溯行 

2020/06/21 打波川カサバノ谷


メンバー 名塩村民さん、marchさん、わらじの会OBのSana chan、Taoさん(会外)、ツトムクルーズ

天気 快晴のち時々曇り

大阪おじさまチーム3名、梅雨空の間隙を突き福井県道の駅禅の里に向けて車を飛ばす。日付変更線頃に到着。翌日に備えて速攻で睡眠を貪る。翌朝、前日から転戦ダブルヘッダーのSana chan、Taoさんと合流、挨拶を交わし本日の駐車地、上小池へと向かう。少しひんやり気持ちの良い朝、ツトムクルーズの日頃の行いに反し、本日は快晴となりそうだ。(うほほーい)

木の蜜抽出中。(本日のエネルギー?)

🎵 冷たい清水に 沢靴浸して 見上げるスカイスクレーパー 好きな事をしてるだけ 悪い事してないぞー 自由な気持ちで沢を駆け巡れ 楽しい事に釘付け リアル(本物)じゃなきゃ分からない景色が観た〜い 🎶 「プリプリのDIAMOND、俺様のマインドとやけにシンクロするやんけー!」とアホなオッサン。

準備完了、5名で遡行開始です。まずは下山に使う登山道を左手に堰堤も幾つかやり過ごしてから入渓しました。

最高のコンディション!
Sana chan、Taoさんもバンバン行きます。

堰堤下でおちゃらけの名塩村民さん

最初に出で来た滝、何を考えたのかツトムクルーズがフリーで取り付きます。結果は見えていたのですが、案の定、滝口でスタック、行動不能のセミ状態となります。「オッサン、しまいに死ぬどー!」名塩村民さんに巻き上がって貰い助けて貰います。反省ー、ほんまかいな?勝手な行動は慎みましょーう!

勇ましいのは最初だけ、後は巻き耳、巻き尻尾の上目使い。

遡行開始後1,300m手前、Sana chanの調子がイマイチ上がりません。無理すれば行けそうだったのですが、パーティを気遣っての離脱となりました。Taoさんが下山をサポート。おじさま達、涙ウルウル、カナぴー❣️「次回また行こうぜ〜、待ってるぜ〜!」ヤングパワーを失ったおじさまパーティ、今後いかに?

所々癒し渓
シャワーもあるぜよ

本日の中間部、癒し渓やシャワークラも交え、青空の下快適に登って行きます。

見よ、おじさま達の躍動感!
途中、ツトムクルーズが発見した目玉岩


1.700m付近、暫くは滝が出てこなかったのですが、ついに登場です。

marchさんのアタック、冷たい滝水に散々打たれ敗退。見てるだけで震えあがったわ。
名塩村民さん、ファイティングスピリットマックスです。かなり粘られましたが、この上部が悪く降りて来られました。
エアークライマーことツトムクルーズ。闘争心を失っているがポーズだけは一丁前。ビレイもせず、一人モグモグと食べまくってたらしい?

名塩村民さん、なんとか突破を試みましたが大事を取り下降、右岸を巻き上がり懸垂下降で滝口におりました。上部の6m滝は直登しました。

滝上部の6m

後は、稜線までの詰めを残すばかりもう少しの頑張りです。

結構、上部まで水流ありました。

最後の藪漕ぎ、ファイト一発!

15分くらい藪漕ぎしたかな?汗だくになりながら稜線に上がりました。(ブラボーブラボー!)パノラマに広がる景色、峰々のピーク、残雪もあります。そう、ここからはおじさま達のメルヘンタイムの開始です!(うん!)

羨望キレイです。爽やかです。

 

 

残雪、涼しげです。

 

 

優しいmarchさん、わらび餅を振る舞ってくれました。
バテてもポーズだけは忘れないオッサン
三ノ峰、輝くおじさま達。

メルヘンタイムも終わり下山です。登山道は急だったのですが、踏み固められて安定感良く快適でした。プラス尾根を吹き抜ける風が上がる体温を下げてくれました。

トレールランナーのmarchさん、下山スピードはマッハ。ツトムクルーズもS40年式の360cc.全開です。😂

下山後、温泉に浸かり、福井市内で初体験のボルガライスを食べて大満足!帰りの車中、運転もせずに寝言で「今度はおねーたまと二人で来たい」とのたまっていたらしいです。。(うそうそ⁉️)メンバー皆さんホントにありがとうございました。〜〜ツトムクルーズ〜〜

Click to rate this post!
[Total: 2 Average: 5]

Related posts

6 Thoughts to “2020/06/21 打波川カサバノ谷”

  1. Tao

    お疲れ様でした!
    天気も良くめっちゃ気持ち良かったです。
    またご一緒させて下さい!

    1. ツトムクルーズ

      Taoさん、こちらこそありがとうございました。
      ダブルヘッダー凄いですね。さすがヤングペア😵
      是非次回もヨロシクです。(言ってる本人が一番ショボイのですが)
      そう❗️おじさまにはヤングパワーが必要なのです。

  2. サイコーの天気じゃないですかー!
    あの日、池郷川界隈は日差し全く、シャワーは冷たかったです。

    1. 名塩村民

      こちらもシャワーはチベたかったっすよ。身体ひえすぎたし、その後、風も結構吹き付けてきて、寒くて震えてました。写真だけでは分からないこともありますw

  3. 37

    皆様,今回は本当に有難うございました!途中ばててしまいご迷惑をおかけしました!良い景色でとてもお羨ましいです!私も稜線まで出たかったという悔しさをバネにこれから精進したいと思います!
    また機会ありましたらご一緒させてください!
    有難うございました!!

    1. ツトムクルーズ

      37ちゃん2106cruseです。wild37ちゃんのポテンシャルはこんなもんじゃないですよ。たぶんコロナ禍の自重が原因じゃないですか?オッサンはダブルヘッダー全然無理です。次回、沢集中もありますし、お会い出来るのを楽しみにしておきます。ヨロシク❣️

Leave a Comment

Add your own review

Rating