2016/12/18(日)岩登り in Takarazuka

サッポロ一番さん、加藤さん、名塩村民の三人で宝塚市の岩場で岩登りをしてました。

なお、今回は、加藤さんの壮大な計画「六甲、かつての有名な岩登りゲレンデ、今は どない?巡り。」の一環として実施してますねんゎ。

北西向きの岩場で、15時前まで陽が射さず、寒かったです。
モンベルのパッチ(ジオラインMWタイツ?)の上に短パンという出で立ちで来てしもたことを後悔しました。

名塩村民のみ岩登りド素人でした。
私から見たら、他のお二方はプロいわのぼらー!

ヌンチャクの回収に手間どり、ほぼ闇下山になってました。
今回まなんだこと、、、岩登りもヘッドランプ必須。備えあれば憂い無し!

いじょーほーこくおわりっ!

第七回岩トレ@不動岩編(最終回)

 第七回岩トレが、2月28日(日)に行われました。

 場所は道場・不動岩。参加者は、U坂さん、サッポロ一番さん、K山さん、そして、シブ&コージ。
 最終回に飾るに相応しく、ポカポカ陽気の絶好の天候でした。




今回は、正面壁で登ることにしました。
手始めに左側にある「パフ(5.9)」にトライしてもらいましたが、
縦ホールドの使い方がポイントで、
普段から登ってないと難しく感じるようですね

二度目で「ミート&ポテト(10.A)」を完登できたサッポロ一番さん。

もの足りなかったのか、シブがトライしている
「タイコ(11.C)」にTPでチャレンジしますが・・・
核心はまだまだ先にあります
 今期全七回行われた岩トレでビレイやリードなどクライミングの基礎を大体マスターして頂けたのではないかと思います。しかし、スタートはこれから。
クライミングの上達はここから如何に各自が鍛錬できるかにかかっています。
 
 沢登りにおいてクライミングは一要素に過ぎませんが、登攀技術を高めることにとって、更に自らの沢登りを深めていくことができるのだと思っています。

第六回岩トレ@グラビティ難波編3

 天気がイマイチだったので、今回も外岩での開催を断念。2月14日(日)、第六回岩トレもグラビティ難波で行いました
  今回の参加者は、わらじの大先輩・N地さん親子に、グラビティ常連のサッポロ一番さん、U坂さん、S本さん、H城さん、そしてシブ&コージ。M毛さんもドタ参加してくれて総勢9名の参加を迎える賑やかな岩トレとなりました
 今回の注目株は、何よりN地さんの娘さん
。フリー(山岳競技)で国体出場経験もあり、11.Cくらいは軽々とオンサイトされていました。お母様も、畏敬するわらじの大先輩だけあり、なかなかの登りをされていましたね
 動画のアップ方法が分かり次第、ここにリンク貼りますね!
 今週末は岩トレはお休みとなり、 次回は2月28日開催予定。これで岩トレは最終回となります。
 クライミングの上達は、こういった企画の終わった後、如何に各自でトレーニングに励む時間を割けるかが、むしろ肝心です。日々の鍛練があってこそ、本番に強いタフな体が養われると思います

第五回岩トレ@グラビティ難波編2

 今回もインドアで岩トレ開催!
メンバーは前回も参加のH君、久しぶりのH城さん、ドタ参のM毛さん、そして、シブ&コージです。
 今回の目的は、H城さんのビレイ検定合格。緊張のあまり、いきなり致命的なミスをしでかしてしまいましたが、仕切り直しで何とか合格
ビレイも登るもの場数をこなすことによって身に着くものなんで、バンバン登って自分のモノにして下さいねー
皆さんビレイ検定合格してるし、
バンバン登っちゃってくださいねっ
今回ドタ参してくれたM毛さん、
クライミング久しぶりといいますが、
そうには見えませんね

リードで登るH城さん、

登るに従ってかなり慣れてきましたよっ
 次回は、14日(日)開催予定です
 天気が悪そうなんで、次回もここかな

1/30(土)午後 仁川の岩場 バットレス+それ以外の岩場探索

 暖冬だから岩登りを…ということで、KTさん、SKMTさんと三人で、兵庫県西宮市の仁川の岩場を登ってきました!
 バットレスは、前回、西面でしたが、今回は南面。私的には西面より南面のほうが難しかったですが、KTさんにはどちらもイージー過ぎるようです。
 あと、ちょっと岩が濡れてるところもあり、滑り系の練習にもなりました。
 で、この後、バットレス以外の岩場を探そうというKTさんの探究心に感化され、にわか探検隊になった。バットレスではない、さらなる岩場を!、「関西の岩場」の略図に沿って、探し始めました。遠目でそれらしき岩が見えてはいたのですが、基部や上部などには辿り着けずじまい。仁川の岩場の奥深さを思い知らされました。
 また、バットレスに戻り、ヘタれな私のみ、沢靴で西面をトライさせてもらい、撤収しました。

↑バットレス南面を攀じるKTさん

written by 名塩村民

第四回岩トレ@グラビティ難波編

 寒波到来!ということで、今回の岩トレは岩場でなくインドアで開催。場所は、グラビティ難波
 参加者はサッポロ一番さん、H君、シブ&コージ。
クライミング初心者はH君だけだったので、リード・クライミングを徹底的にマスターしてもうことにしました。
 H君は、サッポロ一番さんの指導の元、今回、晴れてビレイ検定に合格
。サッポロ一番さんは日頃、このジムで鍛錬されイレブン以上を登られています。H君には次回からどんどんリードにチャレンジしてもらいますね
。今回、参加できなかった人も、次回、是非、GET IT

     あ~だ、こ~だ、言われながら登っています。
         リードで登るH君。
         どんどんリードにトライして下さい!

1/16(土)仁川バットレス

 たまには岩登りを…ということで、KTさんと二人で、1/16(土)午後、兵庫県西宮市の仁川バットレスを登ってきました!
 仁川バットレスに行くのは、実は今回が初めて。岩場まで辿り着けるかどうかも怪しかったです。「仁川バットレス」でググると、いくつか記事がヒットしましたが、ネットリテラシーが低いせいか、ネット上からアプローチルートに関する記載を見つけることは出来ませんでした。
 ヤマレコの仁川渓谷遡行の記録で、バットレスの写真が地図上に位置で示されてましたので、地形図に記載されている小道を辿ってみました。小道をしばらく辿った後、10m弱の藪漕ぎも交えて、川に降り、スグの堰堤を小道から巻くと、パっと視界が広がり、仁川バットレスと思わしき岩場の終了点に辿り着きました。

高さ約15mの立派な岩です。
近くの民家からパンパンと干した布団を叩いてる音が聞こえます。
ドコモは圏内で、安心です。
 「関西の岩場」という20世紀の書物に仁川バットレスのトポがあり、KTさんから該当頁のコピーをいただいてたんですがKTさんも私も持ってくるのを忘れてしまいました。
 まぁ、それでも、真新しいボルトがそこかしこに打たれていて、ボルト位置と岩の形状から、ここかなぁってとこを登りました。5~6本?、7~8本?、ちゃんと数えてませんけど、トップロープで やりました。11mmのロープでのビレイは骨が折れました。
 終了点までたどりつかずに「おります~」といっても、KTさんは「がんば~」と、なかなか降ろしてくれませんでした。
 KTさんには易し過ぎてオモんなかったかもしれませんが、私はイッパイイッパイでした。まだトライしてないルート(ボルト)も幾つかあるので、また、少し時間のある時に行ってみるつもりです。帰りは ちゃんとした遊歩道で車道まで出れました。遡行不要、藪漕ぎ不要で、車道から岩場まで徒歩5分。仁川駅から歩けば、豪邸をたくさん見学できます。(外からだけ)

 KTさん、ご指導ご鞭撻、"リアルご鞭撻"でしたね、有難うございました。

written by 名塩村民(いちおう西宮市)

第3回岩トレ@不動岩編3

年も明けた1月10日(日)に、第3回の岩トレが開催されました。

場所:不動岩(神戸 道場)
参加メンバー:コージさん、シブさん、S本さん、Hさん、小山
今回は、前回の「スカーフェイス」ではなく、「陽だまりフェイス」にて
岩トレを行いました。
コージさん、シブさんはリードで、S本さん、Hさん、小山はトップロープでの
クライミングです。

5.6(だと思います?)をリードで登るコージさん。
身のこなしが非常にスムーズに見えます。
ふむふむ、こう登るのだな、と、下から見上げているといけそうな気配
なのですが…。
いざやってみると難しいっす。

これは5.9かな?トップロープ組も、5.6、5.9は完登出来ました。

この後の10.cでは、コージさん、シブさんはクリアするものの、後の3名は
レイバックする所で敗退…。
しかも、私は、最初の支点の所までも中々辿り着けず、別のルートから
上がってしまったような…。
シブさんは、昼以降に正面壁も登られたようです。
休憩中には、「今年はどこそこの沢に行きたいねえ」と気の早い話も。
シーズンが待ち遠しいですね!!
いつも指導してくださるコージさん、シブさん、
及びビレイさせて頂いた/して頂いたS本さん、Hさん、ありがとうございました。

クライミングの楽しさが少しはわかったような気がしてます。

次回は1月17日(日)の予定です。

報告:小山