7月6日(土)、降りし切る雨の中、上多古川・上谷でハーケンワークしてきました。

【日程】2019年7月6日(土)

【場所】大峰 上多古川・上谷

【天気】雨

【メンバー】SANA、シブ(記)&コージ

 

還ってきたSANAちゃん。最近、音沙汰ないと思っていたら、岩場でしっかり修行を積んで、イレブンをRPするまで腕を上げたとか・・?

当初は別の谷を予定していましたが、雨降りっ放しで増水しており、行先変更。上谷も、しっかり増水しており、滝が登れるかどうか・・・?

 

本当なら三条になって流れ落ちる5m滝。

水線ラインは断念しましたが、左のルンゼ状からトラバースで切り抜けます。

 

巻いてしまえば、秒速で済んでしまう所も、曲がりなりにも滝登りっぽく。

次の小滝は一瞬、釜に浸かって左側を直登。

 

連滝帯となり10mは、SANAちゃんにリードを振ってみると、「やってみます!」と、逞しい返事が(泪)。

随分苦労して支点工作していたけど、「どうかな?」と思っていたら、

どれも一撃で回収できたと言うコージ。ブロテクション技術は、やはり場数で

培われるものです。

 

左岸から流れ落ちる30mを見送ると、豪瀑となって流れ落ちる

20mの登場。右側の水際ラインが登れそうとのことで、

コージのリードで登ります。

上段は左岸の凹角に逃げるが、沢登りっぽく泥臭いトラバースとなります。

回収はSANAちゃんが、しっかり任務を果たします。

 

ナメ滝上の斜滝は、右側の壁をフリーで登ってしまったが、振り返ればハーケンワークなのだから、ここもリードしてもらったら良かったと反省。

 

 

牛呼滝。

本当は、この滝を登って終わりたかったのですが、この水量では上部で詰まりそうということで断念しました。

引き返し右岸に這い上がると、すぐに仕事道へ。これを下って、あっという間に駐車地へと辿り着きました。

コンディション悪かったですが、軽ろうじで滝登りが楽しめることができて良かったです。

物足りなかったかなぁ~?

新人さんへ、これを機に沢の世界にも顏を出して下さいね。

 

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です