水. 11月 20th, 2019

4 thoughts on “雪彦山 虹ヶ滝ゴルジュの連瀑帯

  1. 結構、面白そう!
    普段は、岩肌を濡らす程度の水量なのかな?
    鉄山ルンゼに続く、増水期お勧めシリーズ!!

    1. 開拓期から通っていた舟橋さんの話だと、雨の後だけ水音がしていたということです
      なので、普段はそれくらいなのでは?と思っています。
      この三連休の後(台風一過)とかも、ここなら大丈夫だとは思っています(笑)
      かなり面白かったですよ!

      1. 最下流の登山道が横切る!辺りは渇水期には、露岩帯の伏流水で水が、涸れていますが、旧RCC時代からの、本流から支流横の地蔵正面壁へのアプローチ・ポイントの合流点から、僅か上からは、意外と渇水時期でも、完全に水が枯れる!と、言う状況は過去30数年間で、真冬時期を除いては、あまり見た記憶は無い。
        かなり、減水するが基本的には涸滝に、遭遇する事は、無いでしょうが!お薦めコンディションは、やはり一定降雨量が、降った後。最上流域の植生が保たれて、左右からの岩盤系!染みだし水が絶えず、補充されている渓流環境は、意外と良い!上流ポィントに取水パイプ等が古くから、設置されているのも、豊かな水源地としての環境が、保たれているから、努々、入渓、遊び人の我々が環境悪化を行わない様に・最大増水時は正に、渓中は爆音!凄まじい挑戦課題。過去、数度だけ、虹ケ岳では、なく周辺範囲の秘密の場所が、完全氷結!アイスが、楽しめたが!当然ながら情報は未公開!

        1. 舟橋さん、わざわざ補足ありがとうございます。
          雪彦エリア、そんなに通っていないので情報がありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です