5月19日(日)快晴 だが風強し

メンバー
名塩村民さん、Harakenさん、ツトムクルーズ

🎵〜 懸垂下降の僕が     揺れるミノムシに似てる

あれは谷を詰めた最後の頃       岩壁出てきて退却の時

ロープ離さないぞと       泣きそうな目をして固まる僕は

震える手でザイルをギュッと   握りしめ握りしめ 離さない〜🎵

こんにちは、つとみょんです。
実は、隠れあいみょんファンです。

 

今回は、ワラジ先輩方にゴルジュ帯スイムツアーを企画して貰ったのですが、近畿南部の天候が良くなかったので、逃れ逃れ北上、若狭の沢をチョイスして貰いました。

若狭といえば、海水浴や魚釣り。
家を出る時、日本海に行くとカミさんに告げると
「アンタ、潜りに行くの?」と勘違いされました。

そして、当日。
コンビニで待ち合わせ、すぐ近くの出発地点へ移動、国道から近いのでアプローチも楽です。

最初、入渓したのは、後に出てくる堰堤の下流。
なんだか水の透明度もイマイチ。
でも、イキナリ小滝が登場したので、名塩村民さんの雄叫び or 奇声と共にシャワークライム開始です。
早々に濡れたけど、テンション上昇です。

 

それからは、なんだか貧相な渓相に。
すると現れたビックな堰堤!
「そ、そうか。これで沢の水もあまり綺麗じゃなかったんだな」
ここは巻いて行きますが、堰堤を山上から吹き抜ける風はジェット並みでした。

巻き終わり、本流を見極め、再び遡行開始です。

沢の水もツトムクルーズの心の様に澄んできました。(ハイ、ウソです)

すると出て来る小滝、10、20いやマンチクリンです。

中滝、大滝には平伏していますが、小滝には強気なツトムクルーズ。

「ちょっくら遊んでやるか?」

「今日のアッシには小滝ビーム(スプラッシュ攻撃)は効かねーぜ!」

水温上昇とネオプレーンの完全武装により小滝を撃破して行きます。

中には強者も居て、巻きを強いられたりギブ ミー ロープをコールした時もありますが、良い調子で撃破して行きます。

と、先行するHarakenさんの動きに異変が!

躍動感のある動きから、太極拳の様な緩やかな動きに、時には静止しています。

そうです、敵も我々の善戦に対抗してスリップ地雷(ヌメヌメ攻撃)を投入して来ました。

この攻撃には、かなりの苦戦を強いられました。

「す、滑るー」の声とドボンの水音を聞いたような聞かなかったような?

本日のメーンイベント、小滝軍団との戦いは大変楽しめました。

そして、最後の山頂への詰め。

スキルの薄いツトムクルーズには手強い相手でした。

「誰か俺様の身体にグリスを塗ってくれ〜!」

そんな物有るはずもなく、ボロボロになりながら先輩たちに遅れること10分、なんとか山頂に立つことが出来ました。

海抜786mの低い山とはいえ、山頂からの景観は素晴らしかったです。

青い空、青く広がる若狭湾、三方五湖周辺の街、里山ならではの景色の良さです。

そして、先輩方、巻き詰めとも長い間、待たせてすいませんでした。

下山時、毎回のヨレヨレ状態になりながらもなんとか完了しました。(合掌)

 

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

「今古川 de 雲谷山 in 若狭」に4件のコメントがあります

  1. シャワクラ全開、本格的な沢シーズン到来ですね!

    経験値高いかまちゃんと沢慣れして来たツトムクルーズさんとの山行も
    これからどんどん増えてくれそうで、楽しみにしていますー!

    1. これから、私の好きなシャワクラの時期がやって来ました。
      ビビリながらも、果敢にアタックしますのでヨロシクお願いします!

      先輩たちに色々と教えてもらい、少しは前進してる様な気はしてますが?
      戦力外ステッカー額に貼り付けて頑張ります!

  2. 早速アップありがとうございまーーっす!風きつかったっすけど、おかげで尾根歩きも快適でした。最後のサワノボラーならでは?の下山ルートにも満足できました。また おねがいしゃーっす。今度はホンモンの藪漕ぎ、いっときましょーw

    1. こちらこそ、どうもありがとうございました。
      中途半端なロープワークしてしまい、以後気をつけます。

      下山時のルートセレクトは、ヘタレ魂マックスの選択でした。
      登山道の登り返しに嫌気がさし、チョイスしたのですが、倒木やら崩落が多くで花咲か爺さんの欲の深いオヤジになった気分でした。
      その後、アスファルトが見えたときには、[俺たちひょうきん族]の懺悔の判決が◉と出た気分でした。
      まさに人生、七転び八起きですね。

      最初は、どうかな?と思ったのですが、小滝がいっぱいで、凄く楽しめました。
      次回も期待してますので、懲りずに声をかけて下さい、ヨロシクです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です