12/12~13 後山から鍋ヶ谷右岸支流下降

Pocket

滝、いくつかありましたが、癒し渓です。「ゆるふわ」ってんですか?

でも、どっちかゆうと、避難小屋泊でのキムチ鍋がメイン。

ラーメンで しめます。納山祭の日曜と同じですね。アホの一つ覚えです。

避難小屋には煙突があったんですが、焚火をすると、自分が燻製になってしまうかと思うほど、煙が充満しました。もっと小さい火にせなあかんかったんかな。

沢登りぃは続くぅ~よ~、い~つま~で~も~♪

一応、ここ兵庫県の谷なんで、関西の谷っすね。
とはいえ、例年なら今頃雪が積もってるような地域ですんで、
暖冬を実感した次第です。
written by 名塩村民

投稿者: 名塩村民

元サイト管理人。人生初遡行2001年7月。以後、"登攀の蓄積"ゼロ。自分のチョットした思いつきを沢登りの行き先、ルート取り、などなどにPDCAで回していくのが好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。