橡谷川 丸塚谷ニノ沢敗退(後に一ノ沢左又だったことが判明)

『溯行』20号には、茂木氏による丸塚谷各支谷の詳細な記録が載っている。

その中の二ノ沢出合には「百から百五十米の連滝帯」があり、未溯行部分として残されていたので興味を持った。

“橡谷川 丸塚谷ニノ沢敗退(後に一ノ沢左又だったことが判明)” の続きを読む