10月23~26日、昨年に引き続き、黒部の柳又谷に行ってきた。

10年前、2007年以来の宿題を今度こそ、片付ける為に・・・。

今回は、赤男谷を下降し、上ノ廊下入口にダイレクトに降り立つアプローチを採ったが・・・

 

前日、糸魚川に向かって北陸道を走らせる。北日本には影響ないと思われた南岸低気圧、しかし、富山に入っても雨は止む気配なし。さすがに新潟に入ると、止んだように思われた。

 

蓮華温泉に到着した時には晴れ間も覗いていたが、鉱山道を歩いている内に、

雨が降り出す。周囲の草木もしっかり濡れており、希望に反し前日やはり雨が降っていたようだ。

瀬戸川の水嵩も増えているように見えるのは、気のせいだと思うようにした。

 

稜線に出ると、雨に加えて、風とガス。視界も利かない。

避難小屋に逃げ込み、明日の回復を待った。

 

 

 

翌朝、待った甲斐があった、快晴の青空!

登山道を雪倉岳を経て朝日岳方面に進む。

 

 

稜線を歩いていると、白々とした流れを眼下に見下ろすことができた。

きっと、柳又谷の柳河原の水流だろう。

 

 

ツバメ平の水場から、いよいよ下降開始!

最初は笹やハイ松の藪がうっとおしかったが、やがて河原に出ると辺りの風景が開ける。

 

赤男谷を下って行くと、正面に清水岳から猫又山に掛けての山塊が眺められる。

右手の残雪見える谷筋は、大ナル谷。やはり、例年より残雪が多いようだ。

左手にはハヤ谷の切れ込みも見えるが・・・・。

 

 

 

ようやく柳又谷に降り立つ。

水に濁りはないが、黒部の暴れん坊は、ハンパなく水量が多い。

赤男谷出合から上ノ廊下入口まで河原だが、渡渉は全然無理!な感じ。

 

 

ササゴマタ谷出合を過ぎると、谷は不意に岩壁の合間に消え失せる。

ここが上ノ廊下の入口。10年以来の再訪だ。

入口に掛かるS字ノ滝を見ると、どうしようもなく水量多い。

たとえ巻いたとしても、谷通しの溯行は無理だというのが、一目瞭然だった。

上ノ廊下は諦め、その日は河原でタープを張ってビバークした。

 

翌朝、減水はしていたが、上ノ廊下溯行はまだまだ無理な感じ。

見上げる青空が恨めしかったが、引き返すことにした。

 

 

 

最終日も、快晴。白馬岳から昇る朝日が眩しい。

上手く行っていれば、今頃・・・などと思ってしまう。

 

 

 

再び、鉱山道を歩く。

見上げると、雪倉岳の山腹を彩る紅葉が目に鮮やかだった。

 

今回も10年前の宿題を片付けることができなかった。

また、再びこの谷に向かうことになるのだろうか?

 

「 沢登り技術に長けた経験豊かなパーティのみに許される第一級の谷である。核心部上ノ廊下の突破は廊下遡行の極致とも言えるが、たとえここを巻くにしても、全体に総合的技術を要求される。加えて天候に恵まれることが溯行成功の最大条件でもある。」

『登山体系 剣岳・黒部・立山』「柳又谷本谷」の項から。

 

 

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

「再び柳又谷へ(黒部 黒薙川柳又谷敗退)」に2件のコメントがあります

  1. 天気に泣かされていますね。。。
    去年はこの時期最悪でしたね。今年はピンポイントで降ってはいるものの少しはましなので、どうなるかと思っていたのですが
    写真を見ると凄い水量だったのですね!晴れていただけに残念そうです^^;

    1. 10年前の写真と比べても2,30センチ以上のレベルで水嵩増えてました。
      天気良くても、これではね、、、という感じで、
      なかなかチャンスは廻ってきてくれませんね。
      残雪の多さに加え、近年、秋の雨量が増えていることがあるのかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です