台高 蓮川・ヌタハラ谷 (夫婦滝 右岸巻き)

【日程】2011年7月17日(前夜発 日帰り)
【メンバー】U阪・他1名
【報告者】U阪

学生時代の後輩Y君と二人で
ヌタハラ谷に行って来ました。

出発は少々遅れて、現地に11:30頃の到着。
1:00頃までウダウダと飲んでいました。

ので、朝もスロースタートの8:10入渓です。


  

のんびりペースで9:40
夫婦滝の下段20mに到着。

数年前に来た時は、同会のSちゃんが滑落するというアクシデントがあった。
高さ10m位から剥がれて斜面でワンバンして釜へ落ちた。幸いに大きな怪我は無くて良かった。
僕にとっては曰く付の谷だった。

滝の処理は左岸ルンゼを少し進み行き易いところから左にトラバースする。
ちょこちょこと登ると、上段の滝の全貌が観えた。

下段の落ち口からは斜瀑が少し続いていた。
上段60mの滝は2段になっていた。


  

夫婦滝 下段20m                      夫婦滝 上段 60m

すぐに寄れそうなのでトラバースして寄っていった。
上段2段目10mも登れそうなので登ってみた。

上段一段目(3~40m?)の釜に真上からの滝が落ちてきてとても気持ちいい。
戻ろうと思ったが、ここまで来たんだから、
何か突破できるルートは無いものか?

左岩の側壁は発達して立っている。
右岸は張り出し部の上までは2段になっていて、
パッと見では難しくなさそう。

あそこまで行ければ後は簡単に巻けそう・・(に見えた。)

右岸の一段目に登り2段目からは念のためザイルを伸ばす。
高度感は多少あるものの容易に張り出し上部に到着。(1P)

さて、その上は・・
左には延々と壁が続いていてチョットしんどそう。
張り出しから続く壁が一番容易そうだった。


  

上段の一段目3~40m                    夫婦滝 上段 (右岸から)

取り付くと割りと泥っぽく所々手掛かりが薄かった。バランシーな感じ。
顔とかドロドロになりながらも何とか勘とか攀じあがった。適度な所でピッチをきる。(2P)

上に続く壁は高度感は増すものの、根も多くてモンキークライムで楽勝だった。(3P)

やっとこさ右岸落ち口に到着。思ったより悪戦苦闘した。
時間もかなり食ってしまった。
既に13:00。Y君も大分と疲れているようだった。

ここでお昼として、後は下山することにする。

【感想】

予定では、初心者も同行だし夫婦滝付近でアッサリと引き返すつもりだったが
もうちょっと・・もうちょっととスケベ心が膨らんでいって・・・

思ったよりハードな内容になってしまった。同行者を限界まで引っ張ってしまい申し訳ない。

登り出して「悪いな」と思っても「ここさえクリアすれば・・」と
引き返すのが億劫になって次々と行ってしまう。
素直に下がる事が出来なくて・・

また時間を掛けたくなくて、自己確保も適当な感じでやってしまう箇所があった。
色々と反省多い山行になった。

次は普通にササッとトレースしたいと思います。

【タイムレコード】

入渓 8:10
夫婦滝到着 9:40
(休憩)
下段落口 10:30
上段張出部 11:20
上段落ち口 13:00
(お昼)
下山開始 14:00
林道 16:20
駐車地 16:40

南紀 十津川・橋の谷(下部ゴルジュ)


【日程】 2011年7月18日(日帰り)
【メンバー】 シブ&コージ
【報告者】 シブ
 
 橋の谷は、十津川の右岸の支流で、二津野ダムを見下ろしながら国道168号を南下していくと、新道と旧道と分かれる所で、右手の岩壁に大きな滝が掛かっているのが目に留まります。その大滝の掛かる谷が十二滝谷で、その一つ下流に橋の谷はあります。出合は、貧相で、橋桁に名前が記されていなければ、疑ってしまいます。
 
 仕事道のある左岸側から入谷すると、いきなり連滝帯となります。しかし、谷中には導水管が伸びていて、うっとしく、溯行気分が害されます。小滝を数個こなすと、二段8mの滝が現れたので、軽く小手調べと行きますが、上部が悪くて、テラスに上がったところで、慌ててザイルを出しました。
 
 しばらく行くと、二条10mの滝。これも登れなくもなさそうでしたが、左岸の仕事道から巻きました。その上には堰堤がありました。
 
 谷はちょっと開けて明るさを感じるようになったところに、15mの滝(写真)が掛かります。両岸は壁が立ってきて、いよいよ核心部に入っていくようです。ここは左岸の仕事道からも巻けたのかもしれませんが、右岸からコージの際を行くようなルートファインディングで滝の頭へと登り出ました。
 
 
 大岩を挟んだ二条の滝、二段4mの滝を越えていくと、左岸側が大きく開けて、スラブの壁が聳えているのが、目に入ります。谷間には、ナメが続いていて、気持ちいい所だったので、ここで、一服としました。
 
 
 トユ状4mを直登すると、20mほどの比較的見栄えのする滝(右の写真)が現れます。ここは直登は厳しいので、左岸をモンキークライムし、最後は滝身に出て、頭に登り出ました。頭は、ナメとなってしばらく、続いています。
 
 
 
 
小滝を過ぎるとゴーロとなって、またもや堰堤の登場。しかし、その先で谷間は狭まって、薄暗く伸びています。
 
 2段6m滝を直登すると、その先には、両岸立ったところにCS滝5m滝が、待ち構えていました。さすがに「行き止まりか・・・」と思われましたが、しかし、近付いて見て見ると、CSの右の脇から突破できそうです。ここは、ザイルを出して、コージがリード。抜け口がちょっと悪く、奮闘的チムニーで滝の頭へと登り出ました。
 
 CSの上に立つと、薄暗い廊下の先に、キラキラと光っているものが目に入り、大きな滝が掛かっているのに気付きました。あれが、この谷最大の布引滝なのでしょう。しかし、そこに辿り着くには、まだ幾つか関門が待っているようです。
 
 凹状の4m、5mの滝は直登でこなすことができましたが、その次に立ちはだかるCS状7m滝は、厳しそうです。あまり巻きたくなかったのですが、ここは右岸から巻くことにしました。
 
 右岸の小尾根っぽい所を登って行きますが、あまり高度を上げてしまうと下降がしんどそうだったので、滝の高度くらいのところで、バンドを辿って滝の頭へとトラバースしていきました。巻いた斜面は岩屑の堆積した脆い壁になっていて、慎重に登らなければなりませんでした。
 
 小滝を簡単に登ると、とうとう布引滝の前に立ちました。谷は大きく開けて、扇状に岩肌に水を流れ落としていまます。50m以上はあるのではないでしょうか。
 
 布引滝を眺めながら、昼食としました。「ここから先、どうしよう?」と言う話になり、睡眠不足もあって、「右岸を登って仕事道に出て、さっさと下山しよう」ということになりました。しかし、この選択はミスで、右岸を登って行くと、壁が立ってきて安易に尾根に出られないことに気付き、引き返すことになりました。
 
 
 「安易に下山しろうとしたら、あかん」ということで、布引滝の前に戻ると、今度は左岸から高巻くことにしました。枝沢をしばらく登った後、カンテ状の岩場へと大滝側へトラバースしていきます。カンテをそのまま直上しても良かったのですが、さらに大滝側へと入って、ブッシュの生えた凹状を登って行きました。登っている最中、コージはスズメバチの追跡にあって、しばらく停滞して、去っていくのをじっと待っていました。
 
 布引滝の上部は段々となっていて、快適にシャワーで直登して行きますが、頭に出る直前が悪く、微妙なトラバースで頭へと登り出ました。
 
 その上には5mの滝があり、右岸のバンドから頭へと出ます。息つく間もなくその上には5mのスラブ状の滝が待ち構えて、ここもコージのリードで直登しました。しかし、次の8mほどの滝は、その上に続く滝と一緒に右岸か巻きました。河原と少し歩くと、二段15mを左岸からまいてしまうと、谷は河原となって、橋が掛かっているのが見えました。
 
 ゴルジュはここで終わりで、後は橋の掛かる仕事道を辿っていくと、国道に降り立つことができました。下山時、尾根から見下ろした二津野ダムの光景が、ひと時の癒しを与えてくれました。
 
 

『 秘瀑』 出版!

 ブログでも何度か触れていましたが、故・川崎実さんの集大成とも言える写真集、 『秘瀑~台高山脈珠玉の渓~』が、いよいよ山と渓谷社から7月22日に発売されるされることになしましたので、お知らせします。
 
詳細は以下の山と渓谷社のページで
  ↓↓

台高 東ノ川・西ノ谷(ゴルジュ核心部)

【日程】  2011年7月10日(日) 日帰り
【メンバー】  シブ&コージ
【報告者】  シブ
 

 台高の東ノ川・西ノ谷は、短い行程の中に泳ぎと滝登攀を存分に楽しむことのできる台高の中でも秀逸な渓谷です。アプローチは、ごく容易で、林道を10分程度下った所に、そのゴルジュは存在しています。
 
 当日午前三時に目覚めて出発したのですが、前日の仕事やジムトレの疲労があったのか、二人ともひどい睡魔に襲われてしまいます。“杉の湯”で数分の仮眠を取るつもりだったのが、1時間以上も眠ってしまいました。。
 
  しかも、林道を坂本貯水池まで行き過ぎてしまうというロス。でもまぁ、すぐ上がれば林道だという気安さもありました。橋桁の掛かる綺麗な枝沢を下って、西ノ谷に下り立ちました。
 
 降りると、いきなり淵で、“ドブン”と飛び込み、ひと泳ぎです。どうも降り着いたのは、不動滝を越えてしまった地点のようでした。
 
 
 
 
  河原となった谷を何となく歩いていくと、釜を持った滝らしい滝に出会います。向かって水流の右手にはバンドがあって、そこに上がることさえれできれば、登れそうです。
  
 
 「私がやる!」とコージからリードを奪い取って登り始めますが、しかし、スラブからテラスに上がる所が微妙で、粘った挙句、降参してコージに交代してもらうことにしました。
 
 
 リードを交代したコージは、私が苦慮していた箇所をあっさりクリアし、登ってしまいました。最初からコージにお願いしておけば、こんな無駄な時間を使わなかったのでしょうが・・・しかし、イメージしていたラインは正解だっただけに悔しさが残りました。
 
  その上にも滝があって、それは右手を快適なシャワーで登ることができました。その滝の上にはナメが続いてます。
 
 
 
 小滝やトユ状の滝を越えていくと、両岸の壁が立ち始め、ゴルジュ帯に入っていきます。、大岩を脇から越え出ると、端正な簾状の滝の先に滝が連続して掛かっているのが見えました。
 
 
 大した泳ぎはなかったのですが、コージは何時になく寒がっています。しかし、水流左手に入ったクラックが登攀ルートのようで、直登するとなると濡れることは必至です。こここは、先程の汚名挽回で、私がリードを担当することにしました。
 
 

 釜を少し泳いだ後、残置にスリングを掛けてアブミで取り付きます。実際取り付いてみると、しかし、釜の向こう側からイメージしていたような、支点が決められるようなリスはなく、辛うじて浅打ちできたハーケンに支点を取りました。
 
  しかし、安定したテラスをなすCSまでまだ幾ばくか距離があり、浅打ちしたハーケンに更に立ち込んだ後、微妙なフリーでCSの上に登り出ました。フリィクションで辛うじてスタンスに乗っているようだったので、「落ちなくて、良かったぁ~
」と、CSの上に立った時、ほっとしました。後は、容易なチムニーで滝の頭に立つことができます。
 
 
   さて、その上には二段となった大滝が聳えていました。今度はコージのリードで、右岸の凹状となった草付きから取り付きます。凹状を少し登った後、スラブをトラバースして、下段の滝の頭に出ました。ここでピッチを切った方がザイルの流れは良かったのですが、コージは欲張って更にカンテを登った先にあるテラスでピッチで切りました。
 
 
 カンテのクライミングは露出感満点の、今回最高に美味しいピッチです。「ズルイぃ~
」と思いながらフォローしましたが、テラスから二段目の滝の頭へのトラバースが、僅かながらも残されており、最後は私のリードで終えることになりました。
 
 しかし、それにしても絶妙なライン取りです
滝登攀のエッセンスを凝縮したような登攀を楽しむことができました。
 
 この上には、更に深い淵を要した斜滝が待っています。しかし、右岸の岩棚をトラバースし、狭いチムニーを、もぞもぞをと這い上がってザイルを使うことなく越えるこができました。
 
 ゴルジュはまだ続くようですが、時間も15時となって、いい頃合だったので、ここで溯行を打ち切ることにしました。尾根を数分登って行くと、簡単に林道に出ることができました。
 
 

大峰 十津川・葛谷

 
【日程】 2011年6月4日(土) 日帰り
【メンバー】 シブ&コージ
【報告者】 シブ
 
 葛谷は、十津川の左岸にある二津野集落の麓から玉置山へ詰め上がる谷です。
この谷には、大峰特有の威圧的なの発達はほとんどなく、谷沿いには仕事道が伸びていて、玉置山へのバリエーション・ルートとしてお勧めです。
 
 普段も水量の多い谷のようですが、この日は梅雨の大雨で増水していて、泳ぐことも勿論、渡渉もなかなか困難でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 轟き落ちる直滝。
ここは、右岸を巻きました。
 この谷は、ほとんど右岸巻きだったような気がします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 山手谷出合付近のナメ滝。
退屈な河原歩きが長い間続いたので、コーヒーを沸かして、ちょっと一息です♪
 
癒されますねー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

詰めは、本谷には入らず、左又のとある枝谷を詰めました。
 
 枝谷に入ると、しばらくうっとおしい間伐材を潜っての河原歩きが続きましたが、辺りが自然林帯に覆われるうおになると、ステキなナメ滝が続きました。
 
 写真は、綺麗な佇まいを見せる二条のナメ滝。
退屈さを我慢してここまで歩いてきて良かった、と思えた一瞬でした。
 
 
下山は林道から送電線の巡視路を使って二津野集落まで降りました。道は、よく踏まれ、明瞭でした。

いよいよ大詰め(2011年6月集会)


 6月8日(水)の昨日、京橋の会場で、わらじの集会が行われました。いつもは第一週目の水曜日なんですが、6月は第二週目です。
 
 昨日は7月に出版予定の故・K崎さんの作品集のことを中心に話し合われました。その作品集は、台高の滝という滝を網羅した、前代未聞のものです。
 作成半ばでK崎さんが亡くなられた為、滝の場所が分かっていないものがあり、息子さんやわらじの会員たちで手分けして同定作業をこれまで行ってきました。同定できていないのは、あと数滝を残すばかりで、出版に向けて、いよいよ大詰めに入りました。
 
 K崎さんの追悼号の編集の方も進んでいるようで、編集者のOさんから簡単な報告がされました。これも出版が待ち遠しいですね。
 
 沢シーズンに入り、活気づいて来た今月の集会でした

南紀 和田川 鳴谷


【日程】 2011年5月15日(日帰り)
【メンバー】 シブ&コージ
【報告者】 シブ
 
 熊野古道の一つである小雲取越えのある赤木川流域。その更なる奥地、“奥熊野”と呼ぶにふさわしい和田峡に注ぎ込む渓谷、鳴谷。
 
 獣の声が鳴き止まないほど深山にあったのがその名の由来だったのか、それとも滝の音が鳴り止まないのが、付近の村人からは、あたかも渓が鳴いているように聞こえたのか?
兎に角、想像を掻き立てる名前だった。
 
 出合から入ってすぐに現れる連滝帯。
ここは右岸のバンドに這い上がり、トラバース。取り付くワン・ムーブにパワーと、トラバースにはバランスが要ります。
 
 
 
 

 最初の連滝帯を過ぎると、一段落付いた気分になりますが、直ちに、廊下帯に突入します。淵は浅いので、じゃばじゃばと、渡渉して行きます。
 
 廊下の先で、不意に渓は右に折れ、その先にこの滝が掛かります。ここは、左岸のクラックの入った岩場に取り付いて、チムニーっぽい感んじで登り、滝の頭へと出ます。
 
 この後、谷は河原になり、時々、炭窯跡などが両岸に見られました。
 
 
 しかし、これら先も釜を持った美しい滝が、次から次へと現れて、私たちを全く厭きさせません。
 
 
 
 
 
 
 
 この滝で、一番、美しいと感じた滝。
裾広がりに水流を釜に落とし、眩しい位に輝いていました。
 
 その上で、ちょっとしたゴルジュになりますが、右岸から容易に巻いてしまいました。
ゴルジュを越えると、右岸から大きな枝沢が入ってきました。
 
 

 左の本谷に入ってからも、滝は息つく間もなく現れます。どれも、直登や、トラバースで、簡単に越えれたと思います。
 
 しかし、谷は次第に傾斜を上げて駆け上がって行きます。両側には、威圧的なが聳えるのが見えると、25mのこの滝が現れました。
 
 「どちらから高巻こうか?」。二人の意見は、一致し、左岸から巻くことにしました。
 ルンゼをしばらく登り、頃合を見て滝側へトラバースしてきます。臭いバンドを見付けたので、それを辿って、頭へと伸びる尾根に出ましたが、なかなか微妙な箇所もありました。
 
 後で調べたら、多くの人は右岸を簡単に巻いているようです。
 
 鳴谷大滝まで、あと一歩。
しかし、休憩後、この谷最大の核心と思える2段滝前で、引き返すことにました。前日のジムでの疲労があったので、気楽な所で下山しておこう・・という何とも、フヤケタ結論です。
 
 
 下山は、谷筋沿いにある仕事道を辿ってきました。不明瞭に一瞬なる所もありましたが、大きく外すことなく、無事に出合に降りつくことができました。
 
 
 

大峰 前鬼本流

【日時】2011年 5月 8日
【エリア】大峰 前鬼本流
【メンバー】Y田・T時・K宗・I田・Y田君・T橋・H尾・U阪
【報告者】U阪

大峰 前鬼川 本流へ行ってきた。
今回は、イラストレーターのH尾さんが同行された。

H尾さんは、ヤマケイ「山岳会へ行きましょう」のコーナーで
イラスト&文を掲載していらっしゃいます。
6か7月号に大阪わらじの会が紹介される予定です。

集会の取材は先週に終わっていたのですが
折角なら一度ご一緒しましょう!って事になり今回の山行になりました。

H尾さんの専門は岩・ボルダリングの様で沢は相当に久しいようです。
総勢8名。当会としては珍しく大人数。

黒谷から入渓して本流出合いまで下降。
潰れたつり橋の辺りから溯行開始する。

30分程で2段10mが出てくる。
エメラルドグリーンの釜を備えた滝が豪快だ。
夏なら釜で泳ぐ事もできるが、まだチョッと寒い(しかし元気なY田君はジャンプ一番!やっぱ若っ!)
左岸をサクサクと登って、右岸に渡る。


  

                                  

  

                                  
その後は、ナメ100m程続く。
暫く進むと滝ノ谷出合い付近で詰まる。
夏場なら迷わずジャブジャブと突破する箇所だろうが、今日はちょっと・・
左岸のスレスレをヘツッタ。僕とY田氏は右岸を高巻いた。


  

直ぐに湧き水エリア。
四方八方から伏流水が噴出して綺麗な場所です。

今日はお昼もユックリしたいので少し行った所でお昼&焚き火タイム。
5月と言っても、まだ肌寒く焚き火が恋しや~

1時間ほどユッタリして下山することに。
谷をそのまま下降しました。

イラストレーターのH尾さん。
トークのセンスが抜群で、中々笑かしてくれます。個性的で楽しい方でした。
メンバーにもアッと言う間に打ち解けて、この日のムードメイカーに。
違和感”ゼロ”でしたね。お陰で楽しい山行になりました。
また、機会あれば宜しくお願いします。

白熱した集会(2011年5月集会)

 昨日、京橋の会場でわらじの集会が行われました。私は久々の参加。今回は、川崎さんの追悼号の事故報告の部の原稿が上がってきたので、その読み合わせが行われました。
 
 大抵は、静かに終る集会なのですが、珍しく議論が紛糾し、終了時間の21時を大きく回ってしまいました。どこまで事実を記述してよいか?という問題は、ナイーブかつ、複雑な問題ですが、何とか着地点は見付けられたようです。
 
 川崎さんの息子さんも後から来られて、山と渓谷社から出版予定されている、川崎さんの撮った滝の写真集のことも話し合われました。原稿があるものの写真がないものや、写真や文章があっても場所が特定できないものがあるようです。この写真集は、川崎さんの集大成となる作品です。出版されたら、今でかつてない写真集になるのは、間違いないです。
 
 今回の集会には、見学に来られた、男性の方が一人おられました。ブログや、HPを見て頂いているようで、嬉しい限りです。入会してもらえるかどうか、分かりませんが、色々迷う前に、兎に角、一度、沢に出掛けてみるのが、一番です。
 
 

大峰 白川又川・十郎谷

【報告者】 シブ
【メンバー】 シブ&コージ
 
 GWにどこか谷中泊する沢に行きたいと二人で相談してると、白川又川の十郎谷のことが思いついた。
 
 十郎谷は、昨年のお盆休みに計画していたのだが、天候が思わしくなく、嫌な予感がしたので、前夜発して白川バス停まで来ていたが、当日の朝、止めて帰ってきてしまった。
 
 K崎さんが亡くなれたのは、まさにその日で、あの時の変な予感がああ言う形で的中してしまった。

“大峰 白川又川・十郎谷” の続きを読む