取り急ぎ山行報告

 シブ&コージです!
忙しくて、こちらになかなかレポをアップできません。
詳細は後ほど、こちらに投稿させて頂くとして、簡単な報告をこちらのブログにアップしているので、良ければご覧になって下さい。
・白川又川本流ゴルジュ敗退と大黒河谷ゴルジュ溯行
・十津川・湯之谷
・舟ノ川・日裏山本谷右又溯行左又下降

屋久島 大川

201594-7
 
屋久島の沢に行ってみたくて、遅い夏休みを取って、単独でも遡行できそうな大川に行ってきた。
 
一日目
 
高速船で安房港へ。港のすぐ近くのスーパーの中の観光案内所で計画書を提出。バスで大川の滝へ。
 
大川の滝は簡単に高巻けそうだが、観光客の目の前で一人で不審な行動をする勇気は出ない。林道を歩き沢と接近したところで入渓。簡単に沢に入れるが、水量が多いようで、荷物も重いこともあり、進むのに苦労する。

単独なので渡渉に慎重にならざるを得なく、良い場所を探すのに苦労する。軽く泳いで渡渉する場所もあった。
沢のそばに獣道が走っている場所も多く、面倒な場所は大いに活用して距離を稼ぐ。しかし、そのおかげでヒルに一匹、それも靴下の上から咬まれてしまった。
日暮れが近づいてきたころ泊。
夜は満天の星、屋久島の沢と星空を独占しているような気分になり、贅沢な気分を味わう。
15:30 入渓/ 18:00

二日目
今日も良い天気。古い記録にある、吊り橋は見当たらなかった。3連チャンのナメ滝とそれに続くゴーロ滝を超えると上大川橋。
基本的にゴーロをひたすら歩く感じだが、時折、ナメや美しいプールが現れ、気持ちをほぐしてくれる。

この谷のハイライトのゴルジュの滝は美しく楽しんで通過できる。ゴルジュ出口の連瀑は高巻きとなる。

午後になると、昨日からの疲れと荷物の重さでペースが落ちる。林相がこれまでの南方系の樹木から屋久杉へと屋久島らしく変化していき興味深い。
夕方、Co1270mの二股先で右岸に良い天場を見つける。あと1ピッチか2ピッチで登山道と交わるところまで行けそうだが、良い天場が見つからずに日暮れとなったら困るのでここで泊まるとする。
明日は天気が崩れそうだけど、午前中、なんとかもってくれたらいいな~、なんて都合の良いことを考えるが、日付が変わるころに激しい雨が降ってきて起こされる。さすが屋久島、バケツをひっくり返したような雨で、しばらくすると水たまりのテントの中で浮いているマットにのっかている感じになる。トイレついでに沢の様子をみると、なんだか恐ろしいことになってそう、、、無事に帰れるのかな~ やはり沢はどこかでドキドキさせてくれる!

7:30 / 8:40 大川橋 / 16:20 Co1270m

三日目
沢はもう目いっぱい増水して、昨日はせいぜい膝くらいだった水量が濁流と化している。落ち着いて、なんとか今日中に鹿ノ沢小屋に辿りつけばいい、くらいの気持ちであせらず進もうと出発する。(予定は淀川小屋か石塚小屋)
幸い、もう上流まで来ているので川岸も急ではなく、鹿の作った道を利用して、右岸を進んでいく。鹿さん、ありがと~♪ 思ったより、すんなり進める。こういう経験は2年前にも美濃谷でしたな~
やがて、右岸から入る小沢にピンクのテープが現れる。もしや、ここから登山道に上がれるのかと尾根に上がってみるが道が見つからない。焦るのは良くないと沢に戻ると、どうやら、すでに登山道みたいで、これで無事に小屋に行ける!とほっとする。
しかし、ほっとしたのもつかの間、登山道は沢と交わることになっている。渡渉点にロープが張ってあるが、濁流をチロリアンブリッジで渡る勇気は出ない。確保してくれる人がいれば、なんとか渡渉できたかもしれないが、、、





右岸から巻こうとするが途中から大巻きになりそうな感じで先も分からないので断念する。いつ雨も止むか分からないし、今日中に水が引いて渡れるようになるか分からない、、、なんとか今日中に鹿ノ沢小屋に辿りつけば、と思っていたのに、一番予想していなかった永田下山になるのか?
地図を見ると永田までかなりかかりそう。とりあえず、途中でビバークかな?マンガ地図には桃平展望台というのが近くにあるので、そこで休憩できればと向かってみる。しかし、展望台設備的なものはなにもない。さらに進むと、立派な岩屋が現れる。これはいいやと大雨をよけて避難する。下山の長さを考えて、雨がよけられるここで泊まることにする。なお、雨は午後1時を過ぎると次第に収まってきた。



シュラフは絞れば水がしたたり落ちるほど濡れている。コンロで少しでも乾かして寝るが、寒くて2回起こされた。そのたびにコンロで再び体とシュラフを温めて寝る。深夜、大雨の音を聞くが岩屋のおかげでこれ以上濡れなかったのは幸いだった。

7:40 / 9:10 登山道 / 姥ヶ岩屋 泊

四日目
小雨の中、下山。結構、登山道は分かりにくく、ピンクテープがなければ道は分からないだろう。道のように見える小沢や鹿道が交わっていて、ややこしくなっている部分もある。屋久島で登山道から外れてしまって遭難する人がいるのもうなずける。
下山するにつれ、青空が見えてくる。途中で永田の海が見えて感動。林道に出たところで、悪い予感がするのでヒルチェック。標高が低いとヒルが多くなるのか、2匹に被害を受ける。さらに、靴の中に2匹のヒルがいた。
永田に降りて、砂浜に出る。正面は真っ青な海、背後は永田川の河口。近くに、ロープで仕切られた区画があって「ウミガメの卵がたくさん埋まっています」という看板。





誰もいない砂浜、なんだか信じられない。濡れた装備を砂浜に転がっている丸太の上に並べて乾かす。海の波が荒いので、永田川河口で一泳ぎして汗を流した後、うたた寝をする。朝までずぶ濡れで震えていたのに、太陽が眩しすぎる、暑すぎる。
バスの時間が近づいたころ、ウミガメに起こされる。玉手箱の受け取りは固くお断りして、宮之浦へ。濁流に巻き込まれてたら、玉手箱を開けてたかもしれない。

姥ヶ岩屋 7:30 / 12:30 永田


【投稿者: 禰庵(ねあん)】

六甲 逢山峡

今年は自分史上では最も「沢に行けている年」。

息子(小4)に沢の話を何度かしていたら、是非連れて行って欲しいとの
強い要望あり。
体格的には大丈夫そう、ということで、入門コースとして有名な、六甲の
逢山峡へ行ってきた。
・9月5日(土)
・場所:裏六甲 逢山峡
・天気:晴れ
・アプローチ:阪神高速7号北神戸線からと東ICを出て左へ。
       からと大橋の下をくぐる前の左カーブ奥のスペースに駐車
・メンバー:小山&小山ジュニア
息子の沢装備も一通り揃えたが、ヘルメットのみ自転車用、という出で立ち。

うん、結構サマになっているぞ!!
橋の袂から溯行開始。何てことのない徒渉なのだが、息子にとっては非常に
楽しい様子。
ちょっと小休止。

晴れの逢山峡へ来たのは初めて。雨の2日後ぐらいと思うが、水量も
多く、今までで一番水も澄んでいた。
とは言え沸かしても飲むのはチョットな、という感じ。
やがて出てくる堰堤は、あっさり左側から巻く。
再び川に戻り少し溯行すると、右手に鍋谷分岐。
小滝を登ると、立派な「鍋谷の滝」に到着する。

ここでザイルを出し、下段滝(4-5m)の右横を息子も登って上段の滝へ
接近した。
緊張していたようだが、笑顔も見え、楽しい!とのコメントもあり、
私も嬉しい。
本谷に戻り、次の堰堤は右側から越えた。
やがて出てくる不動滝ゴルジュ。

前にKさんと来た時は、ここまで砂が無かったが。
ここも左から大きく巻いた。
ゴルジュ上から再び入渓し少し行けば、最後の「猪ノ鼻滝(8m)」に出会う。

ここは滝に向かって右横が容易に登れる。
とは言え息子が登る時にはザイルを出した。

登り切り、対岸に渡る時に、息子が水流の強さにズッコケた。
手をガッシリ握っていたので引っ張り上げたが、そうでなければ
滝の上から恐怖のスライダーとなる所だった…。
無事橋の上にあがり、溯行終了。
私的には、のんびり沢歩き、という感じだが、息子にとっては、大冒険の
沢登りだった。

北山川・古和谷

 今しか楽しめない泳ぎ系の谷の第二弾として選んだのは、北山川古和谷!
以前行ったわらじの会の仲間に習って、入谷方法を対岸から北山川を渡泳することにしました。
最初この発電施設の下流から泳ごうとしたが、
あえなく失敗。
上流の瀞場から泳いで対岸に渡りました。
          出合までトラバース。容易です。

     荒れた感じのする出合だが、すぐにゴルジュ感満載の渓相となる。

      淵のある最初の滝らしい滝。

         長淵の先に小滝がかかる。

         私は脚が攣って、岩棚で休憩。
         どの滝も突破は容易です!
            右に左に目まぐるしく屈曲します。
           この先に何が待っているのか・・・
           ワクワクさせます!
         側壁は立っていて、巻いた方が却って面倒です。
      河原となって、ひと休止。
     柔らかな日差しが谷間に注ぎます。
         谷沿いには、仕事道があり、手掘りのトンネル
         が二つ見られました。
         二段S字滝。
            再び廊下となります。
     泳いで登って、夏場にお勧めの癒し渓です!

           左岸の枝沢に掛かる滝。

         左又を見てみるが水量が乏しいので、本谷を進む。
         しかし、本谷もしばらくすると、伏流のしょぼい
         河原となる。
         クソ退屈な川原歩きが延々と続き・・・
         沢筋を辿っているはずが、いつも間にか、あれっ?
         車道を歩いている???
         地図を見ると、ツエノ山から回り込んで古和谷上流部に
         入る林道があり、それのようだ。
            詰めに出てくる小滝。
           傍の杉の木の幹に「水」と書かれており、
           水場になっていたのだろう?
         羊歯の生い茂るうっとおしい尾根を下って、
         タマ谷に降り着く。
         タマ谷を下降し、ようやく川畑川沿いの車道に出、
         今度は、流失した橋付近の瀞場を泳ぎ渡った。
         
       
    
   
 【日程】  2015年8月16日(日)
 【メンバー】 シブ&コージ
 【報告者】  シブ 
        

下山に難あり 台高 本沢川黒石谷

8月9日(日)

天気:晴れ
メンバー:6名(わらじ会員5名+体験参加Tさん)

  

 今日のコースは、溯行終了地点はそのときの時間しだい、かつ下山路は杣道と林道を予定、とのことで、溯行も下山も癒し系かな、と心うきうきしてスタート。
 暑さ厳しい日が続いているので、清流に浸かるのを楽しみにしていた。
 泳ぎはじめは気持ちよくて喜々とするが、すぐに冷えて「禊」から「行」のようなものになり、耐えきれずあわてて陸に上がる。それでも体が温まると、緑色がかった透明な美しい流れにまた入りたくなる。

 Hさんが岩の上に見慣れない物を発見。長さ5㎝はありそうで、丸々と太った巨大なナメクジを思わせる。これは珍しいもの見つけたかも、と思い、少し先を歩いている昆虫博士の禰庵さんを呼び戻す。禰庵さんが来るまでの間に、カラビナで生き物を突くNさん。今度はHさんが木端で突いてひっくり返した。何もしていないのに結構残酷やな・・・とかわいそうに思いつつ、岩面から剥がされて裏返った生き物の白っぽい腹(?)が岩面そのままに真っ平なのを見て不気味に感じた。動かない。生き物ではないのか?死んでいるのか?「死んでない」とHさん。何度か突きながら動いているのを確認したようだ。よく見ると、わずかに白い粘液が出ている。


 

 生き物を目にした禰庵さんの反応は意外に良くなかった。苦手な部類のようだ。タブーには触れず静かに通り過ぎたい、というような固い表情である。禰庵さん、呼びつけてごめんなさい。(帰宅後ネットで検索して、ヤマナメクジの可能性が濃いとわかった)


煙突滝。ここは、手前の右岸から巻いた。

  ここは一人ずつ泳いで取り付く。岩に上がれば、容易に登れた。


 末広ナメ滝
  


二条男女滝

 今日まで気が付かなかったが、Nさんはかなりの寒がりのようだ。泳ぎを避けて流れの横を溯行されているが、随所で先にフリーで登ったり、ビレイしたりしてくださる。

 明神滝

扇滝の中をくぐる
 
 扇滝を登り終え、順次先に先に進んで行く。最後に登ってきたKさんがいるのに、ザイルを出してビレイしてくれていた禰庵さんがいない。O(禰庵)さんは?「(禰庵さんには)ありがとうって言うて通り過ぎてきた」とKさん。

ビレイ撤収を一人でしておられるであろう禰庵さん。禰庵さんに申し訳ないな…と言っていると、昔はロープの片づけは新人の仕事だったこと、また、新人は最後を歩いていたことなどをNさんが話してくださる。それを聞き、当時の新人は、慣れない足で追いかけるのはきついだろうし、不安だったろうな、と想像する。しかし、Nさんによると、先輩に待ってもらえないのは、認められているということでもあったようだ。「捨て縄」と呼ばれる役割もあったらしい。なにやら残酷な役名から想像すると、偵察するよう懸垂下降させられて、ダメなら一人で戻ってこい、というものだろうか?具体的にどんな役割なのかはまたこんど聞いてみよう。

暫くすると禰庵さんが追いつき、追い抜いて行かれた。

 Nさんによると「ここからが黒石谷の醍醐味」だが、時間的にもう無理だろう、とのことで、溯行終了。


下山は杣道なので楽だろうな、と勝手に思っていたが、甘かった。

途中で新しいトラロープが張られたガレ場をトラバースし、その先に進んでから道が途切れ、30分以上は時間をロスする。体験参加のTさんに次いで、禰庵さんが稜線の方向に登り返し、偵察。その結果OKの声をうけて登る。「日没まであと2時間半、(杣道を)見つけられなければビバークやで」、とNさんがさらりと言う。冗談かもしれないが、植林地帯だからと軽く考えていた私は、帰宅してから家族にうるさく言われるだろうな、と少し心配になってきた。

クツロ谷を越え、間もなく杣道らしき踏み跡に乗った。これでビバークしなくて済んだわ~という声が上がり、(これも冗談で言っていたのかもしれないが)、安堵した。

下るほどに明瞭な杣道になり、やがて林道に合流。その林道は、下ってきた方向から伸びている。もしかすると、あのトラロープのあった場所の下に続いていたのだろうか。

沢は美しく、泳ぐ機会も十分あるうえ、滝も堪能できて、癒された満足の溯行だった。

やっぱり下山は重要だ、と思いながら、正直、あとは楽勝という気分で舗装されたゆるやかな林道を歩いていたとき、足首を挫いた。その瞬間「しまった」と思ったが態勢をたてなおすには遅く、まさに私にとって下山のどんでん返し・・・。こんな形で下山が核心になるなんて(>_<)。

油断大敵です!ご自宅の玄関に入るまでは、山行は終わっていません。皆様もご注意ください。

投稿:サッポロ一番

8/8(土)~8/13(木) 長野県安曇野市→大町市→富山市 遡下降

丸橋村名塩村合同泉質調査隊です。

↓は湯俣の野湯の写真です。

長い間、家族を ほったらかしにして悪かったですけど

ほんまマジでエエお湯でした。
しかも for free!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
噴湯丘の少し下流側、右岸側がオススメですが、(晴嵐荘のスタッフのかたに教えてもらいました)、3つほど、ちょうどええ湯加減で入れるようなところが作ってあります。ってゆうか、過去に誰かが作ったのが残ってます。
丸橋村隊員が竿を持っていきましたが、、、魚影は濃かったですが、、、釣れずじまいでした。残念。
5日目の途中で、沢床の流れの中の岩で私が足を滑らせ、左膝を痛めてしまい、その後は歩くのも結構大変やったんですが、丸橋村隊員のおかげで なんとか自力下山できたような次第です。もともと今年の5月あたりから泊まりで行くと後半の膝の調子が悪かったので、、、そもそも こんな長いのに行くのはどやねんって話もあるんですけど、、、色々ありがとうございました。
ちなみに、ロープ、ピッケル、アイゼンは、南中川谷でだけ、使いました。虫避けの被る網は必携です!レトルトと缶詰は重いので禁止!
最後の日ぃ以外は天気よかったです。運よかった。
飛騨山脈はサイコーです。
以上、報告終わりっ。
written by 名塩村民

奥美濃 高原川 沢上谷

私の妻の実家は岐阜市にある。

岐阜県も、それなりに沢登りに適した沢があるようだ。
単独行ということも考え、容易で、かつ有名な「沢上谷(そうれだに)」へ
出掛けた。
日時:8月9日(日)
天気:快晴
アプローチ:大阪方面からだと、名神高速~東海北陸道飛騨清見IC~
中部縦貫自動車道高山IC~R41~県道89号線(当日は、トヤ峠の
通り抜け出来ず、廻り道となっていた)経由し、橋手前を右(ダート道)
へ入る。すぐに左手に車2台程度の駐車スペースあり。
メンバー:小山(単独)
入渓地点には赤テープあり、実にわかりやすい。

降りるとすぐに川である。短いアプローチ。これはありがたい。
いきなりのナメに、思わず撮影してしまった。

清々しい空気に嬉しくなる。ゆっくり楽しもうっと。

ナメだが、ねずみ色~黒色で、思っていた以上にフリクションが効く。
やがて右岸から枝沢が出会うが、この枝沢に入り、上に登ると
「五郎七郎滝」が待っている。
※枝沢には滝が出合っているが、左側から容易に巻ける。
途中に掛かる10m滝は右側から巻く。
滝上に出れば後は上を目指せば良いのだが、若干微妙な角度で、フリクション
は効くものの、少し注意が必要と感じた。
やがて五郎七郎滝が見えてきた。

水量は少ないが、これで普段のそれなのだろう。
岩が不思議な形で、暫し見入っていた。

全景。インパクトあるなあ。

振り返る。降りるときは、秘技カニジグザグ歩きを繰り出し、本流へ戻った。
本流へ戻り少し行くと、大釜と滑滝。

熱いし泳ごう、と思って浸かってみたが、胸まで浸かったらメチャ
冷たかったので、素直に左側から廻った。
岩の色が、赤茶けた花崗岩系の色に変わっていることに気付く。

ここはヌメっており、若干滑りやすい感じ。

上段の滝は、右側から容易に越えられるが、敢えて胸まで浸かって
直登してみた。それでも簡単だった。

こういう写真や、

こんな風景を撮りながら先に進むと、左手に枝沢が出合う(丁寧にも赤テープ
あり、迷うことはない)。
そこに入り上流へ登ると、落差40mあると言われる「岩洞滝」に出会う。

ここも水量は少ないが、滝の上から降り注ぐ光に神々しさを感じ、
暫く見上げるばかりだった。
再び本流へ戻り、溯行を続ける。やがて大岩が行く手を塞ぐが、適当に
登ると、沢上谷最大の滝、「蓑谷大滝(35m)」がどーんと現れた。

Pカンで写真としてはもう一つだが、只々その美しさに見入る。

サラサラ、とその水音は非常に軽やか。

撮影を楽しんでいると、後続の6人組パーティが追いついてきた模様。
この滝の巻きが、敢えて言うなら難所になるだろうか。
滝に向かって右側の岩のテラス(と言っても木が覆っているが)を登り、錯綜する
踏み跡を見ながら戻る感じで高度を上げていく。
すると岩壁にぶつかる。ここを左に行くがルートは見つからない(どん詰りまで
踏み跡は明瞭だった。結構の人が来ていたみたい)。
一旦戻ると、単独行の方が登ってきていた。
「巻道どっちですかねえ?」と私。
「そっちじゃないですか?」そちらを見ると、なんとも明瞭な赤テープが
あるではないか。反省。
ここがわかれば後は簡単。明瞭な仙道があるので、そこを進む。やがて
備え付けてあるロープを頼りに沢へ転がり落ちる感じで降りれば、蓑谷大滝の
落ち口に到達する。

ここから先はずっとナメ。
大分汗をかいたので、装備を解き、この少し上流でナメ床に仰向けになってみた。
はあ、気持ちいい…。
こんどはうつ伏せ。
いやん、最高…。
暫し水と戯れていた。

写真ではわかりづらいですが、右側にそれなりの水量で水が流れています。

鮮やかな青色のチョウを発見し、ONさんなら喜ぶだろうなあ、と思いながら
パシャリ。
最後の滝は、右に曲がる所にあります。

ここは右側にしっかりしたロープがあるので、それを持って登れば容易。
後はずっとずっとナメが続く。癒されるナア…。
敢えて水深の深い所を進んでみたり、ちんたらちんたら歩いて、最後の二股を
右へ取り、橋が見えてきたらそこで溯行終了。

後は林道、県道89号線へ戻り、駐車地まで1時間の林道歩き…。
木陰に入れば涼しかったし、下りだったので楽ではあったが、長かった…。

ナメに癒された沢歩きだった。

コースタイム:8:00溯行開始~蓑谷大滝10:40~溯行終了地点12:20~
駐車地13:20

大峰 旭ノ川 中ノ川

7月26~27日
メンバー:わらじ会員2名
 アプローチまでに私が完全に乗り物酔いしていまい、林道駐車地点に到着後、体調を回復させながらの準備となった。途中で一時降車したこともあり、多分予定時刻を結構すぎていたと思う。
“大峰 旭ノ川 中ノ川” の続きを読む

7/25~26 越中 常願寺川 真川 岩井谷 鳶谷右又

名塩村水質管理委員会です。

先週末、水質調査のため、越中まで出張(でば)ってきました。

水温は低く、流量は多かったです。水量が多いのは、雪渓が解けまくってるのか、先日の雨のせいなのか、その両方なのか…。

岩井谷から鳶谷に入っても水量は衰えませんでした。というよりは、岩井谷本谷よりも鳶谷のほうが流量多いように思えました。

雪渓を割って、雪渓が水質に与える影響を調べました。(photo by Hatayan)

二日目は未だ暗い4時過ぎに起きて、5時過ぎから歩きだしたんですけど、

雪渓やゴルジュにてこずり、水質調査なんてする余裕なかったです。

岩肌から噴出している水の水質を調査したかったですが、どうやって進むか考えるのでイッパイイッパイでした。パーティとして、必死のパッチでした。

ある滝の巻きで、藪漕ぎが30分強。昨秋の藪漕ぎに比べりゃ屁でもなかったです。

癒し渓を堪能し、

15時過ぎにようやっと稜線に出て、飛騨山脈の名のある山々を見てから、

20時の有峰林道夜間閉鎖までにゲートを通過できるように、またもや必死のパッチで、、、下山しました。

結論としては、水質は「随分良い」のですが、
水質管理委員会としては、薬師●○荘の排水が どうなってるのかが気になってます。

written by 名塩村民(自称:水質管理委員会)