わっていた。

眺望もバツグン。右下に見えるのは出発点の宇賀渓駐車場。
下山は、前回の中道登山道ではなく、金山尾根を選択した。
道としては、中道よりも全般的に歩き易いと思う。
この選択は非常に良かった。というのも、金山尾根道で下山中。
男女4人パーティを追い抜き、歩きのペースを更に上げようかな、としていた
時に、後ろから、ザザザザッ!という音と、「ウワーッ」という声が聞こえた。
振り向くと、男性が滑落していくではないか。更に助けようと女性が頭から
滑り落ちていく。
なす術ないが、木を掴め!!と皆で声を上げた。幸いにも細い木が2本あり
そこで滑落は止まったが、ショックもあるのか、動けない状況。皆さんは
普通の登山なのでロープ類も当然ない。
今回はロープ持参はしていなかったが、スリングが4本あった(通常は2本しか
持っていかないが、何故か更に2本あった)。
これを連結し、何とかぎりぎり届き、これに掴まり皆さん事なきを得た。
とは言え男性は眼鏡を落とし、顔には何か所か擦り傷があった。
不思議な巡り合わせなのかもしれない。
当日は、長尾滝を見て帰りたい気持ちもあり、中道か金山尾根かでちょっと
迷っていた(長尾滝へ行くなら中道)。
結果的に金山尾根を選択し、これが良かった、ということになる。
なぜスリングをいつもより更に2本積み増していたのかも
良くわからないのだが。
男性によると、崖側の木に手をかけて若干寄りかかり気味になってしまった
とのこと。これは沢でも同じと思う。巻きなどで、木を頼りにすることも
多い。腐っている場合もあり、見極めを慎重に行う必要があるだろう。
色々あったが、今年最後の溯行(来週以降、沢以外の別予定が目白押し…)は
存分に楽しめた。
コースタイム:宇賀渓駐車場(7:30) – 魚止滝(7:55) – 竜ケ岳山頂(12:10) 
                     山頂出発(12:30) – 宇賀渓駐車場(14:05)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。