溯行 

越後三山 水無川・モチガハナ沢左俣


前日までに100mm越える降雨があり迷ったが、またもや越後の谷へ。

モチガハナ沢は、難渓知られる水無川では入門クラスとなる。

 

モチガハナ沢左俣溯行の核心は、オソロシ沢出合付近のゴルジュの高巻きとなる。

ガイドでは右岸となっているが、う~ん?。多くが採っているように私たちも

左岸を選択したが、落石頻発のルンゼ登攀から泥付きのスラブのトラバース、

そして草付きと、越後特産の高巻きを強いられた。

 

 

実はスラブ沢を計画していたのだが、出合を見過ごして左俣をそのまま

溯行してしまった。左俣は詰めまで滝が切れ目なく続き、

シャワクラや草付の巻きなどあって、それはそれで楽しめた。

魚沼の街を見下ろしながら、焚火を囲めたのも良かった。

 

 

 

Click to rate this post!
[Total: 2 Average: 4.5]

Related posts

Leave a Comment