待望の新人、kazuさんと、滝川・大谷に行ってきた。

溯行経験はまだ少ないが、「一人で行けるようになりたい」とモチベーションは高い。

さっそく、トップを行ってもらうことにした。

【日程】2019年9月1日

【場所】大峰 滝川・大谷

【天候】曇り時々晴れ

【メンバー】kazu、シブ(記)

集合場所の道の駅で、kazuさんと落ち合う。初顔合わせだが、話を聞くと、

私がわらじに入会する以前にいたサークルに所属していたらしい。色々と懐かしい話を聞く。

当初予定の瀬戸谷は増水していて滝の直登が楽しめないと判断し、滝川大谷に行先変更。

モチベーション高いので、ザイル40mを任し、先頭を行ってもらうことにする。

 

 

 

 

 

ガイドブックに紹介されているので、どこをどう登ったとか、そんなことはいちいち書かないが、登れる滝ばかりで楽しめた。

フリーで登れるが、ハーケンワークにと、敢えてザイル出してリードしてもらったりした。

 

沢登りは何より場数。どれだけ充実した山行を積み重ねていくことができるか・・。

そして、先人の記録や情報に左右されず、

先頭を行き、自らの感覚でルートを見極め、打ち開いていくことが、更に経験を深めていくと思う。

 

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

「大峰 滝川・大谷(新人山行)」に2件のコメントがあります

    1. もともと少ない谷なんで、水量多くてこんな感じです。
      滝川のこの界隈の谷は、私は雨用、増水用の谷として捉えています。
      渇水期に行くと、値打ちが半減。
      雨降ったり、どこも増水していてダメな時、行ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です