南紀 菅原谷遡行-栂谷下降

遡行日:2021.11.28

メンバー:Segawaさん、Wadaさん、ツトムクルーズさん、イトーミサ

 

*****

 

南紀の地図をにらめっこしていると、大雲取山ふもと栂谷の北側に、並行して2本、名前の分からない谷を見つけました。Segawaさんに検索をかけてみましたところ、一本は菅原谷、もう一本は不明とのこと、菅原谷はネット上での遡行記録もないという事で行先決定。時間を見ながら尾根を越し、帰路は栂谷をという贅沢メニューです。

菅原谷は古の痕跡漂う谷でした。入渓点から1㎞ほどは、取水管も走っていたでしょうか。沢の両サイドには石積みが多く残り、田んぼや民家の痕跡が続きます。立派な亀甲型の炭焼き窯痕も。水はきれい、うつくしいチャート黒岩に、基本はこわくないナメ。一本堂々とした滝がありましたが高巻き可能。魚、キノコはなし。

下降に栂谷をつかいましたが、この谷が人気な理由はよく分かりました。見所、メリハリがある。明るくきれいなところです。

わたしにとっての今回一番の収穫は、情報なしの沢に行けたことそのものです。里から近い谷ということもあり、親に内緒で川伝いに探検に行ったような懐かしい気分でした。

 

以下、写真(ツトムさん提供)とともに。

 

****

 

するする入渓

 

 

 

いつまで集落があったのだろう。むしろWadaさんが、地元の人にみえます。

 

 

 

冬でもSegawaさんはよく浸かります。

 

 

 

岩もうごいています。

 

 

 

明るく、大丈夫なナメ床がつづきます。南紀らしいと皆さんが言っている。

 

 

 

核心。ナントカの滝。左岸を巻きます。

 

 

 

適当な支流を詰めて、栂谷へ向かいます。上部は植林倒木でスコスコ。上がりにくかった。

 

 

 

栂谷のこの大木のところに下りました。杉の株が幾つも別れ、真上にのび。。信じがたい大きさです。

 

 

 

うつくしいナメと、ゴーロを下降します。時折振り返り、遡行するときの景色の見え方を見比べると、

栂谷は、下降しながら見る景色の方がうつくしいような気がしました。が、いつも今の状況が最高と思いたいだけかも?

 

 

 

圧巻のヤケベ岩。カナダにでも来てしまったのかと。

 

 

 

 

足跡

Click to rate this post!
[Total: 5 Average: 4.8]

3件のコメント

  1. 茂木です。楽しそうですね。栂谷にあんな木があるの知らなかったなぁ

  2. 茂木です。楽しそうですね。栂谷にあんな木があるの知らなかったなぁ

    • イトー ミサ

      不意に現れた分、なおさら驚かされました。またご一緒しましょう。

イトー ミサ へ返信する キャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。