納山祭・2017年

Pocket

今年も納山祭が某河原で開催されました!

今回は風邪ひきなどで参加できなかった方もおられ残念でしたが、

三田市や福井県などの遠方からの新入会者を迎えて、夜更けまで盛り上がりました。

 

日程:12月2~3日

メンバー(敬称略):Y田、U野、W田、K籐、I田、ハラケン、awac、A木、H島、N来(OB)、K坂(ゲスト)、シブ&コージ。

 

先発隊&柏原谷溯行組により、下準備は完了!

・・・ようやく、U野さんの軽トラが到着し、待望の薪の搬出。

早々に帰られてしまいましたが、U野さん、毎年、本当に大量の薪を有難うございますm(--)m。

 

 

 

S本さんから鹿肉(ランプとレバー)の差し入れ。

写真はランプ肉で、焼肉にしましたが、臭みなどなくメッチャ柔らかくて美味しかったです。

ガソリンコンロはハラケンさん所有物。

 

 

例年ですが、すぐ隣りでは、渓遊会がおり、御挨拶・・・。

沢への熱い思いを語り合い、夜更けまで呑み明かしました。

 

翌日は朝食を済ました後、場所を移動し、遭難対策訓練を行いました。

・・・不覚にも撮影を忘れてしまったのですが、

今回のメニューは、「実際の沢登りの現場で限られた装備を想定した救助や搬出を体験する」、ということで、「事故者の移動」を行いました。

素手で背負うという素朴な方法から、ザックやザイル、シートなどを使った移動を各自に実践してもらいました。

また、壁を利用して、滝や連滝帯の中での事故者を下降させるということを、ザイルを利用して行いました。

事故者の下降には主にロワーダウンさせたり、背負って懸垂下降させたりする方法があるのですが、皆さん、システムをきちんと理解できたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: シブ

2003年12月大阪わらじの会入会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。