金. 11月 15th, 2019

6 thoughts on “2019/9/28絵馬小屋谷(小滝登攀含む)

  1. すいません。
    なかなかアップ出来なかったので、ダブってしまいました。

    1. こういう時は、私はログインしてから、投稿することにしてます。
      そうすれば、承認待つ必要なしです。

      ま。
      もうそろそろ、かまちゃんからも卒業して、
      リーダーになって色んな人を連れて行ってももいいのかも。

      1. はい、お察しの通り、卒検おわりの絵馬小屋谷でしたw
        ツトムクルーズさんが、これ以上ワタイと行っても得るモンは無いと思います。

  2. ブログアップありがとうごいます。なんかアッシのワンマンショーになってますやん。CS登れたのは良かったんですけど、標高1,000m近く、少しでも下山が楽な様に右又に逃げようとしたアッシをK橋さんがアイコンタクトで知らせてくれました。二つも上部に滝があったんですね。やっぱり初心貫徹でいかなきゃ!アンコがシッポまでシッカリと詰まったタイ焼きみたいな溪で楽しかったです。下山後の高熱はトラボルタの怒り(名塩村民さん談)、ヒルの猛毒が回った(女房談)、何方かは分かりません。
    何時も登下降の遅さで足を引っ張っているので、少しパワーアップに励みます。(ほんまかいな?)
    次回もヨロシクお願いします!

    1. ワタイが「ダンベルランジとかしたら楽になりまっせ」と言った時、「年寄りが今さら鍛えても。」て ゆーたはりましたが、それは逆やと思てます。年寄りやからこそ鍛えな、ゆうことですね。でも、まぁ人それぞれ、考え方次第とも思てます。今までのコトもありますし、言葉よりは実際の行動で。

      まーそんなことは ともかく、いい登りを魅せてもらえました。あざましたーーー!

  3. ブログアップありがとうございます。なんかアッシのワンマンショウみたいになってますやん。1,000m近く、もう何もないやる?と右又を取りそうになった時に、K橋さんの意味深の目線で左にとって良かったです。滝が二つも残っていたとは。
    シッポまでアンコが詰まったタイ焼きみたいで満足度マンチクリンの谷でした。
    チーフリーダーを今回、やらせて頂き、その大変さを認識しました。いつも、オンブにダッコで連れて行って貰うばかりだったもので。まだまだナンチャッテですが自分で出来る様に頑張ります。昨日一日中、布団に釘付けだった高熱、トラボルタの怒りなのか(名塩村民さん)?ヒルの強烈な毒なのか(女房談)?アッシには分かりません。もう少ししっかりとついて行けるように努力しますので、またお誘いくだされー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です