大峰 北山川・田岡谷

 竹原谷から下山した後、道の駅に向かい、温泉に入って汗を流しました。この温泉に入るのは、わらじの会に入会した翌年に行った立合川の下山時以来のことで当時のことが懐かしく思い出されます。道の駅の桜の花が満開で、桜の木の下のベンチで缶ビールを開けて乾杯!最高の花見酒です。地形図を眺めて今日の山行の余韻に耽っている内に、辺りはすっかり暗くなってしまい、車の中に広げたシュラフの中に入ることにしました。新しい車での寝心地は私には悪く、時々、目を覚まされました。
 
                    美滝30m。ほれぼれ眺めてしまいました。
 
【日程】  2013年3月30日
【メンバー】  シブ&コージ
【場所】   大峰 北山川・田岡谷   二万五千分の一地形図「大沼」
 
 
 翌朝は前日と打って変わり、青空が姿を覗かせていますが、その分、冷え込んだようです。田岡谷出合に掛かる橋桁まで国道を走らせ、近くの小さなスペースに駐車しました。
 
 田岡谷は、出合から両岸にが聳え立っていて日が入らず、谷間はひんやりとしています。白い岩肌が冷たさを増長させているようです。
 
 谷間を大岩が塞ぐところで右岸から枝沢が入り、その先に二(三)条の滝が掛かります。一応、じっと見てみますが、ここは左岸を巻くことにしました。私たちは、大岩の上からザイルを出して取り付きましたが、どうせ巻くなら、もうちょっと戻った小沢から巻き始めた方が良かったと思います。私は、ちょっと油断していて、5mほど滑落
。ザイルがあったので大丈夫でしたが、「こんなことしてたら死ぬぞ!」と、気を引き締めました。
 

 この滝の上には釜を持った綺麗な滝があり、へつって左側から登って越えることができました。ナメを備えた滝場が続き、夢中になっていると、ふと、前方に何とも美しい滝が掛かっているのが見えます。30mほどあって、ウエディングドレスのように優美な曲線を描きながら水を流れ落としていました。
 
ここは左岸を巻くことにしましたが、巻いていると、「あれっ?」、山道があり、お節介にも、取水堰堤まで導いてくれました。
 
 生山谷との出合付近は河原で、両側には植林も目立つようになりますが、25mの滝が現れると、ピリリと谷はまた引き締まります。左岸を巻くことにしましたが、尾根まで出るのかと思っていると、いい具合にバンドあって、滝の頭へと導いてくれました。
 

 釜を持った綺麗な15m滝は安易に右岸を巻くと、次は25mの滝の登場。直登の可能性も探りながら左岸のバンドに取り付きますが、そのバンドが絶妙な具合で滝の頭へと伸びていました。ここはコージのリードで登ります。直登も快感ですが、こういう渋いルートファインディングも沢登りの醍醐味です。
 
  小滝を幾つか越えると、両岸が狭くなってゴルジュっぽくなります。二段の滝は直登しますが、次の滝は手が出ず右岸を巻くことにしました。12m滝も再び右岸を巻き、その後の小滝は直登して越すと、一旦、谷はゴーロとなりますが、またまた滝場になります。
 
 もう沢山あり過ぎて、ここから先の滝の記憶が曖昧になってきますが、大体の滝は直登できたと思います。しかし、小屋跡手前の20m滝は左岸を、綺麗なスラブ滝上にある比較的大きな25m滝も左岸を巻いて、最小限の高巻きで頭に出ることができたように思います。“息つく間もない”という表現がまさに相応しく、次から次へと滝が現れて、シャワーや滝のサイドを面白く登っていくことができました。
 
 
 奥の二又は左に入り、三又では左の谷に入って、「もういいかな?」というところで、斜面に逃げることにしました。久しぶりの詰めらしい詰め、ハアハア言いながら、見付けた尾根を辿って稜線に出ます。
 
 登り出た稜線はかつて立合川の下山時に辿ったところです。西峯までその稜線を南へ辿り、その先で南東へ分岐する尾根に入ります。分岐地点は分かり難いですが、テープがしっかり付いているので、ルートファインディングは要りません。
 
 それにしても、南紀に多いのですが、あのテカテカする落ち葉はよく滑りますね。疲労もあったのですが、再三、足を取られてしまいました。
 
 田岡谷出合は標高140mほどで、登り出た稜線上にある西峯は1123mあります。標高差1000m近くあるところを一気に駆け上がる谷間は滝場が多く、充実した溯行となりました。
 
 下山後は再び道の駅に戻って汗を流した後、そこのバイキングでたらふく晩飯を頂きました。

大峰 北山川・竹原谷


 気温もグングン上がってきたので、三月の最終週は、いよいよ沢シーズン開幕!ということで、北山川にそそぐ二本の谷に沢登りに行ってきました。初日は、二本の大滝が印象的な竹原谷です!
 
【日程】  2013年3月29日(金)
【メンバー】  シブ&コージ
【場所】  大峰(概念的には南紀というより大峰に分類したい)北山川・竹原谷
 
 骨置(こうず)神社脇に車を停めて、林道終点まで30分ほどトコトコと歩きます。こうした林道歩きはウォーミングアップには丁度いい感じ♪薄曇りの天気ですが、歩いている内に軽く汗をかきます。
 
 終点に着くとさっそく入谷。三段の滝を直登すると、細長い淵の先にトユ状滝が掛かるので、ここは右岸を巻き上がることにします。巻き上がると、右岸から滝を掛ける枝谷が入ってきました。
 
45mの大滝 
 

 小滝を何となく通り過ぎると、15mの滝が現れて、これは右岸を巻きます。その上の連滝を登って行くと、45mの大滝が現れます。ここは右岸から巻き始め、バンドをトラバースすると、ばっちし滝の頭に出ることができました。このバンド、狭いので、大きな人が通るにはしんどいかも・・・?
 
 大滝上の滝たちも直登やトラバースでこなしていきます。今日は曇りですが、気温が高いので、釜にもジャバジャバ浸かって行くことができました。冷たさに水を厭わなければならないのは、やはり面白さ半減ですよね!
 ひとしきり滝場を終え、河原となった谷を進んでいくと、今度は、40mの大滝が現れました。
 
 
 
 この大滝は最初のより幾分高さは低いようですが、しかし左岸に広く岩壁を伸ばしていて、スケール感では、こちらの方が勝る感じがします。左手の側壁は直登もできそうな感じですが、無理をせず、右岸を巻くことにしました。
 
 この滝の巻きも、ある程度高度を見計らってから滝側へとトラバースして行くと、、セオリー通りに美味しいバンドが御座います。このバンドを滝身へと辿っていくと、頭に出る直前は、露岩を攀じるので高度感があって、気持ちが良いです!
 
 大滝上は、しばらく退屈なゴーロが続きます。両側も稜線も近くなって源流部に入ったようです。しかし、隣りの樫原谷とは違い、ここからまた滝場が始まります。二又は、行く手に滝の見える右又を取ることにしました。
 
 右又は、三段の滝を皮切りに、再び連滝帯に入ります。ボルダームーブでハングを越えたり、バランシーなスラブで直登を楽しむこともあれば、ブッシュを掴んでの沢臭い巻きなどで越えて行くこともあります。しかし、植林帯になり、倒木が谷間を埋めて鬱とおしくなったところで、左岸の尾根に這い上がることにしました。この尾根を登って稜線に出ました。
 
 下山は不動峠へと伸びる稜線を782mピークまで東へと進みます。782mピークに出たら、今度は市老谷との間に位置する南東に伸びる尾根を辿ります。枝尾根が分岐してるので、思わず進んでしまいそうになりますが、地形をしっかり見ていれば迷うことはないはずです。最後は国道に出るので、駐車地まで少し戻りました。

 

50周年記念行事に向けて(2013年3月6日)

 3月6日に、京橋の会場で3月の集会(所謂、“例会”)が行われました。参加者は、私を含む8名。今回は、50周年行事について話し合われました。
 
 大阪わらじの会は今年で50周年を迎え、11月に記念行事を開催することが決定になりました。現会員はもちろん、OBの方々にも声を掛けて大々的に開く予定ですが、会場の選定がまず問題となりました。集会の行われている区民センターが集まり易くていいとか(これは、飲食が禁止されているようなので、断念されました)、セミナー会場のような場所がいいとか、またホテルの披露宴会場がいいとか意見が出されましたが、今回では決定できず仕舞。
 
 11月と、開催はまだ先のことですが、50年の歴史を誇る、“大阪わらじの会”の先輩の方々の足跡を辿るいい機会だと思います。
 
 次回の集会は、4月3日㈬。そろそろ、沢の計画も上がってきそうですね。

台高 大和谷・赤谷

「 大和谷の発電所が設置されている場所は背後に素晴らしい大岩壁群を控えており、導水管はその真っ只中の尾根にほぼ一直線に延びている。この発電所を挟んで小規模の谷が二本左岸から入っているが、対岸の林道から見て、発電所の左側の水量多い谷が赤谷、右側のザレた伏流の谷が上ノ谷である。地形図上で見る限り、右の上ノ谷の方が流域面積が広いにもかかわらず、赤谷の方が圧倒的に水量が多いのは、恐らくこの付近に点在する石灰岩のなせる業であろう。・・・」
                                    
                                   川崎実著・『秘瀑 台高山脈珠玉の渓』より
 
 
                  赤谷の大滝
 
 
 赤谷は、大和谷左岸枝沢、発電所の上流側から大和谷本谷に入る谷で、林道からもその谷に掛かる滝の姿を眺めることができます。
 
 しかしながら、関西沢屋のバイブルと言える『台高山脈の谷』、その上巻の大和谷の項には、そのすぐ下流に掛かるアゲノ谷は取り上げられていますが、赤谷の方は取り上げられていません。実際、「溯行価値」というものがあるとするならば、赤谷よりアゲノ谷の方があるのかもしれません。しかし、『秘瀑』の記述を見て、生前に集会で川崎さんにお会いした時にその谷の話をされていたことなどを思い出して、不意に行ってみたくなりました。記録をあまり見ない谷でもあり、いよいよ興味を持ちました。
 
 
 赤谷は出合から急勾配で、駆け上がっていきます。ゴーロを息を切らしながら登っていくと、左から入る枝谷を見送ると、前方に不意に大きな滝が姿を現します。林道からもその姿を窺うことのできる滝で、二段で50mほどあります。下段は左側を直登した後、ザイルを出して左岸に移って上段は巻くことにしました。大滝の頭からは、林道を見下ろすことができて、気持ちが良いです。
 
 ナメ滝を登っていくと、今度は腰を捻ったように流れを落とす40mの大滝が現れます。
 
 
 
 下部はスラブなので快適に登って行けますが、上部は立ってくるので左岸に逃げると鉄の梯子が見えます。「あれ??」と思ってみてみると、梯子は下から連なっているようです。どうも発電所の巡視路のようで、ちょっと興醒め。。
 
 それでも相次ぐ滝の応接に期待に胸を膨らませて登って行きますが、その上で不意に水がなくなります。
 
 樹林に覆われた薄暗いゴーロを登って行くと、ついに谷はルンゼとなり、岩壁に行く手を阻まれます。両岸にもが発達していて、ここいらが核心のようです。左岸からの合間を上手いこと縫って尾根を跨ぎ越し、バンドを下って谷に戻ることができました。
 
 地形図をみるとまだ谷には何か出てきそうな感じでしたが、しかし、ここから先は結局、小さな枯滝が数個あるだけで、退屈なゴーロ終始してしまいました。
 
 稜線が見えるころ、左岸に見つけた踏み跡を辿ってみると、三滝から延びる仕事道に出ることができました。あとは、その仕事道を下って行くだけです。
 
 
 
 

大峰 旭ノ川・クボ谷(溯行と白滝登攀)

 
 旭ノ川支流のクボ谷には全長100mを超える大滝があります。その姿は旭ノ川林道からも遥かに臨むことができます。この白滝は、大阪わらじの会の岩崎氏らに初登されて以来、何パーティかによって再登されている大滝登攀マニヤには知らずと知れた大滝です。山の木々もすっかり色づき、そろそろ沢仕舞いというシーズンに、白滝登攀と、クボ谷の溯行に訪れました。
 
 
               白滝遠景(二段で140mあります)
 
【日程】  2012年11月3日(林道から上部の溯行と白滝登攀)、
           11月4日(出合から林道まで溯行)
【場所】  大峰 旭ノ川・クボ谷
【メンバー】  シブ&コージ
 
 
 奥吉野発電所に車を停めて、ダムから旭ノ川の対岸に渡って林道をクボ谷が横断するところまで歩く。1時間もしないうちにクボ谷に到着し、林道すぐ脇に掛かる8mほどの滝を右岸から越えて入渓する。入渓すると谷は気持ちゴルジュになっていて滝が連続している。それを登って行くとやがて二又。ナメ滝を越えると、白滝が遥かな高みから流れを落としている姿が見えた。
 
 
 滝の下でザックを下し、パンを齧りながら「どうしようかな?」と白滝を眺める。通常は、右岸のスラブを登るそうだが、そのスラブはこの日はテカテカ光っていて、なんだが二人ともそそられなかったので、左岸を登ってみることにする。
 
 まず、1ピッチ目はシブのリード。見た目通りに優しいピッチで、スラブからすこし傾斜の増したカンテ状を登って、テラスでピッチを切った。
 
 次に2ピッチ目。傾斜は増すが、見た目はブッシュが生えていてこれを使って何とか登って行けそうに見えたが、リードしたコージは手古摺っているように見えた。実際、フォローしてみると、想像以上に被っていて、しかも、生えていたブッシュは支点は勿論のこと、手掛かりにも不安な草付きで、岩も脆くて、非常にデリケートな登攀となった。もっと右手に逃げれば樹林もあったが、ここは意地で頑張ったコージは偉かったと思う。
 
 

 3ピッチ目はシブのリードで、ブッシュ帯から滝身に出、スラブを滝の頭までトラバースした。
 
 4ピッチ目は、ここから白滝上段部の登攀となる。コージのリードで左岸のスラブをバランスで登ろうとするが悪かったので、ブッシュの生えるカンテを登る。一旦、滝身に接近するものの、直登は諦めて左岸を巻いて頭に出て、白滝登攀は終了した。
 
 クボ谷は、白滝以後も40mの滝が出てくるが、そこから先は水もなくなりブッシュの覆いかぶさった爺くさい感じになったので、右岸の植林帯を登って林道に出た。下山はその林道を瀬戸貯水池まで歩いて、そこから地形図に点線で描かれた杣道を下の林道まで下った。林道に出るところは崖だったので、懸垂下降をした。
 
 この日は木枯らしが吹いて、ビレイしていると、滝から飛沫が飛んできて、とても寒かったが、周囲の樹木が錦色に染まっていて、とても美しかった。
 
 翌日は旭ノ川から林道までのクボ谷下部の溯行をした。短いながらも出合から滝が続く感じの良い谷だった。
 
 
           クボ谷にて。短いが感じの良い谷だった。
          
 

台高 大杉谷・粟谷ゴルジュ(後半部)

【日程】 2012年10月14日
【場所】 台高 宮川・大杉谷・粟谷ゴルジュ(後半部)
【メンバー】 シブ&コージ
 
 粟谷ゴルジュには数年前に訪れていた。しかし、時間的な問題で、後半部は巻いてしまったので、そこが心残りのままになっていた。大阪わらじの会では、粟谷ゴルジュは1967年9月15~16日に池上氏と由利氏によって完全溯行されている。遅らばせながらも、完全溯行というのは大袈裟だが、私たちもその心残りの解消に向かった。
 

       粟谷ゴルジュ後半部はここから始まる。
 
 大台ヶ原駐車場に車を停めて、大杉谷登山道を林道まで下る。林道を粟谷が横切る地点まで歩いて、そこから斜面を下って入谷。始めは河原状だったか、しばらく行くと谷が詰まってゴルジュの出口に辿り着く。ここは前回巻いた左岸を下って、後半部の始まる大きな釜の前に出た。釜の先には10mほどの滝があった。
 
 

 気温が高ければ泳いで滝に取り付いてもよさそうだが、そういう時期は過ぎていたので右岸からの突破を試みる。バンドをトラバースし、シブがトップでザイルを伸ばしてみるが、滝の頭に出る一歩が悪くて粘ったが、結局諦めて右岸から行くことにする。
 
 バンドを辿って容易に10m、その上の3m滝の前に出られたが、しかし、三つ目の滝の突破が悪い。三つ目の滝は上部で狭まり、ウォータースライダーのように流れ落ちているが、そののスラブをコージのリードで、手掛かりなしで、フィリクションだけを頼りにトラバース。フォローした私もザイルに確保されながらも、スリップにビビりながら登り、確保地点まで来た時はほっとした。このラインは水量多ければ突破は不可能だろう。
 
 
 この上で、谷幅はグッと狭まり、ゴルジュの核心部にいよいよ入っていく感じだが、側壁が低くて樹林が近いし、何より水量が少なかったので、圧迫感はない。縞模様の美しい白い岩肌も明るい印象を与えている。一瞬シャワーを浴びて、今度は右岸からネジレ滝を登る。
 
 

 ネジレ滝の上に立つと、エメラルドグリーンの淵に滝を連ねているのが見える。コージが右岸のトラバースこ試みるが悪かったので、とうとう釜に腰まで浸かって渡ることになった。右岸の張り出した岩に見えるクラックを登って滝の頭に出た後、今度は左岸に渡り、そこにあるテラスでピッチを切った。
 
 谷はまだまだ連滝となって続くが、左岸がスラブ状になっていて、ここは私のリードでゴルジュ出口まで一気にザイルを伸ばした。
 
 あっけなくゴルジュが終わってしまい物足りない感じだったが、それよりも濡れて寒かったので、お昼を食べた後は、さっさと下山の途に着いた。

川崎氏追悼号について

 

 最近、「川崎実 追悼号」について頒布のご依頼のお問い合わせが多数来ております。
 
しかし、残念ながら、追悼号は広く頒布する目的で発行しなかったため、少数部数しか残っておらず、お譲りすることができません。
 
 大変申し訳ありませんが、どうかご了承お願い致しますm(__)m。

大峰 上葛谷

大峰 上葛谷
2012年9月29-30日 
 
昨年の初夏、葛川を楽しんで泳ぎ遡行して以来、ずーっと上流の上葛谷が気になっていた。ということで3人で上葛谷に行く予定を組むが、そのうち一名が役所で台風に備えて土嚢を積みに行かなければならないと不参加。せっかく膝の故障から復帰したところなのに残念~
 
台風が沖縄から本土に接近中ということで、どんよりした曇り空のもと入渓する。いきなりナメが出てきて美しい。この谷は、美しい小滝はほとんど登れるし、滝の巻きも最小限の巻きで落ち口にたてて、すごく楽しい。行けたらいいな〜!と取り付いたところは、ほとんどうまい具合に通過できる。特に二股にかかる二丈の滝の巻きは感動的であった。滝も釜がワイドに広がっていて迫力がある。谷がまさに我々を接待してくれているかのよう。ただし、水量が多いと小滝も巻きにくそうなので苦労させられそうである。
最後の大きな滝を巻いたところで幕営。今宵は沖縄土産のテビチ(豚足)に舌鼓をうつ。
 
翌日はぴったりと地図の水線のとおりに沢を詰めることができて感動。約十年ぶり、立合川以来10年ぶりの笠捨山の山頂に立つ頃に、台風の影響で雨が本格的に降ってくる。豪雨の中プチ沢状態となった登山道を下って入渓点を見ると短い時間のうちに大増水していた。林道のとことどころに深い水たまりができていて、帰りの運転はなかなか緊張した。
 

(投稿者: 禰庵)

南紀 北山川 古和谷

南紀 北山川 古和谷
 
2012年9月1-2日
 
暑い夏には沢泳ぎ!ということで4人メンバーで南紀の古和谷に行ってきた。昨年の台風のために、北山川にかかる吊り橋が流された!という信じられない事態のためいきなり北山川を渡らなければならない。放水している岸から流れに乗って対岸へ。チョー気持ちいい!古和谷までも所々泳ぐ。古和谷下部は埋まってしまって、ゴムボートで突破していた昔よりも浅くなったらしいが、楽しく泳いで滝に取り付いて超える場所が何カ所か出てくる。突然、頭上の岸壁にトンネルが現れて驚かされる。
 
ゴルジュを超えると気持ちのよい河原が現れ泊まりたくなるが、まだお昼頃なのでミンミンゼミの鳴き声を聴きながら我慢して進むことにする。とはいえ、昼過ぎには二股に到着。左股に入ったところで早々と焚き火をして昼寝をするがアブがよってきてうざい。夕方になると蚊の襲来。小さいながらもヒルも姿を見せる。そんな野性味たっぷりの南紀の夜はツェルトの中で蚊の猛攻で1時間ごとに起こされ、その度に10匹以上は潰すものの、後から後から侵入され、ほとんど眠れずに過ごした。
 
翌日は、荒れた感じの谷を進んでいると、行く手を滝に遮られる。左の枝谷の様子をみるために進んでいくが、結局この谷を詰めて尾根に出ることにした。やがて立派な山道が現れる。すこし右に進み吊り橋後跡付近に降りる尾根を下降。北山川を再度渡ることにはポツリポツリと雨が降ってきたが、独特の風景を楽しみながら飽きるまで泳ぎ下って上陸して下山。蚊に血を吸われまくったので、帰宅途中にスーパーでレバーを買って晩飯のおかずにした。
 

(投稿者: 禰庵)

南紀・八木尾谷

南紀・八木尾谷  20012年9月22日・23日 1泊2日
           メンバー  K・M・他5名
 
今回も八木尾谷を遡行する他のメンバーの仲間に入れて貰って、金曜の夜発で現地に向かった。
現地で車を駐車する為に集落に入って行くと、先行者の車が1台停っていたので
私達は村の人に聞いて、橋を渡った所に車を駐車させて貰う事となった。
今回1人が風邪で不参加となり、総勢7名での遡行。
入渓して暫くは平凡なゴーロ歩きとなったが、堰堤を4つ越すと滝が次々と出て来た。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリーで登れる小滝が楽しませてくれたが一応シュリンゲをだす。


                                                                       
 
 
 
今度はロープを出して、左岸から登ったり、釡を泳いで取り付いたりと
中々スムーズに進めないが、飽きる事の無い滝の連続に楽しいが緊張する。


                                                                            

                                                                       
   
 
 
やっと小滝が続き、ホッとするもロープを出したりと人数が多いので時間が掛かったので
先を急がねば・・・(-_-;)


                                                                                      
    
 
 
何とか4時前に泊地に着いて、それぞれに焚き火の準備・タープを張る準備に追われて
焚き火での宴会となった。
雨の降らぬ間に飯盒2缶のかやく飯を炊いて、マッタリした頃に
予想通りに雨がポツポツ降り出し、タープ下に移動して宴会再開となった。
大きなタープで雨に濡れる事なく、宴会も楽しめたし、寝るのもタープ2つで充分濡れずに
爆睡出来た!雨でタープだけで寝るのは初めてだったが、全く問題無し!
逆にタープの凄さを知った(大きなタープは手作りとの事でした)
翌日は雨が降ってたので、1時間出発が遅くなってしまうが
遡行を開始すると殆ど止んでいた(良かった)

二俣を左俣に行く事にして、時間が来ら適当に登山道に
出る事に決まった。
左俣でも滝の連続で登ったり、高巻いて懸垂で降りたりを
繰り返し沢の面白さを充分に味わえる沢と言って良い。
しかし人数も多く時間が掛かり、日暮れも早いので
奥の二俣手前で詰め上げて登山道に出た。
 
後日解ったのですが、先行してた2人はなんと会員の
H夫婦だったのには驚きました。
PCが故障でメーリングに上がってなかったので、お互いに
解らなかったのですが・・・
H夫婦は雨予報だったので、初日で奥の二俣まで遡行してたらしく、その上がまた面白かったそうな!
流石H夫婦ですね!(早い!)
次回はこの続きで奥の二俣下から入渓してその上を遡行してみたいなーと思ってます(#^.^#)