池郷川 皮張谷 続編

Pocket

7月7日(日)曇りのち晴れのち小雨(遡行に問題無し)

メンバー 名塩村民さん、会外から(Y田さん、堀Kenさん)、ツトムクルーズ

わらじの会に入会して、早くも一年が過ぎました。
皆々様、ありがとうございます。
これからもヘボいながら、沢登りライフ楽しませて頂きますのでヨロシクお願いしまーす!

ここのところ、天候不順などでタイミングが合わず、一ヶ月ほど、沢登りにいけてない。

少しションボリながらも鼻歌だけは外せない。

🎵うつむきかけたー アッシのまえを 静かに  沢は流れー

めーぐる巡る 季節の渓でー  アッシーは   何を見つけるだろーうー

水の蒼さに   戸惑うようにー     飛び交う飛瀑のようにー🎶

鼻歌なぞ歌ってる場合じゃない、1ヶ月の間、何の努力もしてこなかったツケがツトムクルーズに本日後半、大きな報いとなって訪れるのだが?つゆ知らず。

 

本日の集合場所は下北山スポーツセンター。堀Kenさんとは初対面、謙虚で優しい物腰にすぐに打ち解ける。が、のち凄すぎる突破力にピビラされる。そして、本日おろしたての新車で沢登りに来られたのに重ねてビビラされる。

Y田さんとは二度目の対面、ご一緒するのは、初めてなのですが、前回の事を覚えていてくれて、これまたすぐに仲良く。アルピニストの匂いプンプン、沢用のハンマーをピッケルのように山の斜面に当てる仕草にシビレました。

まずは、池郷川林道の終点に車をデポ、ゴールデンウィークにわらじの会のメンバーで来たのが少し懐かしい。そして、林道を少し戻り車を駐車、入渓地点近くを目ざし下降開始。

池郷川本流に降り立ち、二又で皮張谷を見上げるが、大きな岩がドカンと座り渓奥までは見渡せない。

少し登ると小滝、中滝いっぱい出てきます。

登れる滝は、皆さん雄叫びをあげながらシャワーで攻めます。

Y田さん、軽くあらよっと!

堀Kenさんのカッコいいクライムミング、思わずパシャり!

登れない滝は巻いて行きました。

しばらくするといきなり凄い空間が、ゴルジュが来たー!

皆さん、予想もしてなかったみたいで、感動停止。(写真、あんまりゴルジュ感でてなーい)

これはゴルジュ突破を狙い、秘技ハンマー投げをしている名塩村民さん(成功しなかったような?)

この滝は2段になっており、先発の名塩村民さん、Y田さんフリーで登っておられました。

3番手のツトム・クルーズがロープをせがんだ為、ラストで仕方なしにお付き合いのY田さん。(凄いスピードで登って来た。アッシの5倍以上!)

最後に出てきた滝を見物、この滝は巻きました。

そして、アッシの足の終わった時間。

この後、写真は一枚も撮っておりません。

ヤモリのように最後の尾根への詰めをノロノロ登り、下山は幽霊みたいにフラフラと。

やっと、池郷川の本流までたどり着くも、大又谷までの杣道行程、最後の林道までの詰めが残っておりやした。

デボ地点到着17時前、ヒル、ダニを引き連れ、よれよれになりながら、なんとか本日の行程を完了いたしました。

名塩村民さん、堀Kenさん、Y田さん、本当にありがとうございました。(土下座)長時間お待たせしてしまい、すいませんでした。

でも、シャワークライムあり、滝あり、ゴルジュありでメチャクチャ楽しかったです。(口だけは達者)あれっ?

 

 

 

「池郷川 皮張谷 続編」への2件のフィードバック

  1. ツトムクルーズさん、投稿ありがとうございます。行程が長かったんで結構つかれましたよねぇ。筋肉痛が未だ取れず、今夜、ドラッグストアでサロンパスとか買ってきて貼りまくってますw

    1. 雨降りで天候悪い時期、色々と企画検討して頂きありがとうございます。
      この谷、入渓口に岩が蓋をした形で見通しが悪く、はたしてどうかな?って感じだったのですが、入ってみてビックリでした。
      いやー、良い渓だったです。
      当日は一番ボロボロだったのですが、翌日、筋肉痛で全く動けない状態になりかけましたので、近所の接骨院に行って揉んで貰ったら、比較的そのあと回復が早かったです。
      もう少し楽しめるように自己管理をして行きたいと思っています。
      No pain no gain.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。