台高 蓮川千石谷~赤滝谷溯行

Pocket

                赤滝30m。谷の名の言われでもある。
                チャレンジしなかったが、直登可能かもしれない。
 
 
 
 10月の三連休。今年最後の黒部行きのチャンスだったが、台風接近の為断念。紀伊半島でも、比較的影響が受けにくそうな台高北部にある蓮川の千石谷赤滝谷に谷中一泊で行くことにしました。
 
 
【日程】  2014年10月11~12日 谷中一泊
【場所】  台高 蓮川・千石谷赤滝谷
【メンバー】  シブ&コージ
【地形図】  「七日市」「大豆生」
【天候】  曇り(11日)、 曇り。稜線は強風とガス(12日)
 
 軽自動車では不安だったが、ヌタハラ谷に掛かる橋まで乗り入れることができた。少しばかり歩くと奥ノ平出合に到着し、そこから斜面を下って、堰堤を越えたところで入谷。
 
 しばらくは退屈な河原とゴーロが続くが、次第に巨岩が谷を埋めるようになってきて、その合間を縫って進む。大岩を抉って流れる面白い滝あって、思わず足を止める。今まで色んな滝を見てきたが、こんな滝は初めてだ。二段8m滝は右側を荷揚げして越える。二条の岩間滝10mは荷揚げし、真ん中にあるフレーク状の岩の上に乗り、そこからマントリングで突破した。
 
 

 面白い造形をした大岩滝。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この岩間10m滝は中央の岩(写真には映っていない)からマントリングで越える。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 巨岩帯を抜けると河原となり、左岸に30mほどの滝が掛かるのが見上げられる。井戸谷に掛かる滝だ。傍には家ほどの巨岩が横たわり、マットを持ってきたらボルダリングを楽しめたかもしれない。ボルダリングスポットとしても知られる蓮川最奥部にある千石谷。この谷には他にもボルダー大喜びの大岩が転がっているのだが、如何せん、アプローチに問題がある。
 
 
 堰堤を二つ越えると、右岸から20m、30mの滝が続いて姿を見せて河原歩きの退屈さをしのいでくれる。30m滝を見送ると、両岸が迫ってきて、いよいよゴルジュへ突入する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 最初の小滝を何気なく通過すると、釜を持った5m滝が現れる。泳いでシャワーなら突破できそうだが、寒いので左岸の岩場から巻くことにした。その上の小滝を越えたところで、谷に復帰する。
 
 5m滝を越えると、右岸から滝を掛ける枝沢が入るが、この沢を下山時に下ることになるとは、その時は二人とも想像だにしなかった。
 
 再び、両岸にが立ってきて、谷は厳しい表情を見せ始めたかと思うと、ふと前方に大きな滝が掛かるのが見える。二段40mあるニスケ(二助)滝の登場だ。
 
 
 
         二段40mのニスケ滝。上段部が微かに写っている。
 
 
 
ニスケ滝上段滝の頭にて。


 益田さんと岩野さんらによるわらじの古い記録では、「落口よりすぐ左側の草付からブッシュを漕ぐと、下段の滝の頭で」とあるが、漕げるようなブッシュは見当らない。
 
 しかし、そこをわざわざ登らなくても、左岸のリッジを登り、途中でバンドを辿れば下段滝の頭に出られることが分かった。それに下段滝の頭に立っても、上段滝も直登できないので、そのまま一気にリッジを登って上段滝の頭まで巻くことにした。
 
 
 ニスケ滝上も依然としてゴルジュ内だが、CS滝がある位で、一旦、壁が途切れる。しかし、前方には大きな滝が掛かるのが眺められ、近づくにつれて、左岸の壁が威圧的に張り出してくる。五段ノ滝、ここ千石谷の最大の核心部にいよいよ突入だ。
 
 
              五段ノ滝。
 
 
 
 爆風に圧せされながら、滝下に近寄ってみるが、やはり直登など許してくれるタイプの滝ではない。さて、巻くとすればだが、左岸を巻いてしまうと壁が屏風状に張り巡っていて、最下段滝の頭に立つどころか、林道まで追い上げられてしまうのがオチだろう。先人が登ったという、「落口の右下部より、悪い草付に取り付」くなどというルートは、あり得なかった。

 
 とすると、右岸となるのだが、ルンゼの直登はボルトを打たない限り不可能に見える。しかし、右岸側は樹林が所々あり、それを上手いこと拾っていけば何とかトラバースできそうだ。ただ、ルンゼに出る数メートルがどうだか、下から見ていては分からなかった。兎に角、右岸からしか、最下段滝の頭に立つ術はなさそうで、右岸から攻めることにした。
 
 
                                ルンゼからトラバースしてきたバンドを振り返る。

  まず少し戻った右岸のガレ場を登り、頃合いを見て滝方面へトラバースを開始する。
 
 尾根状を越え、斜面を下降気味にトラバースし切ったところで、行く手を塞がれる。足元はスパっと切れ落ちていて、これ以上下ることはできない。かと言って上部は被った岩場となっている。張り出した岩場をブッシュを頼りにトラバースしていくしか方法はなく、ここで初めてザイルを出し、コージのリードで、この岩場をトラバースすることにした。
 
 いつもになく、ザイルの伸びるスピードが遅い。なかなか容易でなさそうだ。しかし、じわじわだが、確実にザイルは伸びていき、「カンカンカン」とハーケンを打つ音がするな、と思っていると、突然、解除のコールが響き渡った。兎に角、安全圏には出たようだ。
 
 
 
五段ノ滝最下段滝の頭にて。見える滝は二段目。
 期待か不安か分からぬ胸の高まりを感じながらフォローするが、泥の乗った、今にも崩れそうなバンドを上に下にと繋いで、親指ほどのブッシュを手掛かりに前進していくと、コージがルンゼに立っている姿が見え、思わず笑みが零れた。よし、ラインは繋がった!バンドから微妙なバランスでルンゼに移った。
 
 ルンゼからは樹林の生える斜面を下って、容易に五段ノ滝最下段の頭に立つことができる。それにしても針に糸を通すような絶妙なルートファイディング!これぞ、沢登りの醍醐味と言える高巻きだった。
 
 
 
 
         五段ノ滝、二段目頭から見下ろして。
 
 
                                                                                         五段ノ滝三段目と続く滝。

 二段目滝の頭へそのまま巻いてしまえるのだが、登れそうなので最下段滝の頭に敢えて降りる。

 
 コージは背負ったまま登れたが、私はザックを荷揚げしてもらって、二段目滝をフリーで直登。後は、三段目は斜滝4m、四段目は2m、五段目は3mというふうに続くが、どうというほどのものでない。
 
 五段ノ滝上には更に滝が続き、どこで切るかで五段か六段かということになるのだろうが、3m滝の後、上部が三条となった5m滝を右手から越えると、ゴルジュをようやく抜け出した。
 小滝を越えると、喜平小屋谷と赤滝谷を分ける二又だった。
 
 
 
 
 
 
CS8mは安易に右岸巻き。

 二又でお昼休みをした後、赤滝谷に入る。
 
 淵を持った小滝を越えると、二段6m滝が現れ、左手から巻き越える。淵を持った上部がCSとなったトユ状8mはシャワーすれば登れそうだったが、寒いので安易に右岸から巻くことにした。
 
 右岸から枝沢が入ると、二条5m滝の先に、赤滝の端正な佇まいが望めた。赤滝は、落ち口から右斜めに一直線に流れ落ちた後、フレア・スカートのように水流を広げていた。
 
 左岸の壁が立っていて、「どう見ても右岸巻きだな」と思いながら近づいてみると、水流左手を直登できそうだ。しかし、シャワーになりそうだし、ザックが重いのでパス。
 
 
 
 
                              赤滝の巻きにて。
 さて、左岸を窺うと、壁が切れているのが見え、右岸より小さく巻けそうだ。ただ、スラブ状となった滝の下部から斜面に出る所が悪く、ザイルを出して、私のリードで登ることにした。
 
 スラブからハーケンを決めて、思い切って乗り越すと、後は簡単な斜面の登りとなる。ザイルは要らなかったが、次はコージがリードを引き継ぎ、バンドをトラバースして、赤滝の頭へとばっちり登り出た。
 
 
 赤滝の上は両岸なだらかな斜面となり、釜跡の石積みや道型が見られるようになる。左岸から枝沢が入った先で、いい砂地を見付けたので、そこを整地して、テントを張ることにした。楽しみにしていた焚火だが、前日雨が降ったのか集める薪はどれも濡れていて、諦めることにした。ワインを1ボトル担いできて、メニューはパスタにカマンベールチーズに、生ハムのイタリアン。メインは舞茸のハンバーグ。久しぶりに谷の中でお腹一杯になるまで食べた。
 
 
多段20m滝

 翌朝は4時半に起きてラーメンを食べるが、暗かったので6時になるまでテントの中にいた。 
 
 左岸にガレを見送ると、すぐに右岸から枝沢が入る。谷間は堆積した岩で、埋もれている。その先で、二又となり右岸から大枝沢が入ると、小滝がちらほら現れかと思うと、多段20m滝が現れる。両岸があって、高巻くとなると面倒だと思いながら近づいてみると、滝は段々となっていて、滝の下部を直登した後、左岸の尾根に逃れて、頭に出ることができた。その上はナメ滝が続いていて、源流らしい風景となる。
 
 右岸に大ルーフとなった庇を張り出した岩小屋のある10m滝を直登すると最後の二又となる。左の沢をとって進むが、水がなくなったところで右手の尾根に逃れる。30分ほどの登りで台高主稜に登り出ることができた。
 
 
 
 
                             最後の滝らしい滝10m。左手に岩小屋が。 
 稜線は台風の影響か、風がきつく吹いていた。ガスも掛かっていて、周囲の風景は分からない。テープがあったが、コンパスと地図で確認しながら千石山まで慎重に歩を進めた。
 
 
 千石山からは奥ノ平谷を溯行した時に見付けた下山ルートを使う。その時、喜平小屋谷を下降する予定だったのだが、千石山の三角点から次のピークを踏んだ後、東に派生する尾根入り下降ポイントを探っていたところ、1096m地点を経て千石谷出合に向って伸びる枝尾根上にテープが付けられていて、それを辿ったら容易に下山できたのだった。
 
 しかし、東尾根から出合へ派生する尾根の取り付きのテープを見付けて辿っていたが、伐採跡のある見晴らしのよい尾根上で見失ってしまう。本当は、そこで左に派生する枝尾根に入らなければならなかったのだが、そのままその尾根を下ってしまう。
 
 下って行くとその尾根は次第に傾斜がきつくなり、左手の涸れ沢に逃れることにした。その涸れ沢は緩やかで、そのまま下っていけそうだ。ずんずん下って行くと、いつしか水が出れきて、白い岩肌のナメ滝を掛ける。
 
 しかし、とうとう下れない滝が出てきて、「どうしよかな」と思っていると、右岸に炭焼き釜跡を見付け、その尾根を下ってみると、ニスケ滝手前の千石谷に降りついた。千石谷を少し下った後、枝谷を登って、ようやく林道に出ることができた。
 
 後は林道を歩いて、駐車地まで戻るのみ。下山ルートを外してしまったが、そんなハプニングも楽しめた山行だった。

投稿者: シブ

2003年12月大阪わらじの会入会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。