7月の集会

7月の集会は7/5(水)に19時から都島区民センターで行われます。(毎月第一水曜日です)

HPに載っていない記録も含め、月の山行本数が30本を超えてきて、やはり夏は活気づくなと感じています。

今年は20代新入会員も複数入会し、会としても沢モード全開といったところでしょうか。

沢に興味がある方、一度わらじの会を覗いてみたい方、気軽にお越しください。

 

集会とは関係ないですが、今年も海外遡行同人の全国沢屋集会に参加してきました。

台湾etcの記録発表、モチベーションの高い沢屋の集まりにこちらも刺激を受けました。

天気は悪いですが、今月もガシガシ行きたいところです。

吹雪の納山祭

 2014年の納山祭は、寒波到来で、吹雪の中の開催となりました。
 
 会場となったのは、三之公川の河原で、すぐ隣で、渓遊会も納山祭されていて、二会合同となりりました。
 
 
         焚火は吹雪をもろともせず燃え盛っています!
 
 
         夢水さん、ご友人による地鶏の焼き鳥です♪
 
 
         可愛ゆいゲストさんによるけん玉の実演もありました
 
 
         雪にも風にも負けず、深夜まで呑み明かしました

大阪わらじの会50周年記念パーティ開催!

       式典の模様。
 
 
 11月23~24日、大阪わらじの会50周年記念パーティが、生駒山麓公園で開催されました。わらじのOB、現役会員のみならず、他会からの参加者も数名おられ、合計36名の方にお越し頂きました。皆様のお蔭で、大変印象深い記念パーティになったかと思います。参加して頂いた皆様、この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。
 
 まず、14時からの式典。段取りが悪く、30分ほど開催が遅れてしまったのは、申し訳なく思っております。しかし、三代目代表の茂木さん、四代目代表の吉岡さんから貴重なお話を頂き、非常に興味深く耳を傾けました。なお、式典は、次のような式次第で行われました。
 
 
開式             司会        吉田雅憲
式辞             三代目代表    茂木完治
式辞             四代目代表    吉岡 章
式辞             わらじの会現役会員およびOB参加者 有志による「大阪
                わらじの会」
「最近の登攀について」  長谷川真由美  
 
 
 さて、式典後は、野外センターに場所を移して、懇親会が行われました。バーベQに鍋料理を皆様で突きながら、消灯の22時まで沢談義に華が咲きました。なお、OBの故・岩野和彦氏の奥様から榛原牛の差し入れを頂き、皆様で美味しく頂くことができました。
 
 翌朝、昨夜の余韻を残しながらながら7時過ぎに朝食。10時には早々解散となり、50周年記念パーティを無事に終えることができました。
 
 あっという間に過ぎた二日間でしたが、遥々お越し頂いた皆様のお蔭て、本当に記念的なパーティになったかと思います。改めて、有難うございました!
 
 
          懇親会にて。

50周年記念いよいよ

 大阪わらじの会50周年記念パーティが、いよいよこの週末に迫りました。OB、現会員含めて約30名の参加表明を頂きました。どうも有難うございます!!
 
 14:00~16:00に行われる式典のみの参加も可能なので、参加表明されていない方も、足を運んで頂ければ幸いです。
 
 案内状にも書いていますが、11月23日(土)に、生駒山麓公園のふれあいセンター内の研修室で、14:00から式典を開催致します。
 なお、16:00頃から懇親会を野外活動センターで行います。鍋やBQなどをご用意しております。懇親会参加の方には、照明が少ないので、ヘッドランプなどの明かりを持参して頂ければと思います。
 
 半世紀という歴史を刻む大阪わらじの会を皆さんで振り返る、思い出深い時間にしていきたいと思います。

50周年記念パーティ参加者の皆様へ

 大阪わらじの会50周年記念パーティ参加される皆様、参加表明どうも有難うございます。
準備の方も着々と進んでおり、きっと印象的なパーティになるかと思われます。まだ参加表明されていない方も、まだ参加可能なので、50周年という大きな区切りを、わらじにかかわって来た皆様と祝っていこうではありませんか!
 
 さて、式典後、16:00から予定されている懇親会ですが、会場となる野外センターは明かりはあるものの、それだけでは暗いようなので、参加される方はキャップライトなどの照明器具をご用意された方がいいかと思います。
 
 また、参加される現役会員の皆様には、常設テントでその晩は宿泊して頂くことになっており、シュラフの用意をお願いします。これらの装備の用意を案内状に記載していなかったので、こちらで告知させて頂くことになりました。

 

50周年記念行事に向けて(2013年3月6日)

 3月6日に、京橋の会場で3月の集会(所謂、“例会”)が行われました。参加者は、私を含む8名。今回は、50周年行事について話し合われました。
 
 大阪わらじの会は今年で50周年を迎え、11月に記念行事を開催することが決定になりました。現会員はもちろん、OBの方々にも声を掛けて大々的に開く予定ですが、会場の選定がまず問題となりました。集会の行われている区民センターが集まり易くていいとか(これは、飲食が禁止されているようなので、断念されました)、セミナー会場のような場所がいいとか、またホテルの披露宴会場がいいとか意見が出されましたが、今回では決定できず仕舞。
 
 11月と、開催はまだ先のことですが、50年の歴史を誇る、“大阪わらじの会”の先輩の方々の足跡を辿るいい機会だと思います。
 
 次回の集会は、4月3日㈬。そろそろ、沢の計画も上がってきそうですね。

嵐の納山祭

 
 
 
 
【日程】 2011年12月3日~4日
【メンバー】 U野、W田、N地(母子)、K藤、O野、K宗、K崎jr. シブ&コージ(会員9+1名)
        A山、O島(OB2名)
        敬称は省略させて頂いてます。
【報告者】 シブ
 
 
 2011年の納山祭は、嵐の中の開催となりました。
 
 場所は、三ノ公川・奥玉谷の出合。
20時頃に、私たちが到着した時には、雨も止んでいて、盛大な焚火がすでに燃やされていました。
 
 しかし、時間が進むにつれて、次第に雨、そして風が強くなってきました。しかし、みんな、レインコートを着込んで焚火の前から離れる者は一人もいません。風雨をものともせず、焚火のように熱い、沢に対する情熱を、それぞれが語り合いました。
 
 翌朝も突風が吹く中で、朝鍋です。
不意打ちのように襲った風で鍋の蓋が、川の中に飛んでいってしまうこともありましたが、何とか救出。。
 
 今年の納山祭は、このような天候の為に、参加者は多くはなかったのですが、色々あった一年だけに、わらじへのの思いをさら深めた、最も印象深いものになりました。

いよいよ大詰め(2011年6月集会)


 6月8日(水)の昨日、京橋の会場で、わらじの集会が行われました。いつもは第一週目の水曜日なんですが、6月は第二週目です。
 
 昨日は7月に出版予定の故・K崎さんの作品集のことを中心に話し合われました。その作品集は、台高の滝という滝を網羅した、前代未聞のものです。
 作成半ばでK崎さんが亡くなられた為、滝の場所が分かっていないものがあり、息子さんやわらじの会員たちで手分けして同定作業をこれまで行ってきました。同定できていないのは、あと数滝を残すばかりで、出版に向けて、いよいよ大詰めに入りました。
 
 K崎さんの追悼号の編集の方も進んでいるようで、編集者のOさんから簡単な報告がされました。これも出版が待ち遠しいですね。
 
 沢シーズンに入り、活気づいて来た今月の集会でした