三ノ公川周遊─馬ノ鞍谷からキノコ股谷へ

Pocket

 いよいよ沢シーズンも終盤が近づき、ここで気楽な焚火山行を企画してみました。
 
 明神谷の馬ノ鞍谷を溯行し、キノコ股谷のヒクタワ谷を下降するという三之公川周遊プラン。キノコ股谷二又付近には素敵なテン場があって、そこで焚火を楽しもうという計画です。この界隈、紅葉も綺麗で、あわよくば・・・・この時期に谷中泊を楽しもうというというにはお勧めの場所です。
 
 今年、私たちの企画に熱心に手を挙げてくれた新人のHさんがこれに参加。Hさんには、初めての谷中泊デビューとなりました。
 
 
 
        二ノ滝にて。
        入谷は林道終点からしました。明神滝を遊歩道を巻き越えると、
        この滝が現れます。私は左岸、コージとHさんは右岸から巻きました。
 
 
              カクシ平谷に掛かる滝。
              間違って入ってしまい、この滝を見て間違いに気付き
              引き返しました。
              でも、見れたのはもうけものですね。
 
 
 
         二条滝。
         イリハシ谷出合の、馬ノ鞍谷に掛かる滝。『秘瀑』の写真が載っていますね。
 
 
 
三段25m大滝。
直登できますが、シャワーになるので、引き換えして左岸を巻きました。
   以前来た時にも、手前の倒木はあった記憶があります。
 
 
馬ノ鞍谷右又12m滝。
左岸から巻きました。
 
 
源流連滝帯。
谷型が消えると、自然に台高主稜に導かれ綺麗な詰めです。
 
 
 
地池越から台高主稜を離れ、谷を下降しました。
最初は擂鉢状にナメが続き、谷床に降りるところがちょっと気を遣いました。
二又で幕営する予定でしたが、ヒクタワ谷出合付近にも素敵なテン場があって、
ここで焚火を楽しむことにしました。
 
 
ヒクタワ谷25m滝。
この滝を左岸から巻き降りると二又です。
キノコ股谷にはこの先にちょっとしたゴルジュがありますが、
巻道が整備?されているので下るのは容易です。
 
 
 テン場から林道終点までは二時間程度で到着。
この日は天皇皇后両陛下が川上村に来られ、帰る途中でお目にかかるという幸運にも恵まれました。
          
 
 

投稿者: シブ

2003年12月大阪わらじの会入会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。