溯行 

白倉又谷


もう秋…。

有名だが行ったことの無かった白倉又谷に出かけました。

日時:’20/9/27(日)、天気:曇り後少し晴れ

メンバー:MYさん、小山

 

筏場に駐車し、林道を歩く。

やがて未舗装となり、林道終点から入渓。盛夏は過ぎて久しく、やはりチベタイ…。

 

大釜を持つ末広がり10m。右岸リッジを少し登った所から撮影。

スタンスどうしても見つからず(のっぺり)、すぐ下右岸のルンゼを登った。

 

途中までは簡単、上部は渋い登り。

上部から残置ロープが垂れていたが、正直心許ない。

が、使うしかないので、エイヤッと登り切る。

 

すぐに15m。美しい滝だ。

巻きは右岸から行ったが、少し下がった左岸のガリーを登り、

そこから樹林帯を抜けたほうが良いように思えた。

 

上部から次のゴルジュが始まるが…。

ルート100の記載

・左岸から出会う3段20m滝は「白倉又谷」と書いてあるが、誤りです。

・ゴルジュは、岩棚を伝い、途中で左岸に転じて巻くことになっていますが、

 どこをどう見ても左岸トラバースは出来ると思えず。川崎さんの「秘瀑」にも右岸巻き、と

 記載ありますが、どう見ても右岸巻きです。

 

その右岸巻き。前半はかなり渋い巻き。ここまでの巻きは久しぶりで、恐怖を感じる。

木の根も張り出しているが、腐った物も混じっており、注意が必要。全5ピッチ。

これを超えれば悪場はない。岩の下を楽しく潜る。

10cmぐらい上に上げておきました、と申しております。

 

やがて湧水帯。昼飯食べながらうまい水を頂く。

 

そして白倉又谷本谷出合の滝。非常に美しい。

少し戻った左岸側ルンゼから巻くと、ドドーンと大滝(2段)登場。

30m、と言われているが、もっとあるように思える(少なくとも40m)。

 

フィナーレに相応しく、感動しきり。

下山は、湧水帯まで戻り、登山道を使い、林道に到着。

 

典型的な「巻き沢」で、登れる滝がほぼ無いのが残念ですが、滝を見に行くだけでも

十二分に価値はあります。

報告 by 小山

Click to rate this post!
[Total: 2 Average: 5]

Related posts

Leave a Comment