雪彦山・地蔵岳正面壁“上昇気流(11.b)”

前日雨だったが、天気は回復しそうとのことで、

先週に引き続き、雪彦山へマルチピッチ・クライミングに行ってきました。

今回は、地蔵岳正面壁“上昇気流(11.b)”にトライ!!

 

今回は、redeye&サッポロ一番さん、シブ&コージの2名で、2パーティ構成。

メンバー全員が、12以上をRPしている、わらじメンバーでも“登攀系”の面々。

(※あくまて、当会は沢登り専門の山岳会です!)

オンサイト目指して、いざ、出陣するが、さて・・・?

 

 

1P目終了点にて。

そろそろ天気が怪しくなり・・。

3P目、核心部。惜しくも・・。

 

8時前に正面壁取り付きに到着するも、思いのほか壁は乾いておらず、

2時間ほど待機し、10時過ぎREDEY&サッポロ一番パーティから登攀スタート。

時々、時雨が降るものの日差しも差して問題ないだろうとうことで。

順調に各パーティ2ピッチをこなし、核心の3ピッチ目へ。

粘るが、惜しくもREDEYEさんにテンション掛かってしまう。

そして、コージも痛恨のスリップ・・・↓

フォローだったが、サッポロ一番さんと私は諦めてA0で核心を突破する。

REDEYEさんのトライ中だろうか?何やら白いものが落ちてくる・・・?

チョーク?・・いや、雪??あられか??

 

地蔵岳山頂に登り出た時には、全員冷え切ってましたが、

メンバーの心は熱い。次はRP目指そう!語り合う。

メンバーのファイトを労うかのように虹が望見できました。

 

 

 

 

Click to rate this post!
[Total: 5 Average: 4.8]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。