台高 赤倉谷 ジョウカケ谷周遊

Pocket

GW初日。家に居てもしょうがないので、久しぶりに滝撮影メインの沢行を敢行しました。

日時:’19/4/27(土)

天候:最初小雨、後曇り時々晴れ

メンバー:小山(単独)

入渓点手前で着替えようと車を出るとメチャメチャ寒い…。ネオプレンとカッパで完全防備。

赤倉谷出合から入渓。いきなりの淵だ…。

腰ぐらいまで漬かる。完全防備のお陰か、案外イケる。

大屋滝までには、滝場らしい滝場は一つ。

いっちょやるか、と軽く登ってみました。やっぱサムイ…。後は河原歩き。

岩が重なりその下にプールが出来ていました。

やがて両岸狭まり…、

ここも簡単に越えられます。

谷が右に曲がり大きな滝音が聞こえてきます…。

15mの大屋滝です。撮影しているとそこかしこから落石と動物の鳴き声が…。

結構怖かったです。

大屋滝の突破は、沢登ラーは右岸から巻くようですが、本日は単独なので左岸から。

一旦行合の手前まで戻り、岩の手前を上がります(途中まで薄い踏み跡あり)。

すると杣道が見つかるので、それを辿れば簡単に巻けます。

ここから、一旦左岸にジョウカケ谷を見て、赤倉谷の辻居滝を目指します。

ちょこちょこ滝場も出てきますが、いずれも特に問題なし。

やがて辻居滝が見えてきました。

右岸の壁が登れそう…。でも中間支点が取れなさそうだな、とか考えていました。

次に最終目的地のジョウカケ谷大滝を目指します。

谷の出合から少し遡行すると、2段滝の下段が姿を現します。

真新しい倒木が上部を覆っており、景観的には少し残念な所。

右岸から登ると上段の滝。

上段の滝壺は、1枚岩をくり抜いたようになっており、中々特徴があります。

左岸から直登出来そうでしたが、あっさり右岸から大きく巻きました。

ここで人に会い、心臓が飛び出るほどびっくりしました。

実家がこの近辺とのことで、中奥川流域を沢歩きされている、とのことでした。

とにかくびっくりいたしました(まさか人に会うなんて夢にも思わなかったもので…)。

やがて最終目的地である「ジョウカケ谷大滝(20-30m)」に到着です。

非常に美しく、女性的で優美な印象です。

今まで見てきた滝の中でもトップクラスだと思います(川崎さんの秘瀑157Pに掲載)。

帰りは懸垂も使ったりなんかして、入渓点まで戻りました。

沢登りとしては癒し渓でしたが、とにかくジョウカケ谷大滝が美しく、楽しめました。

また撮影行にも出かけようと思いました。

報告 by 小山

「台高 赤倉谷 ジョウカケ谷周遊」への4件のフィードバック

  1. ジョウカケ谷大滝、そんなに綺麗だったのかな~?と思うのは、
    写した人の腕前もあるのでしょうね。
    本当に、綺麗ですねー。

    1. シブさん
      到着してから、1人で、綺麗なあ、と独り言をつぶやきながら
      破顔しながらシャッター押しまくりでした…。

  2. メッチャ美しい写真ですね。

    撮影技術凄いので、沢の静寂感、単独行の緊張感まて伝わってきます。

    単独行同士でのコンタクト、さぞかしビックリされたでしょうね。

    ジョウカケ谷大滝、僕には和服姿の女性が膝を折って座っているように見えます。

    本当に美しいと思いました。

    1. ツトムクルーズさん
      コメありがとうございます。単独行、妙な緊張感と興奮があります。
      難しそうな所は流石に単独で行こうとは思いませんが、
      確実に実力はUPすると思います。
      ジョウカケ谷大滝、全く一般向きではありませんが、是非皆に見て欲しい、
      本当に美しい滝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。