兵庫県海岸線の大滝

Pocket

兵庫も結構色々と滝巡りをしたが、まだまだでっかい滝はある

しかし近場はぼちぼちネタ切れで、今度も最北部へ

この日は西高東低がかなりガッツリ決まっている。果たしてどうなることか

なんか色々と寄り道していたら、間塩ノ滝の登攀開始は11:30。やはりちょっと遠いというのはあるかも

少し歩くとすぐに大滝が見える。風がびゅーびゅー吹いていて既にちょっと寒い

いつものようにじゃんけんをし、knjr氏が1ピッチ目へ

このあたりから右へ行くラインを探ってはいたが、なにぶんシャワーで寒すぎ

諦めてもうちょっと左のラインへ。ここはフォローでも寒かった

そして岩もぬるぬる。何故かガバはいっぱいあるのが救い

なんとか無事に上部へ。ここからは見えていない部分も含め、ロープスケールで40ちょい伸ばしてピッチを切る

ここは日本海を見下ろしながら、しかも暑い時期ならシャワークライミングで爽快だろう

滝上はゴルジュ状の連瀑。もう終わりか?と思っていただけに嬉しい

最後の滝。ロープなしで取り付くが、上部がぬるっているし結構怖い

ちょっと右に逃げて登ってしまった。こいつ含めて全7段100mちょいというところか。この上は穏やかなナメが続いていた

立木伝いに降り、最後は懸垂40m弱で取り付きへ。スタートが遅かったのでこの日はこれで終了

というか寒いので温泉へ。この日、氷ノ山は初冠雪したらしい。さすがに日本海すぐそばでのシャワーはありえなかったか

翌日は、寒さに負け8時頃にスタート。けど前日よりはましだな。風も弱いし。大分気圧配置が改善された感じだ

あまるべ三大海岸瀑の一つを目指すが、前回と同じく海岸ギリギリまで石積みで田んぼ?の跡が残っている

昔の人の苦労を考えると、本当に凄いと思う

とか考えながらだらだら歩いていると、急にすとーんと切れ落ちる

眼下には日本海の荒波。いや、予想より荒波だなこれ。昨日こっちに来てたら最悪だったかも。ナイス判断

滝はゴルジュ状に海へ落ちている。とりあえず懸垂開始

こんなところへ。本当は海から登りたいところだが、この日の波だとあっという間に溺れる絵がリアルに目に浮かぶ

というわけで、このあたりのバンドでお茶を濁すことに

 

波にえぐられ?奥が見えないくらい深い洞窟状になっている。滝の水はその横を舞う

このあたりの海岸線はどこも荒々しいが、ここもなかなかの景観

さて、滝自体は登れそうだがシャワーだなこれは。下降時にくっそぬるぬるなことも確かめているので、昨日の反省も生かしユマーリングで戻ることに

お昼前には車に戻れたが、この日は香住松葉ガニ祭りだという情報を前日にゲットしていた

終わるのが早いので、そっちに向かうことに決定し、車を飛ばす

最後はダッシュしてギリギリで祭りへ。松葉ガニご飯やらうどん、グラタン、トルティーヤと満喫しました

時間もあるので、ゆっくり岩場とか大滝とかを観光しつつ帰還。海岸線の滝は時間がかかるけど、なかなか独特で面白いものだ

投稿者: aWc

ゾウアザラシ系さわのぼらー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。