池郷川・小又谷

Pocket

8月13日は、池郷川・小又谷へ。

小又谷にはわらじに入る以前、2003年8月にかまちゃんらと一度行ったことがある。

あの時は、池原で前夜泊した。Oさんからの、大量の餃子の差し入れを今でも覚えている。

あれから、随分、月日が経ってしまった・・・。

 

作業道を辿り、アメ止めの滝を越えた地点から入谷。

でっかい堰堤は、以前は梯子で越えたが、今回は右岸のリッジから。

そうして、最初のゴルジュ。

さっそく、泳いで行くが、あと一歩が・・・・。

先日の台風の影響か、若干多めの水量だと思う。

戻って右岸を巻き、大岩越えた地点で懸垂で谷に戻る。

 

堰堤二つ越えると、またもやゴルジュ。

今度は巻かずに水線突破心掛ける。

50mザイルを持ってきたが、今のところ重り以外の何物でもない。

ギアも使い所なく・・・・。

 

大きな釜を持った10mは水流の右際を登る。

見た目以上にホールド豊富で、ザイル出したが、要らん感じだった。

以前は、左岸にトラロープがあり、それを使ったような記憶が。

 

 

そうして、二段30mは、手強そうなので、右岸から安易に巻く。

その上は、河原となって、今もありました、ブルドーザー(厳密にはシャベルカー)の残骸。

 

 

谷は、再びゴルジュとなり、最奥に斜滝を掛ける。

一応、滝の前まで見に行ってみる、水量少なければ、左側が登れるか?

戻って、残置の見える右岸のバンドから巻く。

 

ここは、コージのリードで登るが、フォローしてみると、

見た目に反し、悪いこと~~。

ヌルヌル、ズルズルで、これぞ、沢登攀という感じでした。

 

2ピッチ目は、私のリードで。。

そのまま一気にゴルジュ出口まで巻いたら面白くないので、

途中でトラバース&クライムダウンし、斜滝の頭へ。

斜滝の上には小滝が二つあり、それらを越えると、ゴルジュを脱した。

 

谷が右に曲がると、両岸の壁が聳えたち、前衛6mが掛かる。

流れ落ちた水がバンドし、うねりながら対岸の壁に当たっていて、

泳いで見に行くことはできない。

 

 

右岸から巻くが、壁が立ちはだかり、ずんずん追い上げられていく。

壁を迂回し踏み跡辿って登って行くと、6m滝上に、更に大きな滝が掛かるのが見えた。

これが二段40mか・・・印象に残るはずだが、記憶に残っていなかった(^^;)。

カリヤス谷もそうだが、10年以上ぶりに訪れると、色々と忘れてしまっていることがあり、新鮮だった。

谷は平凡となり、な~んだが、雲行も良くない。

ふと見ると右岸にガードレールが見えてしまい、「ここでいいかな」という気分になってしまった。

果たして、駐車地に戻り、着替えて、車を走らせると、夕立が降ってきた。

 

小又谷本谷の続きは、この秋にでもキャンプ目的で行ってみようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: シブ

2003年12月大阪わらじの会入会

“池郷川・小又谷” への 1 件のフィードバック

  1. 僕も10年前にいっているはずなのですが全然思い出せませんでした。。。
    なんとなく楽しかったのは覚えているのですが
    あらためて見ると、良さそうな沢ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。