奥高野 神納川三田谷上西谷

Pocket

 沢シーズン最後の連休である、文化の日の三連休。
天気は雨で、滝登りは却下。最終日は回復してくれそうなので、紅葉狩りに、奥高野の谷に行ってみることにしました。
 
 場所は、神納川の三田谷。私は溯行10号の古い記録で知ったのですが、今はガイドブックにも紹介されているようで、溯行者のみならず釣り人も多く入谷されているようです。それど、下山に利用した伯母子岳登山道は、あの人気の熊野古道の一部で、今回、10~20人のパーティ二組とすれ違いました。
 
 
 
         三田谷本谷。
        二時間程度退屈な川原歩きが続くらしいが、屈曲したところで、淵が小滝が掛かり、
        思ったほど退屈しなかった。
 
 
         上西谷に入って、最初の滝らしい滝。
         直登できそうだが、寒いので右岸を巻く。その上でゴルジュとなる。
 
 
               トユ状7m滝。
               これもシャワーすれば登れそうだが、右岸から巻く。
              脆い箇所があったので、ザイルを出した。上西谷で唯一ザイルを使った。
              回収する時に、カラビナを下に落としてしまい、クライムダウンして、
              二度も登るハメになった。
 
 
               トユ状滝上の4m滝上に巻き降りる。
               
 
         ゴルジュを抜けると、美しい連滝帯となる。
         ただ、この連滝帯の先でとある滝をフリーで登ろうとした時に落ちてしまい、
        夫婦グエ谷で痛めていた尾骶骨を更にブツけてしまう。しばらくは、呼吸もできんほど痛かった。。
 
 
               私(シブ)は右側を、コージは左側を直登。
               乗り込むと、お尻が痛む~。
 
 
               8m滝。
               左岸を安易に巻き、ばっちし頭へ。巻きすぎると、あかんかも?
               この先に、二段8mの巻くと面倒臭そうな滝があり、
               下段は直登し、上部は左から小さく巻いたのがあったが写真に撮ってない。
 
 
 
         上流部は小滝が出てくる程度らしい。
         お尻が痛いし、ビショ濡れて寒かったので、途中で尾根に逃げて、登山道へ。
         紅葉が綺麗~~!
 
         下山道は超快適高速道路で、非常に歩き易かった!
 
 
 

投稿者: シブ

2003年12月大阪わらじの会入会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。