鈴鹿 藤川谷

Pocket

単独で、日本コバに至る藤川谷に行ってきました。

日時:’19年6月1日(土)、天候:晴れ

メンバー:小山(単独)

入渓点は藤川橋。国道421号線から御池川へ逸れる側道へ入ればすぐです。

ちょっぴりじじむさい感じで、不安になるが…。すぐに出てくる堰堤は右岸から越えます。

しばらく進むと日本庭園のような、良い風景。

サクっと直登。

やがて出会うゴルジュ入口に立ちはだかる3-4mの滝。

うーん、直登は厳しそうだなあ。でも取りついて、スタンスさえ見つかれば…。

泳いで取りつき、流れ右側のホールドを見つけ、持つが、ポロっと崩れた…。「あら?」

崩れた近くにホールド見つかったので、それを持つと、またポロっと崩れた…。

何より、スタンスが見つからない…。では、左からは…。と格闘している内に体が冷え、

一旦撤退。カッパを着込んで再度取りつく。と、流れの中にホールド発見。

が、どうしてもスタンスが見つからず…。ボルダームーブ出来る人なら越えられるでしょネ。

右岸から巻くが、すぐに懸垂で谷に戻る。寒さで体が震え出す…。

直ぐに次の滝。

4-5mといった所か。これは取りつく類の滝ではないな…。と即判断し、左岸から巻き。

が、滝の上もゴルジュが続いており、再び懸垂。

降りて上流を望む。奥に見える滝は右岸から難なく超えると、藤川谷では最大と思われる10m滝に出会う。

2条の流れが美しい。ここは左岸から巻く。

今度は斜滝。

左岸から直登。ここからは河原、ゴーロ歩きとなり、ダレる区間が続く。

このまま詰めまでこんな感じかな?と思うが…。

ゴーロが目立ち、一気に高度を上げる感じになると、直登できる滝が連続。

連瀑帯を越えると、今度は左岸側に石灰石の白い壁が現れ、中々の景観。

抉れてるナア。

そんなこんなで登山道とクロス。ここから気持ちの良い山道を辿ると日本コバ山頂。

眺望はほぼ無いっす…。

下山は登山道で超快適下山。

期待していたより良い谷で、満足しました。難易度で言えば初級なのでしょうかね?

報告 by小山

「鈴鹿 藤川谷」への2件のフィードバック

  1. 記事の三枚目の写真がいい感じです。

    日本コバってどんな所?と思ってましたが、
    あんなに山名プレートが掛かっているんですね。
    ちょっと残念。

    1. シブさん
      そうっすね。下山時に思いましたが、案内板は多かったです。
      沢そのものは、水も綺麗でそれなりにオススメ出来る谷と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。