奥美濃 川浦谷 海ノ溝谷

10月9日 海ノ溝谷へ行って来ました。

メンバー:k-daさん、n-gay、m-zoさん(若い会外)

k-taさん以外の二人は海ノ溝谷遡行は初めてで、レベルの高い泳ぎの沢という事で少し緊張の中、7時過ぎに川浦谷から入渓。

10月に泳ぎの沢という事で、寒いかな?と心配してましたが、3人ともウエットスーツ着用で、思ったより寒さはなく遡行できました。

海ノ溝谷出合いの1つ目の2m滝は左岸をヘツリ、2つ目の小滝は激しい流れに逆らって流心を攻めるk-taさん
3m滝は左岸高巻き。後続の二人パーティは、滝の右から突破されていました!リードされていた方は、とにかく泳ぎが上手い!簡単に取り付いているのを見て、若手のm-zoさんがこの先の核心CS4m滝で抜群の身体能力を発揮!
n-gyさんはラバーソールでチョット失敗、岩がヌルヌルでヘツリも慎重にかつ大胆に?
ここが核心のCA4m滝。m-zoさんが粘りに粘って見事に取り付き成功!その後も粘りに粘って突破!見事な身体能力の高さと、精神力に感動!
もう一枚!後続の二人パーティの方も驚かれてましたよ!

今日は天気もとても良く、15時に林道に詰め上がり下山しました。アドベンチャー度満点な楽しい沢登りになりました。メンバーの皆さんありがとうございました!

n-gayのCS4m滝の考察:滝の手前左岸に流れの落ち着いた窪みがあるので、ここまで競泳並み?のクロールで泳ぐ。(平泳ぎでは押し戻される)CSの下から定期的に激しい流れが来るので、タイミングを計って窪みから壁を蹴ってCS右下へ飛び込み、CS右下と壁の隙間にハンドジャムを効かせすぐに襲ってくる激しい流れに耐える。タイミングを計ってCS右と壁の間に立ち込む。(私は合羽を着用しており、腕も身体も足も水で合羽の中がパンパンに膨れ上がり、重くて激しい流れに勝てなかったのでお助けロープで立ち上がるも、ここでかなり消耗してしまう)立ち上がればラバーソールのフリクションは良いので、CSと壁の間を突っ張って登る。

 

Click to rate this post!
[Total: 3 Average: 4]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。